小さな出版社の日々
« 「神保町の空」と習い事 | メイン | 続・民映研は創立30周年 »
 2006年06月16日
 民映研は創立30周年
Posted by みやこ at 18:57 / カテゴリー: 日々

民族文化映像研究所(民映研)が創立30周年を迎え、来る7月2日(日)東京大学弥生講堂・一条ホールを会場に、記念シンポジウムが開かれる。題して「世紀を超える歴程―基層文化記録の旅―」。
〈日本は、人類は、どこへ向かおうとしているのか。そして映像は、何をなしうるのか。自らの歴程を踏まえつつ、語り合う。〉(同シンポ案内ちらしより)
※ご興味のある方は、ぜひ民族文化映像研究所HPをご覧ください。

今週ちょっと用事があって民映研に行ってきた。ここに書くのはルール違反かもしれないけど、記念シンポで上映される映画の内容―シンポ案内では初公開とあるが、中身には触れていない。完成間近の作品を少し見せていただきました。萱野茂さんたちの「アイヌ新法」をめぐる動き、福島県茂庭の「加藤清太郎日記」の書き写し作業も収められています。“特典映像”として(?)、関係者の15年前、二十数年前の若かりし姿もありました(収録は予定)…。