監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:メリル・ストリープ、トム・ハンクス、サラ・ポールソン、ボブ・オデンカーク、トレイシー・レッツ、ブラッドリー・ウィットフォード、ブルース・グリーンウッド、マシュー・リス、キャリー・クーン、 アリソン・ブリー、ジェシー・プレモンス、デヴィッド・クロス、パット・ヒーリー、マイケル・スタールバーグ、スターク・サンズ
原題:The Post
制作:アメリカ/2017
URL:http://pentagonpapers-movie.jp
場所:109シネマズ菖蒲

アメリカ国防省が早い段階で「ベトナム戦争は勝てない」と判断しておきながら、今まで戦争に負けたことがないメンツから、ベトナムから軍を引き上げることを躊躇してしまったことは今となっては公然の事実となっていて、そのような「アメリカ政治の恥部」とも云える事実がどのような経緯で世間一般に暴露されてしまったのかはあまり注意を持って調べようともしてなかった。

スティーヴン・スピルバーグ監督は『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』で、国防省が「ベトナム戦争は勝てない」との調査をまとめた報告書「ペンタゴン・ペーパーズ」がワシントン・ポスト紙上で暴露されるまでの経緯を、ちょっとヒロイックな描写が強いけど、丁寧に、緊張感を持って描いていた。昔から、アラン・J・パクラ監督の『大統領の陰謀』とか、シドニー・ルメット監督の『ネットワーク』のような、社会派と云われる映画が大好きなので、この映画もご多分に漏れず一気に集中して観てしまった。いやあ、面白かった。

まあ、日本のいまの状況で『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』を観れば森友学園や加計学園に関する問題とオーバーラップさせてしまうのは間違いないんだけど、内部から暴露する人間が現れる土壌と云うものが、義理や人情が重んじられる日本では、まだまだ、なんだろうなあ。自殺するくらいならメディアと協力して暴露すればいいのに。それに、行政と司法がはっきりと分立しているのかと云えば、それもちょっと疑問だし。なんだかんだと云われながら、その点においては日本よりアメリカのほうがマシだ。

→スティーヴン・スピルバーグ→メリル・ストリープ→アメリカ/2017→109シネマズ菖蒲→★★★★

監督:ミヒャエル・ハネケ
出演:イザベル・ユペール、ジャン=ルイ・トランティニャン、マチュー・カソビッツ、ファンティーヌ・アルドゥアン、フランツ・ロゴフスキ、ローラ・ファーリンデン、トビー・ジョーンズ、ハッサム・ガンシー、ナビア・アッカリ
原題:Happy End
制作:フランス、ドイツ、オーストリア/2017
URL:http://longride.jp/happyend/
場所:新宿武蔵野館

ミヒャエル・ハネケの映画のタイトルに「ハッピー」なんて単語が使われていると、ハネケがいったいどんな「ハッピー」な映画を作るんだろうかと、いや、誰もが普通に考える「ハッピー」な映画を作るわけがない、とその内容を楽しみにしながら観に行った。

そうしたら、ほーら、やっぱりハネケの映画だった。登場人物たちがことごとく「ハッピー」な状態にはいないし、最後に「ハッピーエンド」が訪れるわけでもなかった。じゃあ、この映画のどこが「ハッピーエンド」なのかと考えてみると、このイヤな世の中からおさらばできることこそが「ハッピー」であると云っているとしかおもえない。ハネケは今回の映画のプロモーションの中のインタビューで、この映画の中にSNSを象徴的に使っていることからそのことに触れて、

日常を過ごすなかで、他者に対する共感や敬意がどんどん失われていると感じます。消費社会が蔓延し、利己主義的になっています。こうした変化は今に始まったことではなくて、ニーチェが「神は死んだ」と言った時から起こっていることかもしれません。
https://www.huffingtonpost.jp/hotaka-sugimoto/happy-end-2018-0227_a_23371764/

と語っている。

そうなんだよなあ。たとえどんなに悪人であってさえも敬意は必要で、見せかけの正義だけで相手を罵倒して良いとはかぎらない。イヤな世の中だ。はやくこんな世の中から「ハッピーエンド」を迎えたい。

→ミヒャエル・ハネケ→イザベル・ユペール→フランス、ドイツ、オーストリア/2017→新宿武蔵野館→★★★★