ag can wait
« 2007年01月 | メイン | 2007年03月 »
 2007年02月21日
 リトル・ミス・サンシャイン
Posted by ag at 16:29/ カテゴリー: MOVIE_Database

リトル・ミス・サンシャイン監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス
出演:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン
原題:Little Miss Sunshine
制作:アメリカ/2006
URL:http://movies.foxjapan.com/lms/
場所:シネクイント

いまの世の中、経済価値としての勝ち組ばっかりがもてはやされ、そこに到達することこそが総ての人間の最終目標であるがごときのように論じられてるんだけど、え〜? そんなことを自分の中心に据えていると色々なことが見えなくなってるんじゃない? ということを、ただのアンチテーゼとして高らかに謳いあげる映画。と思って見ていたから、最後の美少女コンテストで、あれだけ周りの人間の優秀さを見せつけるのは、もしかすると、オリーヴが他を圧倒するダンスをして、負け犬が勝ち組を打ち負かしてしまう、そんなありきたりな結末なんじゃないかと思って見てしまっていた。ところが、この映画はそんな単純なものではなく、もっとひねった映画だった。お高くとまって着飾ったミスコンが今の世の中とすると、それをぶちこわす下品な踊りだって所詮そんなもん。人間なんて、どっちを向いていようが五十歩百歩。という映画だった。

先日、『暗くなるまで待って』を久しぶりに見ていて、おお、そうだった、アラン・アーキンだ、と思って見ていて、今回またアラン・アーキンが出て来て、おお、アラン・アーキン! と周りの迷惑にならないように小さく叫んでしまった。アラン・アーキンといえばもう一つ、『あきれたあきれた大作戦』のジグザク走りがいつまでも脳裏の片隅に焼きついている。

 2007年02月19日
 バブルへGO!! 〜タイムマシンはドラム式〜
Posted by ag at 16:21/ カテゴリー: MOVIE_Database

バブルへGO!! 〜タイムマシンはドラム式〜監督:馬場康夫
出演:阿部寛、広末涼子、薬師丸ひろ子、吹石一恵、伊藤裕子、劇団ひとり、小木茂光、森口博子、伊武雅刀
制作:フジテレビジョン・電通・東宝・小学館/2006
URL:http://www.go-bubble.com/index.html
場所:ワーナーマイカルシネマズ板橋

久しぶりのホイチョイ作品。それがなんとタイムマシンもの。映画として、一つのジャンルを確立してしまっているタイムマシンものなので、そのパラドックスの部分は気にしないで、ゆるりと愉しもうとこの映画に望む。ホイチョイの作品は、昔の3部作の時から、もともとそう言う映画を作っていたもんだから。

で、まあ、それなりに面白かったんだけど、やっぱり1990年に戻ったときに、その90年代のシロモノがもっと縦横無尽に出て来たら良かったのに、と思わないでもない。広末が、90年の六本木、赤坂をダイナミックに疾走するようなシーンがあったら良かったのに、と思わないでもない。そんなダイナミズムを感じたのはラストシーンだけだから。あんなラストシーンみたいなものが、あと2、3個、途中に挟んであったら素晴らしかったのに。六本木ヒルズが建設されるまえの金魚屋とか。それに携帯も、もっと重要な役回りを演じさせられたら良かったのに。

そうそう、映画のラストクレジットを見てびっくり。自分がバブルの時代に就職して、最初に配属されたのが赤坂のビデオスタジオ。いまはもう資本提携が変わって、その当時の会社とはまったく違うものなんだろうけど、そのスタジオがクレジットされている! 当時、新入社員として入ってきた後輩の名前もクレジットに! それだけでも、一気にバブルの時代の赤坂にタイムスリップしてしまった。

 2007年02月12日
 それでもボクはやってない
Posted by ag at 13:39/ カテゴリー: MOVIE_Database

それでもボクはやってない監督:周防正行
出演:加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、光石研、尾美としのり
制作:フジテレビ・アルタミラピクチャーズ・東宝/2006
URL:http://www.soreboku.jp/index.html
場所:ユナイテッドシネマとしまえん

久しぶりの周防作品。何をやるのかと思えば冤罪もの。それも、誰でも簡単にその立場に追い込まれる可能性が高い痴漢犯罪。だから、男が観る分には身につまされて、簡単に主人公に同化できてしまうので見ていて飽きない。でも、女が見たらどうなんだろう? ちょっとした反発があるんじゃないのかなあ? そこんところを瀬戸朝香が補うべきところを、ちょっと最後のほうはうやむやになってしまっていた。とはいえ、今まで瀬戸朝香をイイと思ったことがなかったけど、この映画では良かった。それから、光石研もがんばってるねえ。『博多っ子純情』以来のつき合いだ。

 2007年02月02日
 ディパーテッド
Posted by ag at 13:23/ カテゴリー: MOVIE_Database

ディパーテッド監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ、マーティン・シーン
原題:The Departed
制作:アメリカ/2006
URL:http://wwws.warnerbros.co.jp/thedeparted/
場所:ユナイテッドシネマとしまえん

思ったより、元の『インファナル・アフェア』そのまんま。なんの工夫もない。もうスコセッシは枯れてしまったんだろうか。最近の映画はなにひとつ見るべきところがない。あ〜あ、『タクシードライバー』の衝撃が忘れられない。

(追記)と、ぼろくそ言っているのに、アカデミー賞を取っちゃった。監督賞のほうは、いままでの功労賞的な意味合いからあげてもイイと思うけど、作品賞をあげるのはどうなんだろう?

ag-n
青空文庫
青空ニュース
カテゴリー
月別アーカイブ