ag can wait
« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »
 2008年07月28日
 インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国
Posted by ag at 01:40/ カテゴリー: MOVIE_Database

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国監督:スティーヴン・スピルバーグ
出演:ハリソン・フォード、カレン・アレン、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント、ケイト・ブランシェット、イゴール・ジジキン
原題:Indiana Jones And The Kingdom Of The Crystal Skull
制作:アメリカ/2008
URL:http://www.indianajones.jp/top.html
場所:ワーナー・マイカル・シネマズ板橋

一番最初の『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』を見たのが1981年12月15日、今はもう無くなってしまった有楽座にて。

当時、ツルモトルームから発行されていた「スターログ」日本版というSFビジュアル雑誌が大好きで毎月購読していて、公開前からその雑誌の情報でやたらと『レイダース』を観る気分が盛り上がっていた。その盛り上がったテンションで映画館に見に行ったもんだから、やたらと面白かったことを記憶している。

そして、そのインディ・ジョーンズ・シリーズも、2作目、3作目と作られたけど、最初の作品ほどの面白さは無くなってしまって、それは自分の映画を見る姿勢が成長して大人びてしまったのが原因か、『ET』の大ヒットでスピルバーグのハングリー精神が欠如してしまったのが原因か、たぶんその両方ともだろうけど、インディ・ジョーンズ・シリーズの終焉とともにスピルバーグ映画自体が自分の中で終了してしまった。

あれから19年目のインディ・ジョーンズ・シリーズ。

やっぱりスピルバーグは映画作家としては終わってしまっているけど、進化したCGの扱いなど、新しい技術を自分の映画に取り込むテクニックは相変わらず巧い。崖ギリギリのカー・チェイス・シーンなんて、カメラのポジションに感嘆。

とはいえ、良かったのはそんな技術面だけ。もっとシンプルに、ロズウェル事件とクリスタル・スカルを結びつけたストーリーでも良かったんじゃないのかなあ。そんなシンプルなストーリーにこそ、派手なアクション・シーンが生きてくるとはおもうんだけど。

それから、もっとカレン・アレンあたりにノスタルジックを感じるとおもったけど、そうでもなかった。

ケイト・ブランシェットは相変わらず好い! 何やらせてもそつなく。

 2008年07月27日
 結局、iPhone3G
Posted by ag at 19:24/ カテゴリー: AV&COMPUTER

iPhone3G

いらない、いらない、と言いながら、結局買ってしまう。

でも、iPhone3Gって、万人向けの携帯では絶対にないから、こんなに大騒ぎして、間違って一般人が買ってしまうことが怖いなあ。
ソフトバンクもそれを見越して買うときに、返品は効きませんよ、を筆頭に、ゴチャゴチャたくさんのご託を並べ立てる。
こっちは、そんなことは観念しているから、すべてのことに対してハイ、ハイと従順に。

ということで、いかに青空文庫をiPhoneに最適化するかだけど、Web上でやるべきか、azurの移植をボイジャーと折衝をすべきか。
できたらWeb上で勝手にドンドンやりたいんだけど、azurがあるんでそうもいかない。
めんどくさいことになってきた。

 2008年07月16日
 アフタースクール
Posted by ag at 23:59/ カテゴリー: MOVIE_Database

アフタースクール監督:内田けんじ
出演:大泉洋、佐々木蔵之介、堺雅人、田畑智子、常盤貴子、北見敏之、伊武雅刀、山本圭、大石吾朗、尾上寛之
制作:「アフタースクール」製作委員会/2008
URL:http://www.after-school.jp/index.html
場所:新宿ジョイシネマ

映画ファンの知り合いから、それもまったく違った二つの方向から、面白いから「運命じゃない人」を見るように、と、命令されていたのに、いつもながら従順さに欠けてすっかり従わず。

でも、なんとなく気になっていた、内田けんじ。新作のほうを先に見ることにしました。

なるほど、確かにストーリーの運びは巧いのかもしれない。
複雑なシナリオも、よく構成されているし。

ただ、ストーリーとしては、そんなに面白いわけじゃない。
大泉洋も、もう一つくらい、見せ場が欲しかったような。
「産んでも良い?」「ダ〜メ、ダ〜メ」くらいだから。

「篤姫」の徳川家定がなかなか素晴らしかった堺雅人も、あの、人を見透かしたような笑顔の出番がもっとあれば良かったのに。

 2008年07月14日
 炎天の仙川ポタリング
Posted by ag at 11:10/ カテゴリー: TOWN

ほんとは3月の予定だった仙川ポタリングが、すべての予定日が雨にたたられ、結局は、灼熱の地獄と化した昨日決行に。なんてこった。

仙川沿い

石神井公園を出発し、井の頭公園を経由し、東八道路を越えたあたりで仙川沿いの道へ。
祖師谷公園あたりは緑があって涼しかったけど、あとはあんがい、炎天下にさらされる。

Peace Tokyo

仙川沿いの道から、多摩堤通りに入り二子玉川へ。
そして、多摩川の中州にあるというのか、なんというのか、兵庫島公園の中にある「Peace Tokyo」というレストランへ。

Peace Tokyo

周りには、涼んでいる人たちや、裸で水遊びをしている子供たちがいっぱい。
そんな中で、たか〜い飯を食っているブルジョアジーな一角があるのは、なんだか変な感じ。
ふだんは、そんな仲間に属することはないけれど、今回はイベントということで、そんな一角に入り込む。

等々力渓谷

等々力渓谷

そのあと等々力渓谷へ。
渓谷内の気温は25度という表示が出ていて確かに涼しいけど、ずっと長居をする場所でもないので、また炎天下へ。

古桑庵

古桑庵

古桑庵

自由が丘へ。
大正建築の家屋を改造した「古桑庵」という、あんみつやぜんざいを食べる店へ。
カップルや女性同士で行くようなお店へ、汗みどろの男3人でズカズカ乗り込む。これもイベントということで。

帰路は、環七をひたすら西武練馬駅まで。
雨がパラパラ来たけど、大降りにはならず、無事終了。

 2008年07月11日
 うつわを売りました
Posted by ag at 23:21/ カテゴリー: EVENT

まったく知らない人も何人か来てくれて、もっと宣伝すれば、もっとたくさん来てくれる感触がつかめました。

FireKing

FireKing

Old Pyrexも追加しました。

utsuwauri03.jpg

明日もやります!

 2008年07月07日
 うつわを売ります
Posted by ag at 11:41/ カテゴリー: EVENT

なぜだか、うつわを売るはめに。

001.jpg

こちらに出品詳細も載せてます。

 2008年07月02日
 ザ・マジックアワー
Posted by ag at 23:56/ カテゴリー: MOVIE_Database

ザ・マジックアワー監督:三谷幸喜
出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、戸田恵子、寺島進、小日向文世、伊吹吾郎、浅野和之、市村萬次郎、柳澤愼一、香川照之、甲本雅裕、近藤芳正、梶原善、阿南健治、榎木兵衛、梅野泰靖、小野武彦、市川崑、中井貴一、天海祐希、山本耕史、谷原章介、鈴木京香、寺脇康文、唐沢寿明、香取慎吾、市川亀治郎
制作:フジテレビ・東宝/2008
URL:http://www.magic-hour.jp/index.html/
場所:ワーナー・マイカル・シネマズ板橋

ベースが『お熱いのがお好き』で、セットの雰囲気が『あなただけ今晩は』で、銀幕へのオマージュは『サンセット大通り』でと、すべてがビリー・ワイルダー的雰囲気な映画。

三谷幸喜も、ビリー・ワイルダーばりにがんばってはいるけど、もうちょっと笑いを畳み掛けるような、映画としてピークの部分があったらよかったのに。

ラストのオチも『お熱いのがお好き』にくらべると弱い、弱い。もっとスパッと、チャンチャン、で終わらせて、市川崑的ラストクレジットになだれ込んだら気持ちよかったなあ。

でも、三谷幸喜の笑いの演出の巧さは、いまの日本の映画監督の中では群を抜いているから、いつしか『お熱いのがお好き』のような傑作を生んでくれるに違いないとおもう。

この映画のプロモーションで、テレビ番組に出倒してバッシングを受けたらしいんだけど、「ガキの使い」で見せた、あの、鼻わさびは、そんじょそこらの中途半端な気持ちで出来るはずがない。そんな徹底ぶりを見ただけでも、ほんと、職人だとおもう。

ag-n
青空文庫
青空ニュース
カテゴリー
月別アーカイブ