神保町の空
このページは、はる書房およびその周辺にたむろする人びとに関係するブログです。
←はる書房のページへ
カテゴリー別/最新10件
アーカイブ書架
 
 2008年12月15日
 iPhone版産経新聞の可能性
Posted by ag at 13:10 / Category: 出版社

雑誌が淘汰されて、次は新聞の番になることは必然。

じゃあ、どうやって新聞社は利益を得て行くのか?
という問いの一つの答えがiPhone版産経新聞。

sankei-iPhone.jpg

はっきり言って、この画面のサイズでは読みにくい。
読むというより、閲覧するだけの感覚。
でも、一つの可能性は示しているとおもう。
昔から言われていた「未来の新聞」に一歩近づいたんじゃないかとおもう。

いまのところ、おそらく、お試し期間ということで、タダで全ページ読めることになっているとはおもうけど、ゆくゆくは有料になるんじゃないかとおもう。
幾らだろう?
幾らなら、みんな契約するだろう?

 2008年10月18日
 放送メディアの情報量
Posted by ag at 15:10 / Category: 日々

それで、文化庁の「文化審議会著作権分科会」に設けられた「過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会」の「中間整理」の報道だけど、朝日新聞やInternet Watch以外での報道は、think C メールマガジン vol. 26によると、

共同通信「著作権の期間延長先送り 文化審小委、合意得られず」(9月18日)

NHKニュース「著作権・保護期間延長 文化庁 結論は先送り」(9月19日)

47 News「著作権の期間延長先送り 文化審小委、合意得られず」
http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091801000936.html

日刊スポーツ「著作権保護期間延長は結論先送り」
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20080918-410086.html

Copy & Copyright Diary「保護期間延長、とりあえずは先送り」
http://d.hatena.ne.jp/copyright/20080918/p1

IT Media「著作権保護期間延長「十分な合意得られず」 パブリックコメント募集へ」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/19/news077.html

IT Pro「文化審の2小委が中間まとめ公表、パブリックコメント募集開始」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081010/316646/

くらいなものらしい。
もちろん抜けもあって、細かい報道はもうちょっとあるかもしれないけど、メジャーなところはこれで抑えているんだとおもう。

となると、著作権保護期間延長の話題って、こんなレベルの問題だったのか? とおもってしまう。

大手新聞が朝日新聞だけというのも気になるけど、放送メディアのほうはもっと深刻で、NHKニュースのチョロっとした報道以外に皆無だ。
無視されたと言ってもいい。
まあ、最初から無視されてたんだけどねえ。

最近では、何かしらの情報を得ようとしたらまずはネットだ。放送メディアの情報に頼ることなどまったくない。あるとしたらWBSの「トレたま」くらいのもんだ。
だから、放送メディアのニュースに重要な話題が取り上げられなくとも、さして問題にすることもないんだけど、でも、これでいいのかなあ、放送メディアって。

とにかく放送メディアって、デジタル系のことにとことん弱い。何かを報道するにしても、へえ〜! こんなに進んでいるんですねえ! なんてコメントが入るだけ。あまりにもひどい。

まだまだ、放送メディアだけの情報量に頼る人もいる訳だから、このままではますます人々が得る情報量に差が出て来てしまう。
放送メディアに携わる人って、そういうことに責任を感じていないのかなあ。
いないんだろうなあ。

 2008年09月19日
 著作権保護期間、延長見送りへ 「十分な合意得られず」?
Posted by ag at 12:34 / Category: 出版社

昨日の午後3時ごろ、朝日新聞のサイトにいきなり、著作権保護期間、延長見送りへ 「十分な合意得られず」、という記事が掲載された。

http://www.asahi.com/national/update/0918/TKY200809180168.html

えっ? こんなに言い切っちゃっていいの?

とおもって、青空文庫の富田さんにメールしたら、そんな方向であるとは聞いているけど、ここまで断定的に言えるかな? との返答でした。

そうだよなあ、とおもってネットをサーチしていると、夜に、INTERNET WATCHに以下の記事が、、

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/09/18/20898.html

う〜ん、大人な書き方だ。

朝日が青臭くて、インプレスが大人だとはおもいもよりませんでした。

現状を正確に言い表しているのはINTERNET WATCHのほうだとおもいます。

 2008年07月08日
 うつわを売ります
Posted by ag at 18:25 / Category: 日々

ファイヤーキングという食器があるんですが、知人のコレクターが手放したがっているので、売ってしまいます。それも投げ売り状態で。

それプラス、はる書房と深い関わりのある、でく工房の「すくい易い食器」も売ります。
こちらの食器は、見ていただければわかるのですが、すくいやすい、持ちやすい、倒れにくい、見やすい、の、本当に素晴らしい食器です。

もし、お時間があるような方は、ぜひとも、覗いてみてください。

utsuwauri.jpg

http://www.ag-n.jp/garagesale/

 2008年05月29日
 『藝州かやぶき紀行』いよいよポレポレ東中野で公開
Posted by みやこ at 19:54 / Category: 日々

きょう5月29日、『藝州かやぶき紀行』のかっこいいパンフレットが、発売元はる書房に納品される予定。定価1200円だが、読み応え&見応えは映画パンフの域を超えている。


 2007年11月29日
 踏み切り
Posted by ag at 14:26 / Category: 日々

紀南病院前バス停御浜町から帰ってきた翌日。着いたのが夜中の2時半だから正確にはその当日。仕事場に向かうために自転車を走らせると、まずは第一の踏み切り、東武線の東武練馬駅横の踏み切りを越えなければならないのです。この踏み切りが、開かずの踏み切りと言うほどではないんですが、3、4本の電車の通過を待つことはざらにある踏み切りで、さらに人と車がごったがえす狭い踏み切りで、ここを一発でスルーできたらその日は1日中ハッピーでいられるような踏み切りなんです。

あまり寝てもいないので、ぼ〜としながらその踏み切りにさしかかると、案の定、遮断機がおりている。まあ、ここまでは普段通りで、なんの疑問も持たずにゆっくりと待つんだけど、どうやら電車が徐行運転を行っている様子で、ちょうど踏み切りのところで停車したりしているんです。駅はすぐそこだから、せめてホームまで行けよ! なんてイライラしていると、すぐ対向の電車が来ることを示す赤い方向ランプが点灯。その電車もまたダラダラで、すぐさま対向の電車が来る、といった始末。これを繰り返すこと30分。一度も踏み切りが開かず。

ところが最近、踏み切りという場所は、精神の鍛錬の修行にはもってこいの場所だと達観していて、いかにしてイライラせずに待つことができるかを自分自身に課しているのです。その修練も着実に実り、最近は若干のイラッ、だけで済むようになりました。

そんな精神修練時間にあわせて、おのずと気持ちは昨日までの御浜町のことに。御浜町の生活にはこんな待ち時間はないだろうなあ、ということをぼんやりと考えてしまう。地方の生活は自家用車主体だから、電車に振り回される生活というのは考えられないだろうなあ。。

そう考えると電車って、人間を縛るもっともたるものかもしれないなあ。御浜町の人たちはどことなく縛られていないからなあ。人の名前を間違えてプリントアウトしても、冷房と暖房を間違えても、そんなことで目くじらをたてること自体がまずあり得ない。すべてが七里御浜の海岸のように開けていて、おだやかで、明るくて。それに比べて東武練馬の踏み切りで待つ人たちはセコセコしていてとてもせわしない。

と、自転車を駆っている空間は物思いに最適の空間なわけで、さらに自転車を走らせながら物思いにふけって、西武池袋線の踏み切り、西武新宿線の踏み切りを越えなければならないのでした。

 2007年11月28日
 第6回日本山村会議 in 三重・御浜
Posted by ag at 12:50 / Category: 食・農・村

11月23日から25日にかけて、三重県南牟婁郡御浜町で行われた第6回日本山村会議に参加してきました。

このような山村会議になぜ参加したというと、ただ、ただ、熊野の海岸沿いを自転車で走ることができるということだけなんで、何かしら高い意識や目的を持って参加したわけではなく、本当に物見遊山だけで参加してしまいました。だから、15年後の御浜町を考える、なんてお題目でもって、お前がまとめを発表しろ、と指名されたところで高尚な発表ができるわけもなく、デジカメで撮った写真でお茶を濁そうと思ってました。


 2007年11月01日
 人工臓器イラストレイティッドと人工臓器学会
Posted by 佐久間章仁 at 18:56 / Category: 日々

28日から31日まで、大阪の国際会議場で日本人工臓器学会が開催されました。小社も新刊の『人工臓器イラストレイティッド』を携え、学会会場で展示・販売を行いました。書店での発売に先駆けた販売です。
評判はとてもよかったのですが、刊行予定から半年以上の遅れということもあり、「やっと出たのですね」「ホームページにずっと近刊となっていたので心配していました」などのお言葉をいただきました。お待ちいただき、ありがとうございます。
また、多くの方々にCD版の出版の予定を尋ねられました。今回の本を作るときにもたびたび話題になりましたが、講義等で使う写真や図版などの用意に皆さん苦労されているようです。どうやら『人工臓器イラストレイティッド』のイラストや図が講義で使えればとのことのようですが、CD版の発売に向けてこれから準備に入りたいと存じます。
最後に、申し遅れましたが、『人工臓器イラストレイティッド』の書店発売は10日過ぎ、12〜13日頃を予定しております。どうぞよろしくお願い致します。

 2007年10月23日
 日本山村会議 in 三重・御浜(みはま)のお知らせ
Posted by みやこ at 15:33 / Category: 食・農・村

民族文化映像研究所の『民映研通信』読者と、これまでの山村会議参加者に、参加要項が届いたのが10月上旬。ここ「神保町の空」でも、要項を要約してPRします。なお、どんなところかは三重県御浜町の公式ホームページをご参照ください。


 2007年09月15日
 日本山村会議、今年は「はる書房」ゆかりの御浜町で開催
Posted by みやこ at 01:14 / Category: 食・農・村

「日本山村会議」が、今年、三重県御浜町で開催される。近々、案内ができるのだが、取り急ぎ開催日をお知らせすると、11月23日~25日、二泊三日の予定だ。
御浜町は、はる書房ゆかりの地。知る人ぞ知る、はる書房創業者・編集者の古川さんの出身地なのである(昨年10月、古川さんは、この町の町長になられ、はる書房社長は退かれた)。

 2007年08月26日
 『賢者のデジタル』と青空文庫
Posted by みやこ at 22:08 / Category: 本

日経新聞(8月25日朝刊・NIKKEIプラス1)の山根一眞さんのコラム「デジタルスパイス」で、同連載が単行本になったことを知って早速、吉祥寺の弘栄堂書店へ。その本『賢者のデジタル』(マガジンハウス)は、しっかり平積みされていた。
ちなみに、〈デジタルの「今」 検証で驚きの発見〉と見出しのある、この連載が535回目。連載開始は1997年4月12日だという。本では、14章に分けて149テーマを収録しているが、500本以上のコラムのなかから取捨選択したのだという。青空文庫をテーマにしたものも載っている。
“検証で驚きの発見”とあるように、2007年のコメントが加筆されているところが、本書の強み。青空文庫について見れば、「青空文庫10歳」記念パーティの開催や著作権保護期間延長反対の取り組みなどが紹介されている。また、本書の面白みは、新聞じゃあ書きにくいところをコメントに収めたところでは? 第12章のタイトルは「やっぱりマックが大好き」です。

 2007年08月22日
 雑誌が消えてゆく
Posted by ag at 11:34 / Category: 出版社

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/08/21/16655.html

雑誌や新聞に関わっている人の話を聞くと暗い話しばかり。そうだよなあ、自分だって雑誌を買わないもん。もうネットで充分。
じゃあ、雑誌をネットに移管したとき、いかにしてユーザーから金をふんだくるか? 広告収入だけでやっていけるのだろうか?
悲しいかなネットはフリーな世界で、ユーザーはなかなかお金を払ってはくれそうにもない。

http://nwj-web.jp/info/dg/

このように専用のブラウザーを用意して、雰囲気を雑誌に似せても、払うかなあ? 無理だよなあ。

携帯ならポンポンお金を払うのに、ネットとなると、とたんに財布の紐がきつくなるのはどうして?
携帯はもともと通信費を払わなきゃならない道具なんで、そこが感覚を麻痺させているゆえんなんだろうなあ。
1万円も2万円も通信費を払ってりゃ、そのうちの100円、200円なんて、まるでドラえもん募金に募金しているようなもんだから。
でも各社、基本料金の値下げに踏み出しているから、携帯の世界の財布の紐もきつくなるだろうなあ。

iPhoneみたいな画面の広い携帯で、毎朝、プッシュ型で新聞が送られてくるのなら、お金を払ってもいいかも。

 2007年08月16日
 「日本語の無料使用」を読んで
Posted by みやこ at 17:01 / Category: 日々

作家の柴田翔さんが、新聞コラムで、「日本語の無料使用」と題して著作権の保護期間延長問題に言及された(日経新聞07年8月14日夕刊)。


 2007年08月01日
 “青空文庫本”の広告
Posted by みやこ at 23:13 / Category: 日々

『インターネット図書館青空文庫』の広告を、『放送レポート』(メディア総合研究所)に出します。堂々の表2(表紙裏)で~す! 二分の一スペースだけど、さ。
『放送レポート』は隔月偶数月刊行、次は8月14日が発売日。大型書店にはあります(あるところには・・・ある)ので、見てくださると嬉しい。なお、同誌は、ほぼ毎号、TVドキュメンタリを紙再録していますが、本号には熊本放送の『若者たちの取材旅行~日韓の歴史と向き合う~』が収録されています。

 2007年07月30日
 エイサーまつりとひめゆり
Posted by みやこ at 20:09 / Category: 日々

土曜日、「新宿2007エイサーまつり」に行ってきた。毎年7月の最終土曜日に開催されて、今年が第6回。ずっと見たいと思っていたが、今回が初めてとなった。なんで東京でエイサーなのよ? という声もあるそうだが、東京阿波踊り発祥の地育ちでもあり、無視したい。


 2007年07月25日
 復活!
Posted by ag at 12:52 / Category: 日々

あんまりリキを入れないで、もっと気軽に投稿すれば、それなりに続くと思うので、まずは簡単な復活のご挨拶。

rote17.jpg

 2006年09月09日
 6月30日で止まっているブログとカムパネルラ
Posted by みやこ at 01:58 / Category: 日々

8月の最後の日、池袋のプラネタリウムで「銀河鉄道の夜」という“番組”を観た。「アタゴオルと猫の森」のますむらひろしさん等によるアニメ化には賛否両論があったらしい。けど、私は、ジョバンニが「カンパネルラ〜!」と叫ぶシーンで泣いてしまった。ジョバンニもカムパネルラも猫なのだけれども。


 2006年06月28日
 カニ缶―民映研は創立30周年
Posted by みやこ at 18:21 / Category: 日々

今週末の日曜日(7月2日)、民映研の創立30周年記念シンポが開かれる。会場の「一条ホール」は、東大構内。とはいえ、折角だから赤門から入って歩いちゃおうかな、という人は注意が要る。意外に距離があるのと、通称“ドーバー海峡”が邪魔しているのだ。農学部正門なら、入ってすぐ右に一条ホールが見えます。
でも、知らないところで先に行こうとするとき、はっと分かった瞬間、そうかと気づくと、気持ちがいい。卒業生はさておき、この際、キャンパスを歩いてみてはいかがでしょうか。
「カニ缶って読めますけど…、これは…?」


 2006年06月24日
 きのこ―民映研は創立30周年
Posted by みやこ at 15:58 / Category: 日々

民映研の創立30周年記念シンポは、8日後(7月2日の日曜日、すみません前に土曜日と書いたのは誤りです)。時の経つのは早いものです。
三面(新潟県朝日村)を訪ねたのは、1983年のこと。ご挨拶にうかがったお宅で、お茶請けに煮物をいただいた。おいしい! きのこみたいだけれど歯応えがあって、「あの、これは何でしょうか?」


 2006年06月21日
 続・民映研は創立30周年
Posted by みやこ at 19:11 / Category: 日々

先日、『民映研通信』が届いた。7月2日に開かれる創立30周年記念シンポの“お知らせ”をするため、発行を早めたのだという(1・4・7・10月の1日発行=前月末発送)。シンポ当日上映する映像作品の構成も紹介された。
〈「フロンティアからの出発―基層文化記録の旅―」プロローグ:多彩な地域で生きる人々の、生存の知恵と願い。第一章:日向の山の狩猟のまつり、大地に火を放つ焼畑、海と漁労、そこから生まれた家族。第二章:人間の意志が、精神文化を甦らせる。その心に、どんなに激しい願いを抱き生きてきたか。第三章:日本列島の激変、ダム建設による集落の消滅と、記録作業。第四章:その土地と、その土地に生きる人々の運命に立ち会う。第五章:人は、常に運命のフロンティア(境界線上)にある。その生を、いかに生きるか。〉(『民映研通信』VOL.25No.94より抜粋)

 ・RSS2.0 ・Powered by Movable Type 3.35