ag can wait
« 2004年12月 | メイン | 2005年02月 »
 2005年01月31日
 お引越し
Posted by ag at 10:53/ カテゴリー: SOCIETY

映画『続・夕陽のガンマン』の有名なセリフに以下のようなものがある。

「この世には二種類の人間がいる。ドアから入る奴と窓から入る奴だ」

この「二種類の人間がいる」というセリフは、いろんなところでもじられて、三谷幸喜のドラマなんかでもおなじみのセリフ。

今回、引っ越しをしたんだけど、こんなセリフを思い浮かべました。

「この世には二種類の人間がいる。物を棄てられる奴と棄てられない奴だ」

なんでこんな訳の解らないものを棄てられないんだろう。

 2005年01月23日
 素数に憑かれた人たち
Posted by ag at 18:17/ カテゴリー: BOOK_Database
素数に憑かれた人たち素数に憑かれた人たち,リーマン予想への挑戦,ジョン・ダービーシャー,松浦俊輔,日経BP社,amazon→「ゼータ関数の自明でない零点の実数部はすべて1/2である。」この、何言ってんだか、皆目見当の付かない呪文のような言葉が、この本を読み進めるうちにどんどんわかってくる。ただ、対数と積分と複素数がとても重要なんで、この言葉を聞いただけで拒否反応を示す人はちょっと苦しい。頭をやわらか〜く、やらわか〜く、固定観念無しに柔軟にしておけば大丈夫なんだけど。とはいえ、ビッグオーや“体(たい)”の理論あたりは、もう朧気にしかわかんないけどね。
 2005年01月22日
 現金に体を張れ
Posted by ag at 10:44/ カテゴリー: DVD_Database
現金に体を張れ現金に体を張れ,スタンリー・キューブリック,スターリング・ヘイドン,1956・アメリカ,紀伊国屋書店大手町ビル店→おそらく、キューブリックの映画の中では一番好きな作品。もちろん『博士の異常な愛情』も『2001年宇宙の旅』も『時計じかけのオレンジ』も大好きだけど、若干、扱っている内容からしてこの作品がトップかな。
 2005年01月21日
 ザンビア共和国
Posted by ag at 17:20/ カテゴリー: SOCIETY

昨日は自転車で、表参道から骨董通りを抜けて、そのまま六本木通りに入り、溜池交差点を霞ヶ関方面へ。日比谷公園近くになったら、道路の両側に日本の国旗と一緒にどこか見慣れない国旗が等間隔に飾られているのに気がついた。以下のような国旗。

ザンビア共和国走りながら、どこの国だろうと一生懸命考えていた。おそらくアフリカの国じゃないのかな? おそらくスワジランドだ! と思いながら走っていた。なぜスワジランドだと思ったのかというと、何となく映画『遠い夜明け』でケビン・クラインがスワジランド(レソトだったかな?)へ逃げていくシーンをその国旗を見ただけで連想していたからだ。

家に帰って、ライブアトラス「世界全地図」を見てみる。アフリカは当たってたけど、ザンビア共和国だった。そして、ザンビアの日本大使館のホームページを見てみたら、なんと現在、ザンビア共和国のムワナワサ大統領が来日しているのだそうだ。

http://www.zm.emb-japan.go.jp/150105j.html

だから国旗が掲げられていたんだ。そんなこととはつゆ知らず。いや、日本国民、そんなことは誰も知らない。国の元首の来日がテレビのニュースで報道されるのは、どのあたりの国からがラインなんだろうか? ヨーロッパで言うと、オランダとかオーストリアあたりが微妙なラインだろうなあ。

 2005年01月17日
 TYKHO RADIO & Violetta Solargear
Posted by ag at 16:05/ カテゴリー: GOODS
TYKHO RADIO & Violetta Solargear阪神淡路大震災から10年ということで、J-WAVEでは朝からラジオを持ち歩くことの重要性を強調している。地震が起きたときに、正確な情報を素早く手に入れる手段として、確かにラジオが一番最適かもしれない。携帯も繋がらない、インターネットにも接続できない、なんてことがあるだろうから。

そんな放送に触発されて、LEXONのラジオ「TYKHO RADIO」を持ち歩くことを決意する。Violetta Solargearと一緒に。
 2005年01月16日
 リアリズムの宿
Posted by ag at 22:18/ カテゴリー: MOVIE_Database
リアリズムの宿リアリズムの宿,DVDレンタル,山下淳弘,長塚圭史,2003・ビターズ・エンド→見ていて、アンガールズのコントを思い出していた。じゃんかじゃんかじゃんか。それで海を見て、これは日本海だな、と思って、新潟辺りかな? と思ったら鳥取だった。鳥取の海はこの映画にぴったり。→★★★
 2005年01月15日
 サイコ
Posted by ag at 23:22/ カテゴリー: DVD_Database
サイコ
24時間サイコ
サイコ,アルフレッド・ヒッチコック,アンソニー・パーキンス,1960・アメリカ,BOOK OFF練馬光が丘店→『サイコ』と云えば、2001年に初台の東京オペラシティアートギャラリーでやっていた「汚名?アルフレッド・ヒッチコックと現代美術」の中の『サイコ』を24時間で上映するインスタレーションを思い出す。その時に、その展示を案外頑張って延々と見たんだけど、結局ヴェラ・マイルズがどこか建物から出て来るシーンにしか遭遇できなかった。
 2005年01月14日
 ジョゼと虎と魚たち
Posted by ag at 20:46/ カテゴリー: MOVIE_Database
ジョゼと虎と魚たちジョゼと虎と魚たち,DVDレンタル,犬童一心,妻夫木聡,2003・アスミック・エース エンタテインメント→妻夫木聡演じる恒夫が、池脇千鶴演じるジョゼのどの部分に惹かれて行っているのか、何が上野樹里演じる香苗を上回ったのか、そこんとこがもう一歩欲しかったような。そこがいま一歩だから、なぜジョゼと別れて香苗のところに戻っていくのかがよくわからない。→★★★
 2005年01月09日
 Mr.インクレディブル
Posted by ag at 23:04/ カテゴリー: MOVIE_Database
Mr.インクレディブルMr.インクレディブル,ユナイテッド・シネマとしまえん,ブラッド・バード,(声)クレイグ・T・ネルソン,2004・アメリカ→エクセレント!!! ブラボー!!!(ヘラルド・トリビューン誌)みたいな感じ。CGを使うんなら、これぐらいやってくてないと。夫婦愛や家族の絆的な部分には辟易するけど、それぞれの持ち技が違うのはくすぐられるねえ。特に姉ちゃんの内向的性格が禍して、う〜技が出ない! でも、ここ一番で大爆発、ってな、よくあるパターンにはまっちゃったりする。→★★★★
 2005年01月08日
 世界の中心で、愛をさけぶ
Posted by ag at 20:09/ カテゴリー: MOVIE_Database
世界の中心で、愛をさけぶ世界の中心で、愛をさけぶ,DVDレンタル,行定勲,大沢たかお,2004・「世界の中心で、愛をさけぶ」製作委員会→渡辺美里の「きみに会えて」が流れてきたんじゃ、ますますヤバイ。綾瀬はるかも好かったけど、長澤まさみも好い。→★★★☆
 2005年01月08日
 オールド・ボーイ 6巻
Posted by ag at 20:07/ カテゴリー: BOOK_Database
オールド・ボーイオールド・ボーイ 6巻,,土屋ガロン・作、嶺岸信明・画,,双葉社,BOOK OFF練馬区役所前店→五島の「異様なことだが、オレには完璧に、おまえの記憶が脱落していた……」のセリフに怯む仮名・堂島こと柿沼貴明。おそらく、この復讐劇を端的に言ってしまうとこれなんだろう。
 2005年01月07日
 エレファント
Posted by ag at 23:23/ カテゴリー: MOVIE_Database
エレファントエレファント,DVDレンタル,ガス・ヴァン・サント,ジョン・ロビンソン,2003・アメリカ→ガス・ヴァン・サントは、ハリウッドぽいものよりも、こういうインディーズぽいほうが好い。人物を、ずっと移動で追いかけるのって、インディーズぽい。カサベテスとかハル・ハートリーとかのように。ハル・ハートリーって、最近どうしてんだろう?→★★★★
 2005年01月05日
 オールド・ボーイ 5巻
Posted by ag at 16:01/ カテゴリー: BOOK_Database
オールド・ボーイオールド・ボーイ 5巻,,土屋ガロン・作、嶺岸信明・画,,双葉社,BOOK OFF練馬区役所前店→草間やよい登場。映画にはないキャラクター。ここまで読み進めると、まったく映画と印象が違ってくる。映画にあるヴァイオレンス的な要素が、原作ではとてもすっきり、爽やか。
 2005年01月05日
 オールド・ボーイ 4巻
Posted by ag at 15:52/ カテゴリー: BOOK_Database
オールド・ボーイオールド・ボーイ 4巻,,土屋ガロン・作、嶺岸信明・画,,双葉社,書泉ブックマート→この巻では仮名・堂島との駆け引きのみ。ボトルキープの際の「仮名・堂島」のサインがいい。ビジュアル的に映えるんだけど、もちろん映画には出て来ない。
 2005年01月01日
 一年の計2005
Posted by ag at 23:20/ カテゴリー: 一年の計

★異常だ、異常だ、と騒がない★ピアノで曲が弾けるようになる★韓国人の俳優の名前は覚えられない★リーマン予想を解く★悲しいお知らせでありますが、ついに常態に復することになりました★

ag-n
青空文庫
青空ニュース
カテゴリー
月別アーカイブ