小さな出版社の日々
« 著作権保護期間、延長見送りへ 「十分な合意得られず」? | メイン | iPhone版産経新聞の可能性 »
 2008年10月18日
 放送メディアの情報量
Posted by ag at 15:10 / カテゴリー: 日々

それで、文化庁の「文化審議会著作権分科会」に設けられた「過去の著作物等の保護と利用に関する小委員会」の「中間整理」の報道だけど、朝日新聞やInternet Watch以外での報道は、think C メールマガジン vol. 26によると、

共同通信「著作権の期間延長先送り 文化審小委、合意得られず」(9月18日)

NHKニュース「著作権・保護期間延長 文化庁 結論は先送り」(9月19日)

47 News「著作権の期間延長先送り 文化審小委、合意得られず」
http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091801000936.html

日刊スポーツ「著作権保護期間延長は結論先送り」
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20080918-410086.html

Copy & Copyright Diary「保護期間延長、とりあえずは先送り」
http://d.hatena.ne.jp/copyright/20080918/p1

IT Media「著作権保護期間延長「十分な合意得られず」 パブリックコメント募集へ」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/19/news077.html

IT Pro「文化審の2小委が中間まとめ公表、パブリックコメント募集開始」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081010/316646/

くらいなものらしい。
もちろん抜けもあって、細かい報道はもうちょっとあるかもしれないけど、メジャーなところはこれで抑えているんだとおもう。

となると、著作権保護期間延長の話題って、こんなレベルの問題だったのか? とおもってしまう。

大手新聞が朝日新聞だけというのも気になるけど、放送メディアのほうはもっと深刻で、NHKニュースのチョロっとした報道以外に皆無だ。
無視されたと言ってもいい。
まあ、最初から無視されてたんだけどねえ。

最近では、何かしらの情報を得ようとしたらまずはネットだ。放送メディアの情報に頼ることなどまったくない。あるとしたらWBSの「トレたま」くらいのもんだ。
だから、放送メディアのニュースに重要な話題が取り上げられなくとも、さして問題にすることもないんだけど、でも、これでいいのかなあ、放送メディアって。

とにかく放送メディアって、デジタル系のことにとことん弱い。何かを報道するにしても、へえ〜! こんなに進んでいるんですねえ! なんてコメントが入るだけ。あまりにもひどい。

まだまだ、放送メディアだけの情報量に頼る人もいる訳だから、このままではますます人々が得る情報量に差が出て来てしまう。
放送メディアに携わる人って、そういうことに責任を感じていないのかなあ。
いないんだろうなあ。