ag can wait
« 2005年01月 | メイン | 2005年03月 »
 2005年02月28日
 描いちゃ消し 描いちゃ消し
Posted by ag at 21:48/ カテゴリー: BOOK
描いちゃ消し昔、文芸地下(池袋の文芸坐の地下にあった日本映画専門の名画座)の岡本喜八特集上映で、アトリエ出版というところから出ている岡本喜八絵コンテ帖「描いちゃ消し 描いちゃ消し」が売られていた。買おうかどうか悩んだあげく結局買わなかった。そういうものって、結局、欲しいと思った時にはもう手に入らない。あ〜あ、あの時買っておけば良かったなあ、と思っても後の祭り。ところが今はネット時代。検索して、ポンと買えてしまう。
描いちゃ消し岡本喜八の映画『日本のいちばん長い日』のカットの刻み方は凄い! それがこの絵コンテ帖を見れば良くわかる。時計のアップをポンと入れたり、受話器を当てる耳のアップを挟んだり、そういう細かなカットが画面に緊張感を与えている。もし自分が映画を撮るとしたら、カットの刻み方の手本は絶対にこの『日本のいちばん長い日』だなあ。撮ることは無いだろうけど。

DVDの『ルパン三世 カリオストロの城』には、宮崎駿が描いた絵コンテと実際の映画のサウンドトラックをシンクロさせるモードがある。今年の7月に発売される『日本のいちばん長い日』のDVDにも、こんなモードが付かないかなあ。岡本喜八の絵コンテと実際のサウンドトラックがシンクロしているモードが。
 2005年02月27日
 斬る
Posted by ag at 23:07/ カテゴリー: MOVIE_Database
斬る,ビデオレンタル,岡本喜八,仲代達矢,1968・東宝→岡本喜八が亡くなってしまったんで、哀悼の意味も込めて何か映画を借りようと思って新宿のTSUTAYAへ行ったんだけど、さすがにみんな貸し出し中だった。残っていたのは、この『斬る』と『助太刀屋助六』だけ。それで、見てない『斬る』を借りた。細かいカットでつなぐスピード感はさすがに岡本喜八の映画なんだけど、砦山に立てこもる中村敦夫らと、仲代達矢と高橋悦史との行ったり来たりのやり取りがちょっとたるい。なかなか話しが進まないんで飽きてしまう。→★★★
 2005年02月27日
 ごくせん
Posted by ag at 11:22/ カテゴリー: TV
ごくせんどういう流れなんだかさっぱりわからないんだけど、知り合い4人と一緒に日テレのドラマ「ごくせん」を見ることになった。

こういうくさいドラマは、大勢で画面に突っ込みながら見るのが楽しいということがわかった。「おい! 南田洋子だぜ!」とか、「こんな不良高校生、いまどきいるかぁ?」とか、ジャニーズに詳しい奴は「これとこれがKAT-TUN!」とか。KAT-TUNってなんだ?

ラスト、仲間由紀恵がメガネを外して髪留めを外すシーンでは、「よぉ! 待ってました! ヤンクミ!」てな感じ。こういうキメがあるのは日本人好きだねえ。視聴率27%行くのもわかる気がする。

 2005年02月26日
 権八 渋谷円山町
Posted by ag at 12:57/ カテゴリー: うまいとこ
権八昨日は、自分がP社の子会社に勤めていたころの、そしてまだ業務課という部署に配属されていたころの、その当時の部長の還暦祝いで、渋谷は円山町にあるE・スペースタワー14Fにある「権八」というところへ行った。

この「権八」は、「ラ・ボエム」や「モンスーンカフェ」と同じグローバルダイニングが経営している蕎麦と串焼きを中心としているお店。店の雰囲気はまるで『キル・ビルVol.1』の「青葉屋」のようだけれども、さすがに蕎麦と串焼きはうまい。窓からの眺望も素晴らしいし、接客態度も徹底されている。

こんな集まりは、還暦祝いなんて名目で集まっているけれども、結局、同窓会みたいなもんになってしまう。15年ぶりくらいで会う人もいるんで、なんだかんだと話題はその当時の話しばかり。そして、どんな病気になったとか、誰が入院しただとか、そんな話しになる。小津の映画『秋日和』の佐分利信、中村伸郎、北竜二みたいだ。アンチヘブリンガンですよ、アンチヘブリンガン。

 2005年02月24日
 ニッポン放送株のゆくえ
Posted by ag at 16:32/ カテゴリー: SOCIETY

神保町を自転車で走っていたら、大学生らしき男の子と女の子が、例のライブドアとフジテレビとのニッポン放送株に関する駆け引きについて話し合っているのが耳に飛び込んできた。何だかんだと言いながら、こんな風に話題になって、みんなで議論できるのは良いことだと思う。だって、こんなことが無かったら株式公開買い付け(TOB)なんて何だかわからなかったし、新株予約権なんてもんがあることも知らなかったし。まあ次から次へといろんなもんがあるもんだ。

ライブドア側も今までの日本人気質に合わない強引なやり方だったとは思うけど、今回のフジテレビ側の出方もライブドアのやり方とそんなに変わりがないなあ。どっちもどっち。イヤなのは、一般株主不在の両者の駆け引き、なんてコトバをすぐに使うテレビのニュース番組。なんでもかんでも“弱者の味方”的な立場になるニュースのありきたりなコメントにはうんざり。一番良いコメントは、これでますます面白くなってきました、って言ってくれることなんだけど。

あと、経済を語る専門家ってのは、どうしてあんなに底が浅い印象を与えるんだろう? 結局、経済がどう動くなんて誰にもわからないんじゃないかなあ。専門家によっては、180°違う意見を言っている場合もよくあるし。経済アナリストの言っていることなんて、細木数子の言っていることと何ら変わらない。

 2005年02月21日
 屍鬼 下巻
Posted by ag at 22:59/ カテゴリー: BOOK_Database
屍鬼 下巻屍鬼 下巻,,小野不由美,,新潮社,BOOK OFF光が丘店→ラストに、静信に対してインタビューを求めるジャーナリストが出て来ることからして、アン・ライスの『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(夜明けのヴァンパイア)』の影響が大きいことは確か。とすると、沙子はクロウディアかと思いきやそうでもない。レスタトのような強烈な個性のヴァンパイアも出て来ない。ヴァンパイアの習性に対して、人間の性(さが)を絡めてくるので、これを面白く読めるかどうかは難しいところ。
 2005年02月20日
 スイミング・プール
Posted by ag at 23:29/ カテゴリー: MOVIE_Database
スイミング・プールスイミング・プール,DVDレンタル,フランソワ・オゾン,シャーロット・ランプリング,2003・フランス→そうか、そんなオチか、とまあ、別に驚くこともなしに。とはいえ、フランソワ・オゾンは基本的に自分に合うかも。今後も追いかけよう。→★★★☆
 2005年02月18日
 オールド・ボーイ 8巻
Posted by ag at 18:30/ カテゴリー: BOOK_Database
オールド・ボーイオールド・ボーイ 8巻,,土屋ガロン・作、嶺岸信明・画,,双葉社,書泉ブックマート→結局、映画とコミックはまったくの別物だった。こういう場合、元のコミックを原作とは呼ばないで、どちらかというと原案と呼ぶんだろうなあ。そのラインが微妙だけど。
 2005年02月18日
 オールド・ボーイ 7巻
Posted by ag at 18:24/ カテゴリー: BOOK_Database
オールド・ボーイオールド・ボーイ 7巻,,土屋ガロン・作、嶺岸信明・画,,双葉社,書泉ブックマート→そういえば小学生の頃、何かの課題曲をみんなの前で歌わされたっけ。ものすごく恥ずかしかった記憶がある。それが“花の街”だったかどうかは、もう忘却の彼方。
 2005年02月10日
 Ray/レイ
Posted by ag at 23:54/ カテゴリー: MOVIE_Database
RayRay/レイ,新宿武蔵野館,テイラー・ハックフォード,ジェイミー・フォックス,2004・アメリカ→こういう伝記ものは、その人の人生すべてを語ろうとすると上っ面だけをなぞる結果になるし、部分部分を掘り下げようとするといろんなものをそぎ落とさなければならなくなるし。“ヒット・ザ・ロード・ジャック”のところは好い!→★★★
 2005年02月10日
 日本 V.S. 北朝鮮
Posted by ag at 15:21/ カテゴリー: SPORTS

・北朝鮮のキーパーはなんでキャッチしないんだ?
・いつの試合も加地が気になる。
・当たりそこねは禍する。
・勝つことが良いとは限らない。
・イラン戦負け、バーレーン戦引き分け、で行くような気がする。
・となると、山は6/3のアウェイ、バーレーン戦。

 2005年02月06日
 生活のリズム
Posted by ag at 14:22/ カテゴリー: SOCIETY

新しい環境のところに来ると、どこに何を置いたのかまだ完全に把握しきれていないので、それだけで精神的に乱れてしまう。おそらく、普段は意識していないのだけれど、自分の頭の中にはいろんなものが正確に整理されているんだと思う。それが精神的な落ち着きをもたらす。

それと、映画『キッチンストーリー』で描かれていた“人間の動線”。人間なんて、部屋の中の動くパターンにそんなに違いがない。ある決まった幾つかの線を行ったり来たりしている。それが生活のリズムをもたらすんだと思う。それがまだない。

そして周りの環境。駅へ行くには? スーパーやコンビニや病院はどこ? そんないろんなものがいったいどこにあるのかを把握していないと、なかなか生活のリズムが生まれてこない。

やっと今、部屋ん中の整理がついてきた。これで少しは生活のリズムが出て来ると思う。映画を見る余裕も出て来るんじゃないかなあ。

ag-n
青空文庫
青空ニュース
カテゴリー
月別アーカイブ