小さな出版社の日々
« 摘果みかんと花粉症 | メイン | 追われるように生きる »
 2005年02月03日
 二極化
Posted by ag at 12:09 / カテゴリー: 出版社

最近では、音楽の曲も映画の作品もデジタル化されてCDやDVDに収められている。つまり、アナログのデータが量子化されて、2進数のデータとしての「0」と「1」だけに変換されてしまっている。もちろん、デジタルカメラの写真も、電子メールの文章も、携帯電話の会話も、みんなみんな「0」と「1」だけの世界だ。

そんな2進化の波はデジタル機器だけにとどまらず、なんとなく、私達の日常生活にも波及しているような気がする。「Yes」か「No」かとか、「貧」か「富」かとか、「勝ち犬」か「負け犬」かとか、必ずそのどちらかに分類されてしまうような気がする。その中間に存在するモノはいったいどこに行ったんだろう? 「0.5」あたりにうろつくのが日本人の得意分野だったのに。

出版業界も、大規模なものと、小回りの利く小規模なものとに二極化しはじめているような気がする。真ん中当たりに存在する中規模なモノが今一番大変なんでしょう、おそらく。