小さな出版社の日々
« ホームページ開設 | メイン | 一人が全国に向けて »
 2004年12月20日
 忘年会について思う…
Posted by 佐久間章仁 at 22:03 / カテゴリー: 日々

3月の新事務所引越以来、いまだに片づかない荷物がありました。昨日(休日出勤)、今日とその整理に着手、それでもなかなか片づかずにいます。重い腰を上げたのには理由があります。22日に事務所での忘年会を予定しているからです。毎年忘年会は近所の普段から仲良くしている出版社数社と合同で行なってきました。今年は二次会場として小社も場所を提供する−−引っ越して手広くなったこともありますが−−ことになり、上記の仕儀となった次第であります。さらには鍋、釜に食材を持ち込んで、今から宴会の準備に余念がありません。
そんな暮れの何とものどかな風景を前に、私自身は来年の仕事への意欲をかき立てているところです。