小さな出版社の日々
« 終焉しつつあるパッケージ | メイン | 森の“聞き書き甲子園”フォーラム »
 2005年03月05日
 「茅屋」、茅葺民家修復活動開始
Posted by みやこ at 18:38 / カテゴリー: 食・農・村

以前紹介した「奥越後 茅屋根応援団茅屋〈KYAYA〉」(新潟県松之山町)がボランティアを募集している。今回は、茅葺民家の屋根の修復。仕事の内容は、お茶の準備から足場の組み立て、材料運びや修復作業、片付け等々だという。3月26日〜4月10日の間4日以上参加できる人10人、4月2・3日参加15人が募集枠。たくさんの人に参加してもらいたい気持ちと受け入れ態勢や作業効率等の問題とで、期間や人数の検討を重ねたらしい。私は参加できないけど、どんな応援のかたちがあるだろうか?

以前紹介した「奥越後 茅屋根応援団茅屋〈KYAYA〉」(新潟県松之山町)がボランティアを募集している。今回は、茅葺民家の屋根の修復。仕事の内容は、お茶の準備から足場の組み立て、材料運びや修復作業、片付け等々だという。3月26日〜4月10日の間4日以上参加できる人10人、4月2・3日参加15人が募集枠。たくさんの人に参加してもらいたい気持ちと受け入れ態勢や作業効率等の問題とで、期間や人数の検討を重ねたらしい。私は参加できないけど、どんな応援のかたちがあるだろうか?
昨年秋の茅刈りには延べ60人が、今年2月の雪掘りには15人が参加したという。
〈参加者達は、体験にとどまらない、限りなく実質に近い労働のなかから、豪雪の地に住む先達たちの苦労と知恵を感じてもらえたと思います。地元スタッフ達は、昨日まで見知らぬ者どおしが、今日ここで仕事をしている不思議を感じながらも新しい「結い」が始まったのではないかという嬉しい予感を感じました。(中略)茅屋根がなくなっていく切迫感をひしひしと感じる私達は、同じ志をもって真剣に仕事をしてくださる方々の力を求めています。〉(募集チラシより)。
参加ご希望の方は、はる書房にメールを(みやこ宛)。申し込み締め切りは参加希望日の5日前。参加費・宿泊費は、4月2・3日:3000円(ほかボランティア保険300円、別途温泉入浴料400円)、3月26日〜4月10日(4日以上参加):1日1500円(同)。現地集合。