小さな出版社の日々
« 「農の多面的機能」と「農の恵み」の違い | メイン | “お気に入り”のある暮らし »
 2005年04月12日
 不忍ブックストリート一箱古本市
Posted by ag at 09:55 / カテゴリー: 古本屋

embryo_concepts.jpg
フリーライターの南陀楼綾繁(なんだろうあやしげ)さんが中心となって、谷中・根津・千駄木エリアの書店、雑貨屋、ギャラリー、カフェなどの軒先で青空古本市が開催されます。日本初のネットワーク型古本市です。マップはこんな感じ。

それで自分も「Embryo Concepts」という屋号で参加することになってしまいました。場所は「月夜と眼鏡」さんのところです。主に映画の雑誌を出す予定なんですけど、売れるんだろうか? リュミエールあたりは売れてくれますように。