ag can wait
« アベンジャーズ | メイン | プロメテウス »
 2012年09月05日
 桐島、部活やめるってよ
Posted by ag at 23:57/ カテゴリー: MOVIE_Database

桐島、部活やめるってよ監督:吉田大八
出演:神木隆之介、橋本愛、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大、前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、藤井武美、岩井秀人、奥村知史、太賀、大後寿々花
制作:映画「桐島」映画部/2012
URL:http://kirishima-movie.com/index.html
場所:シネリーブル池袋

自分のころの高校でのクラスの中って、馬が合わないやつともそれなりに渡りをつけて、気を使って相手を尊重するような気風が、たとえオタクのようなやつに対してでさえも残っていたような気もするんだけど、今の時代は昔よりも個人主義とやらが幅を利かせて、さらに興味の対象となるものが多種多様化して、どっぷりと自分の世界だけにつかって他人のことは我関せずみたいなことになってしまって、気の合う奴だけのとても小さなユニットがバラバラに存在するだけになってしまった。のかどうか、今の高校が実際にはどうか知らないけど、もちろん学校にもよるんだろうけど、おそらくそんな状況になっているだろうことをこの映画はカリカチュアして見せてくれている。そこに、持てるものと持たざるものと云うか、努力せずとも手に入るやつと努力しても手に入らないやつの悲哀をちょっとまぶして、そして最後には異文化とも云える映画部と体育会系のぶつかり合いと『未知との遭遇』の第三種接近遭遇のようなコンタクト、相互理解を描いて見せてくれた。

この映画に共感が持てるのは、やっぱりそのリアリティさだ。でもそれがリアリティであるとおもうのは、自分の高校時代と照らし合わせたリアルさで、もしかすると今の高校生からみたらリアルさがないのかもしれない。しかし、高校の時の、あれ?こいつなに?、とか、えっ?それってありなの? とか、いやそれはちがうでしょ、のようなものって普遍的だろうから、そこのところの細部のリアリティさがこの映画は素晴らしかった。

おそらくこの映画は今年のベストになるとおもう。橋本愛も美しいし。

ag-n
青空文庫
青空ニュース
カテゴリー
月別アーカイブ