ag can wait
« 2005年09月 | メイン | 2005年11月 »
 2005年10月31日
 シン・シティ
Posted by ag at 22:52/ カテゴリー: MOVIE_Database

シン・シティシン・シティ
■ロバート・ロドリゲス&フランク・ミラー
■ブルース・ウィリス、ミッキー・ローク、クライブ・オーウェン
■2005/アメリカ
■新宿ミラノ座

スタイリッシュな映像を使う映画ほどストーリー・テリングがなおざりになるのは世の常。その2つがガッチリ噛み合うのは至難の業で、この映画もまったく非道い。こんなんだったら、全部CGにしてしまってもまったく問題ないのに。ミッキー・ロークなんて、ミッキー・ロークである必要がまったくないから、Mr.インクレディブルが代わりをやればいい。

 2005年10月30日
 24 Twenty Four シーズン3 Vol.1
Posted by ag at 23:59/ カテゴリー: MOVIE_Database

24 Twenty Four シーズン3 Vol.124 Twenty Four シーズン3 Vol.1
■ジョン・カサール
■キーファー・サザーランド、エリシャ・カスバート
■DVDレンタル

いつの間にかテレビでのシーズン3の放映が始まっていて、ハードディスクに録画を始めたのが午後11時からのエピソードだった。なので、しょうがなくそこまでのエピソードはDVDレンタルをすることに。テレビ・シリーズをDVDレンタルすると長いから、借りたり返したりするのが面倒臭い。BOXで貸してくれりゃいいのに。

個人的にはシーズン1よりシーズン2のほうが好きで、誰が裏切り者かがわからないまま展開していくストーリーをまたやって欲しいと思いながらも、居なくなったキャラクターをどう補っていくのかがまだわからない話しの流れ。シェリー・パーマーとかニーナ・マイヤーズもまたまた登場するのかな。

 2005年10月29日
 中国人と日本人——ホンネの対話
Posted by ag at 23:44/ カテゴリー: BOOK_Database

中国人と日本人 ホンネの対話■中国人と日本人——ホンネの対話
■林思雲+金谷譲
■日中出版
■もらった本

この本は、その出版のタイミングから、反日デモの原因を探るような内容を前面に押し出してしまっているけど、そんな一過性のことよりも、日本人には計り知れない中国人の歴史観、罪に対する認識、人間関係に焦点が当てられている。もちろん、そういう部分にこそデモの原因があると言えるかもしれないけど、デモの本質を追及している本ではない。

この本を読んでいて特に興味が湧いたのは、中国人の人間関係の築き方の部分。そうそう、チャン・イーモウなどの中国映画を観ていて、なんだか日本人とは違う微妙な感覚のズレを感じていたのはそういう部分だったんだ。成功した親族のはなしがやたらと会話に出てきたり、裕福な友人にやたらと金の無心をしたり、自分を大きく見せるためにバレバレの大嘘をついたり。

なるほど、じゃあ、そのような中国人を表面的にでも理解したとして、今後どんなふうにその隣人とつき合っていけばいいんだろう? この本でも結論めいたことが最終章で語られているが、なんとなくありきたりな結論。

靖国参拝をし続ける小泉も小泉だが、勝手にガス油田を開発してしまう中国も中国だ。もしこの本のような結論を求めるのだとしたら、中国人の考え方がどうのこうの、日本人の考え方がどうのこうの以前の、こんなイヤなグローバルな時代の、民族、文化を超えた人間としての在り方を問うべきだとは思う。

→人間の精神構造なんて第二次世界大戦のころからそんなに進化しているわけがないのに綺麗事ばかり進化しちゃって。だから、もうバラバラ、メタメタ。と、成瀬巳喜男の映画のセリフが無音で消されているのを見て、それを最低限の音声処理を施したと言うNHKの姿勢を見てそう思ったんだった。

 2005年10月26日
 31年ぶり
Posted by ag at 23:48/ カテゴリー: SPORTS

31年ぶり9回裏をこんなにゆったりと見られるなんてまったくの不幸だ。今となって振り返れば、あのプレイオフのジリジリした緊張感がなんと至福の時だったのだろう。

パ・リーグのプレイオフ・システムは、2位のチームを優勝させるシステムであり、その勢いづいた2位のチームを日本シリーズで優勝させるシステムでもあったのだ。

このプレイオフ・システムに難癖をつけるよりは、リーグ優勝から日本シリーズまでの間隔が開いてしまうことを問題にしたほうがいいと思う。メジャーのように、トントントンと行けないもんかなあ。千葉ロッテは、トントントンと行ったから、素晴らしいプレイをみんなに披露できたんだと思う。

 2005年10月26日
 成瀬巳喜男
Posted by ag at 00:33/ カテゴリー: MOVIE

NHK BSで放映された成瀬巳喜男の24作品を全部見終わる。やっぱり、こういう時はハードディスク・レコーダーが便利。全部保存しておけるから。

『乙女ごころ三人娘』(1935)『妻よ薔薇のやうに』(1935)『鶴八鶴次郎』(1938)『歌行燈』(1943)『三十三間堂物語』(1945)『銀座化粧』(1951)『舞姫』(1951)『めし』(1951)『おかあさん』(1952)『夫婦』(1953)『妻』(1953)『山の音』(1954)『晩菊』(1954)『浮雲』(1955)『驟雨』(1956)『流れる』(1956)『女が階段を上る時』(1960)『秋立ちぬ』(1960)『妻として女として』(1961)『女の座』(1962)『放浪記』(1962)『乱れる』(1964)『女の中にいる他人』(1966)『乱れ雲』(1967)

この中で面白かったのは、山田五十鈴の若い頃の2作品、『鶴八鶴次郎』と『歌行燈』。歳を取ってからの山田五十鈴も好きだけど、若い頃の山田五十鈴のスクリーンでの存在感もすごい。ビリビリする。

戦後の作品は、しょっちゅうお金の話しが出て来る。月給が安いだの、誰それが幾ら貰っているとか、幾ら貸してくれだとか。その最たる作品が『晩菊』。そんなお金の話しに夫婦の倦怠期が絡むと、映画としてはちょっとたるい。お金の話しが絡んでも『驟雨』のような変梃な作品は良かったけれど。

結局、中北千枝子はほとんどの作品に手を変え品を変え登場する。加東大介も。どっちも良い役者だ。

 2005年10月24日
 誰か Somebody
Posted by ag at 22:42/ カテゴリー: BOOK_Database
誰か Somebody
→誰か Somebody,,宮部みゆき,,光文社,一部屋古本市→宮部みゆきって、キッチリ折り目正しすぎて。美空ひばりや「金曜日の妻たちへ」を持ってくるんなら、もうちょっと遊んでくれても。多摩プラーザを多摩ニュータウンと言っているところが遊んでいるっていえば、遊んでるんだけど。「金曜日の妻たちへ」はDVD BOXが発売されるらしい。
 2005年10月21日
 銀河ヒッチハイク・ガイド
Posted by ag at 23:10/ カテゴリー: MOVIE_Database
銀河ヒッチハイク・ガイド
銀河ヒッチハイク・ガイド,ヴァージンTOHOシネマズ・六本木ヒルズ,ガース・ジェニングス,マーティン・フリーマン,2005・アメリカ→う〜ん、ダメだった。面白いと思える要素はたくさんあったのに。もっと、テリー・ギリアムくらいにまとめてくれたら良かったのに。でも、あの、ガイドしてくれる画面のデザインは良かった。ニンテンドーDSのゲーム「きみのためなら死ねる」「赤ちゃんはどこからくるの?」に似てる。→★★
 2005年10月18日
 パリーグ、プレイオフ第2ステージ第5戦
Posted by ag at 00:20/ カテゴリー: SPORTS

1974年の記憶は、小学校の職員室で映っていたテレビだけ。それが果たして日本シリーズの第何戦だったのか。今となっては本当にそんな経験をしていたのか、後付けで作り上げられた記憶なのか、もうわからない。
あれから31年。村田兆治の復活もあったし、二度の前期優勝もあったし、落合の連続三冠王もあったし、18連敗もあったし。過去が駆けめぐってクラクラして、いつの間にか涙。
さあ、つぎはトラ。実践続きの千葉ロッテのほうが断然有利。タイガーは、タイガー、タイガー、じれっタイガー。

 2005年10月13日
 パリーグ、プレイオフ第2ステージ第1戦
Posted by ag at 00:00/ カテゴリー: SPORTS

2位のチームは気楽だ。負けたって、もともと1位のチームがペナントを取ったようなもんだから、あきらめが簡単につく。勝っちゃたら、めっけもん。去年の西武もそんなもん。このシステムは2位のチームを優勝させるシステムかもしれない。

千葉ロッテの、1998年のドラブト1位が小林雅英、2位が里崎智也。1999年のドラフト2位が清水直行。2000年のドラフト4位が渡辺俊介。2001年のドラフト3巡が今江敏晃。2002年の1巡が西岡剛。こう考えると、チームは着実に選手を育てている。ソフトバンクといい、ロッテといい、これが本来のチームのあり方。どっかの金持ち球団とは違う。ファームも優勝したし、例え今年がダメでも来年があるさ。

 2005年10月08日
 支那そば屋こうや 四谷
Posted by ag at 23:59/ カテゴリー: うまいとこ

今日は打ち合わせで四谷の新宿書房へ。そして夕食は近くの「支那そば屋こうや」へ。そうそう、ここは何年か前に来たことがある。肉団子のような雲呑に覚えがある。千葉ロッテのプレイオフも見られず、ラトビア戦も見られず、いやいやその前に、山形ドキュメンタリー映画祭へも結局は行かれもしないので、山のような野菜の湯麺をバクバク喰ってささやかな憂さ晴らし。

 2005年10月04日
 早稲田青空古本祭
Posted by ag at 22:56/ カテゴリー: BOOK

10月からは毎週火、水は高田馬場なので、帰りに早稲田青空古本祭に行く。そしたら、右文書院の青柳さんやリコシェの阿部さんと会う。阿部さんのお母さんにも紹介されてしまう。もちろん向井さんや岡島さんにもご挨拶。

買ったのは、スーザン・ストラスバーグ「女優志願」(中尾千鶴訳・晶文社)、イングリッド・バーグマン、アラン・バージェス「マイ・ストーリー」(永井淳訳・新潮社)、川本三郎「ハリウッドの黄金時代」(サントリー博物館文庫)。

 2005年10月01日
 結局、のまのまのまイエー
Posted by ag at 00:21/ カテゴリー: SOCIETY

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050930-0027.html

こういうところが2ちゃんねるの面白いところでもあり、なんだかなあ、って思うところでもあって、それはそれなりに良い世の中だ。
そういう面白いところに目をつぶって、2ちゃんねるが嫌いだという人たちもいるけど、それって、にんげんが嫌いだと言っているに等しいから、自分が嫌いだと言っていることにも等しい。2ちゃんねるが嫌いな人たちは、うわっつらだけで生きていける人たちだ。

ag-n
青空文庫
青空ニュース
カテゴリー
月別アーカイブ