ag can wait
« 2004年01月 | メイン | 2004年03月 »
 2004年02月28日
 ゼブラーマン
Posted by ag at 23:30/ カテゴリー: MOVIE_Database
ゼブラーマン,丸の内東映,三池崇史,哀川翔,2004・映画「ゼブラーマン」製作委員会 →従来のヒーローもんを外しているところが面白かったのだけれど、最後が普通のヒーローになってしまうのが、ちょっと……、クドカン仕事しすぎ。 →★★★
 2004年02月27日
 My Favorite Things
Posted by ag at 02:00/ カテゴリー: MOVIE

映画の中の、主役なり脇役なり誰なり、歌を口ずさむシーンがことのほか“私のお気に入り”だったりする。

例をあげると、まずはアラン・パーカー監督の映画『シュート・ザ・ムーン』(1982)。夫の浮気を知ったダイアン・キートンが、バスタブの中でビートルズの“If I Fell(恋に落ちたら)”を唄う。この映画、もうすでに忘れ去られていて、DVDになる予定もまったくなさそうなのだが、このダイアン・キートンだけでももう一度観させて欲しい。このシーンを思い浮かべるだけでも鳥肌が立つくらいだから。

フランシス・フォード・コッポラ監督の映画『ワン・フロム・ザ・ハート』(1982)のラストでは、フレデリック・フォレストがテリー・ガーのために空港のターミナルで“You Are My Sunshine”を唄う。コッポラのゾエトロープ・スタジオを倒産させてしまった曰く付きの映画だけど、自分としてはそんなに嫌いな映画じゃない。

マイケル・チミノ監督の『ディア・ハンター』(1978)では、みんなで“Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)”を合唱する。一人でしんみり唄う歌も好いが、群衆(モブ)シーンに合唱が加わると観ているこちら側も昂揚してくる。

歌を唄うシーンではないが、ローレンス・カスダン監督の『再会の時』(1983)では、葬式に故人が好きだったローリング・ストーンズの“You Can't Always Get What You Want(無情の世界)”が流れる。その曲に共通した体験を持つ友人たちは、流れる曲に静かに微笑む。観ている自分もなぜか微笑んでくる。

最後に、フランク・キャプラ監督の『或る夜の出来事』(1934)。バスに乗り合わせた人達が“ブランコ乗りの歌”を大合唱する。本当にみんな楽しそう。観ているこっちも楽しくなる。この時のクラーク・ゲイブルの歌声も好い。この映画、ヒッチハイクで車を拾う有名なシーン(クラーク・ゲイブルがどんなにやっても拾えなかった車が、クローデット・コルベールが足をちょっと見せただけで瞬時に車が止まる)や、同じ部屋に泊まった男女を隔てる“ジェリコの壁”がファンファーレとともに崩壊するシーンなど、どのシーンも、今見てもまったく色褪せない。

ずらずらと単純に列べてきたけど、あげればまだまだ出て来る。きりがない。そうそう日本映画もあげなきゃ。でも、外国映画に比べたら絶対的に少ない。自分が映画撮るんだったら、絶対に歌唄うシーンを入れるんだけど。

 2004年02月23日
 シービスケット
Posted by ag at 23:59/ カテゴリー: MOVIE_Database
シービスケット,ワーナー・マイカル・シネマズ板橋4,ゲイリー・ロス,トビー・マグワイア,2003・アメリカ →おそらく原作にはあるんだろう様々な人間模様をうまくまとめているとは思うが、ジェフ・ブリッジス、トビー・マグワイア、クリス・クーパーが交わるまでがなが〜い。 →★★★★
 2004年02月19日
 1得点の耐えられない重さ
Posted by ag at 18:42/ カテゴリー: SPORTS

球技における1得点の重みをいつも考える。サッカー、野球、アメリカンフットボール、アイスホッケー、バスケット、ラグビー。グランドの広さも違うし、戦う人数も違う、ゴール方法も違うけど、数多く得点を入れた方が勝ちであることに変わりはない。すぐ入る1点、なかなか入らない1点、いや、もともと最小単位が1点じゃないものもある。序盤に入る1点、前半終了間際に入る1点、終了ギリギリに入る1点。満塁ホームランなら一挙に4点。タッチダウンなら6点。スポーツによって、その時々によって、1点の重みは様々だ。

そんなメジャーなスポーツの中で、サッカーの1得点がいちばん重い。それは0−0というスコアを考えればすぐにわかる。バスケットにはそんなスコアは存在しない。アメリカンフットボールやラグビーの場合には、あり得ないことはないがほとんどない。野球、アイスホッケーの場合には、あることはあるのだが頻度が少ない。ところがサッカーの場合には、これがよくある。得点を競っていながら、まったく点の入らない試合が何試合も存在するのだ。これは裏を返せば、最少得点である1点さえ入れてしまえば勝ててしまう、ということになる。

昨日のワールドカップサッカー予選、日本V.S.オマーンは、そんな1得点の重みをヒシヒシと、脳髄まで染み渡らせてくれる試合だった。チームの状態が完全でないとか、選手の調子が良くないとか、そんなことは1点入る入らないとは何の関係もない。調子が良くたって入らないときは入らないのだし、攻めまくられていたって入ってしまうときは入ってしまうものだ。1点入る入らないも神の思し召し。神は天にいまし、すべて世はこともなし。

 2004年02月16日
 プライド
Posted by ag at 22:39/ カテゴリー: TV

アイスホッケーというスポーツは、どうしてだか日本では盛り上がらない。しかし実際に試合を観に行ってみると、これほど興奮するスポーツもおそらくない。臨場感だけで言ったら、野球、サッカー、ラグビーの比じゃないだろう。何といっても選手が近い。スピードがある。パックの速度も尋常じゃない。扱っている“球”が時速200km以上出る団体球技は他にはない。

私も日本リーグや、わざわざサンノゼまで行ってNHLのサンノゼ・シャークスV.S.ダラス・スターズなんて試合を見に行った(その時のメインはNFLの49ersV.S.カウボーイズだったのだけど)ことがあるのだが、アイスアリーナに入っただけでテンション上がっちゃって、試合が始まったらもう興奮しまくり。野球やサッカーなどの場合は、つまんねえ試合だったなあ! なんて試合がたまにあるんだが、アイスホッケーの場合、そんなつまんない試合でもそのスピードと迫力で打ち消されていまうんじゃないかな。特にサンノゼでの試合は、観た場所がゴール裏のすごく良い場所だったので、パックが透明なプラスティックのフェンスに勢いよくぶつかったりするもんだから、いや〜本当に凄かった。その試合を一緒に観た奴(※このサイトの管理人バスケ氏)なんて、アイスホッケーなんて全然知らなかったのに、私以上に盛り上がっていた。ストックホルムに行った時も、やっぱりグローブ・アリーナでアイスホッケーを見ておけば良かった。真ん前まで行ったのに。悔やまれる。

それでフジの木村拓哉のドラマ『プライド』。内容としては、ベタな恋愛ネタがふんだんに盛り込まれている相も変わらずのドラマなんだが、扱っているスポーツがアイスホッケーなところがただ一つの注目点。でも、もっとアイスホッケーの試合で織りなす綾を見せてくれないのかなあ。そんなとこがあれば、もうちょっと我慢して見ていられるのに。

木村拓哉のドラマでの役名は里中ハル。もしかして、NHLの往年のスタープレーヤー、ボビー・ハルや、その息子である現デトロイト・レッドウィングスのブレット・ハルの名前をもじっているのかなあ? だとしたら、これもベタやなあ。もうちょっとひねってよ、野島伸司。

なにはともあれ、このドラマでもう少しアイスホッケー人気が高まってくれればいいんだけど。少なくとも20年くらい前は、アイスホッケーは今よりもうちょっと人気があったような気がする。いつだったか当時のアイスホッケー世界選手権Bグループで、この試合に勝てばAグループに上がれる、って試合があったんだよなあ。日本V.S.ポーランドだったかな。あんな時代はもう来ないんだろうか。

 2004年02月15日
 池袋ウエストゲートパーク1
Posted by ag at 20:43/ カテゴリー: MOVIE_Database
→池袋ウエストゲートパーク1,DVDレンタル,堤幸彦,長瀬智也,2000・TBS →見よう見ようと思っていてやっと見た、まだイチゴの回のみ。 →★★★
 2004年02月13日
 ソロモンの指環
Posted by ag at 12:03/ カテゴリー: BOOK_Database
ソロモンの指環,動物行動学入門,コンラート・ローレンツ,日高敏隆,早川書房,BOOK OFF江古田店 →動物が人間の真似をしているのではなくて、人間自身がその核にある、動物であることを示す原始的な行動をとっているに過ぎないんだ、間違いない。
 2004年02月12日
 『イノセンス』公開間近
Posted by ag at 12:00/ カテゴリー: MOVIE
映画って期待しちゃうと、その期待の重さに耐えかねて、いや却って反発しちゃって、そんなに悪いデキでもないのにガッカリしちゃったりする。つまり多大な期待をして観る映画は、よっぽど素晴らしいデキじゃないとその期待を上回らないので期待通りとはならないのだ。だから映画を観るときはあまり期待しないように努めている。

8 Mileさあ、それで、押井守の『イノセンス』。公開は3月6日。予告編なんかを見てしまうと、ああ、やっぱり期待しちゃう。ビジュアル的にはすっごく好み。でも、果たして『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』のレベルに行くんだろうか? いや、そんな期待をするのはよそう。

その『イノセンス』公開に合わせてだろうと思うんだけど、めちゃくちゃ高かった『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』のDVDも安く再発売される。これは買わないと。

 2004年02月10日
 8 Mile
Posted by ag at 22:02/ カテゴリー: DVD_Database
8 Mile
8 Mile,カーティス・ハンソン,エミネム,2002・アメリカ,ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン,ヤマダ電機平和台店→ラップのバトルはゾクゾクする、日本語訳でしか理解できないのが悲しい。
 2004年02月06日
 半落ち
Posted by ag at 23:16/ カテゴリー: MOVIE_Database
半落ち,丸の内東映,佐々部清,寺尾聰,2004・「半落ち」製作委員会 →オーソドックスな映画、もうちょっとビビッとしたところがないと、それしても吉岡秀隆の若い裁判官は辛い。 →★★
 2004年02月03日
 文庫版 塗仏の宴 宴の始末
Posted by ag at 20:34/ カテゴリー: BOOK_Database
文庫版 塗仏の宴 宴の始末,,京極夏彦,,講談社文庫、講談社,リブロ光が丘店 →宴の支度はワクワクしたけど、拡げたモノをまとめるのは大変だ。
 2004年02月02日
 第38回スーパーボウル
Posted by ag at 22:39/ カテゴリー: SPORTS
今シーズンの試合を観ることはあんまりできなかったんだが、やっぱりスーパーボウルだけはチェック。NHK BS1といっしょにPowerBookでSuperBowl.comもアクセス。いちおうロースターやスタッツを見るために、とは言いながら、試合に入りこんじゃってそんなに見ていなかったような。

superbowl.gifいい試合だったけど、最近のスーパーボウルは何かズレを感じる。それは何なんだろう?

NHKだし、日本だし、スーパーボウル用のコマーシャルは流れなかったけど、AppleがPepsiと組んだコマーシャルはなかなか良かった。

 2004年02月01日
 マージサイド・ダービー
Posted by ag at 12:49/ カテゴリー: SPORTS

J Sportsでサッカー、プレミアリーグのリバプールV.S.エバートンの試合を観る。

リバプールのスタジアム「アンフィールド」とエバートンのスタジアム「グディスン・パーク」は、リバプールを流れるマージー川のサイドにあるため、このリバプールを本拠地とするクラブ同士の戦いをマージサイド・ダービーという。地図を見てみると、この二つのスタジアムはStanley Parkを挟んでもうすぐ近く。これだけ近いと、やっぱりそれだけダービーは熾烈になるんだろうなあ、とは思うのだが、この試合はそんなには荒れなかった。

今年のリバプールの成績は悪く、この試合が始まる時点でトップのアーセナルから勝ち点9も離れてしまっている。リーズから来たキューウェルあたりが活躍してくれていれば、もっともっと成績が上がっていたんだろうけど。この試合のキューウェルも、まあ悪くはないんだけど、リーズの頃のイメージから考えると何か噛み合っていない。キューウェルとヴィドゥーカのコンビなんて、オーストラリア人同士ということもあって最高だったからなあ。キューウェルの左からのクロスをオーウェンが決める、というシーンが見たかった。

それにしてもサッカーって、得点が決まらないときはことごとく決まらない。なんでそんなとこにいるんだよ! ってとこにヒバートがいて、ル・タレックの強烈なヘディング・シュートをゴールライン上でヘディング・クリアしちゃったりする。エバートンのGK、御大ナイジェル・マーティンもまだまだやれるね! リバプールのGK、デュデクも良かったし。キーパーが締まると、0ー0のスコアレス・ドロウでも面白い試合になるもんだ。

ag-n
青空文庫
青空ニュース
カテゴリー
月別アーカイブ