小さな出版社の日々
« ITと出版 | メイン | 終焉しつつあるパッケージ »
 2005年02月24日
 お米の値段
Posted by みやこ at 14:32 / カテゴリー: 食・農・村

お米はいくらぐらいが妥当だろうか。300円の仕出し弁当や500円の天丼とかあるわけだから、米はかなり安く見られていると思う。
友人が作ったお米はキロ800円。誰もが高いと言う。無農薬無化学肥料で、用水は溜池の天水、そして棚田――もの凄い労働(量&質)が必要とされる。それも“好きだから”できる(信念があるからか)。
大久保洋子さん編著の『江戸っ子は何を食べていたか』(青春出版社、05年2月)には、「江戸の米相場」として、文政年間の記録より庶民の家計を2例紹介してのち〈それにしても、この家計を見ても米代が非常に高いことがわかる。大工の一家の場合、収入の約二三%も占めている。〉とある。
言うまでもないことだけれど、物の値段は、需要と供給をはじめ条件やら駆け引きやら統制だの好みだののなかで決まっていくはずだ。「高い」だけでなく、「安い」にも理由があり、「安い」を支えているのは低品質や搾取・収奪だったりもする。だが、そんな“悪い”ものばかりとは言い切れないことが、私をせつなくさせるのである。
棚田の米づくりの大変さへの共感といったものを都会人に求めても、応える人は少ないだろう。では、棚田等によって守られる環境(守っている側の人)に、抵抗感なくお金を払えるか。デカップリング(農業者等への直接所得補償=支払い)が本格導入される日は来るのかしらん。
さしあたって、生産者・消費者、農山村の人・都会の人が、信頼しあえる関係を築くことに努めるべし、だよね? ……それぞれの欲望が瘴気となってユラユラ立ちのぼり、相手の顔さえよく見えない、そんな気もする。