監督:ダグラス・サーク
出演:ジョン・キャラダイン、パトリシア・モリソン、アラン・カーティス、ハワード・フリーマン、ラルフ・モーガン、エドガー・ケネディ、ルドウィッグ・ストッセル、アル・シーン、エリザベス・ラッセル、ジミー・コンリン
原題:Hitler’s Madman
制作:アメリカ/1943
URL:
場所:シネマヴェーラ渋谷

ドイツで映画を撮っていたダグラス・サーク監督は、妻がユダヤ人であることからナチスの迫害を恐れ、1937年にアメリカへと亡命し、ハリウッドへ渡ってからはじめて撮った映画が反ナチスの映画『ヒットラーの狂人』だった。

『ヒットラーの狂人』の中に、ナチスの親衛隊大将および警察大将、そしてボヘミアの護民官であるラインハルト・ハイドリヒが出てくる。演じているのはジョン・キャラダイン! ジョン・キャラダインと云えばジョン・フォードの映画でおなじみの俳優で、『怒りの葡萄』での演技は忘れられない(このブログのタイトルバックに勝手に写真を使っている)。で、そのジョン・キャラダインが演じているラインハルト・ハイドリヒが素晴らしい! 「金髪の野獣(Die blonde Bestie)」とあだ名を付けられた極悪非道の人物像をイメージ通りにビジュアル化させている。この映画の中のどこに目が向いてしまうかと云えば、間違いなくジョン・キャラダインだった。

ダグラス・サーク監督と云えば、のちにユニヴァーサルでの一連のメロドラマが代表作になるんだけど、このハリウッド初の映画でもそのスタイルはすでに固まっていて、自分の生まれたチェコの町へパラシュート降下するカレル(アラン・カーティス)とその恋人ヤミラ(パトリシア・モリソン)の描写や、ナチスとレジスタンスとのあいだで苦悩するヤミラの父(ラルフ・モーガン)の行き場の無さなどはまさしくダグラス・サークだった。

→ダグラス・サーク→ジョン・キャラダイン→アメリカ/1943→★★★☆

監督:イ・ウォンテ
出演:マ・ドンソク、キム・ムヨル、キム・ソンギュ、ユ・スンモク、キム・ユンソン、チェ・ミンチョル
原題:The Gangster, the Cop, the Devil
制作:韓国/2019
URL:http://klockworx-asia.com/akuninden/
場所:Movixさいたま

相も変わらず映画に関する事前情報をまったく入れないので、イ・ウォンテ監督の『悪人伝』をなんとなく、ポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』のような重苦しい映画をイメージしてしまっていた。映画のオープニングからはまさしく、そのイメージ通りのはじまりで、凄惨な殺人シーンが多くて、そこに連続殺人犯を追う刑事の描写が続いたので、ああやっぱり『殺人の追憶』のような映画なんだな、と納得していた。

ところが、刑事役のキム・ムヨルがどこかおちゃらけた、軽いのノリの演技なので、これはもしかすると『殺人の追憶』のような映画とは違うんじゃないのか、とおもいはじめたところの、「アベンジャーズ」のサノスよろしく凶暴さを前面に押し出したヤクザのマ・ドンソクの登場だった。

まさしく文字通りの「袋叩き」をするシーンで登場するマ・ドンソクは、チンピラの前歯を力ずくで抜いたり、兄弟関係にある一味を皆殺しにしたりと、これでもかと悪人面を強調させてはいるのだけれど、なぜだろう? どこか憎めないオーラを発散させていて、刑事のキム・ムヨルと共闘して連続殺人犯を追いかけるシーンは、ルパン三世と銭形警部が奇しくも同じ敵を追い詰めるために共闘した『ルパン三世カリオストロの城』のような痛快さがあったのには驚いてしまった。

韓国映画に見えるエンターテインメントな部分は、ときに演技が大仰で鼻につくことがあるのだけれど、そこの部分が映画を観ているものの感覚にぴったりと嵌ってくれば、これでもかと畳み掛けるサービス精神に乗せられて、嬉しいくらいに翻弄させられて充分に楽しませてくれる。今回のイ・ウォンテ監督の『悪人伝』もそのたぐいの映画だった。

→イ・ウォンテ→マ・ドンソク→韓国/2019→★★★☆

グレース・オブ・ゴッド

監督:フランソワ・オゾン
出演:メルヴィル・プポー、ドゥニ・メノーシェ、スワン・アルロー、エリック・カラヴァカ、ベルナール・ヴェルレー、フランソワ・マルトゥーレ、ジョジアーヌ・バラスコ、エレーヌ・ヴァンサン、マルティーヌ・エレール
原題:Grâce à Dieu
制作:フランス、ベルギー/2018
URL:https://graceofgod-movie.com
場所:新宿シネマカリテ

トム・マッカーシー監督の『スポットライト 世紀のスクープ』の中で描かれていたボストンのカトリック司祭による子供への性的虐待事件は、もちろんフランスでも似たような事件が起きていて、その問題をメディアの側からではなく、被害者側からの視点から描いた映画がフランソワ・オゾン監督の『グレース・オブ・ゴッド』だった。

フランソワ・オゾン監督の映画にしては珍しい社会問題を扱ったドキュメンタリー風の映画で、子供のころに神父から性的虐待を受けていた3人の被害者による告発を、最初は上流階級に位置するアレクサンドル・ゲランの視点から、次に中流階級に位置するフランソワ・ドゥボールの視点から、最後に下流階級に位置するエマニュエル・トマサンの視点から描いているところが面白かった。その三者三様の視点を、あからさまに章立てて分断させることなくて、切れ目なく流れるように描いている構成が巧かった。

その3人の中でも、高いIQを持ちながら神父による性的虐待がトラウマとなって、てんかんを発症するようになってしまった最後のエマニュエルの描写が生々しくて、実話を元にしたドキュメンタリー風の映画でありながら、そんなところがフランソワ・オゾンの映画だった。

→フランソワ・オゾン→ルヴィル・プポー→フランス、ベルギー/2018→★★★☆

監督:ウディ・アレン
出演:ティモシー・シャラメ、エル・ファニング、セレーナ・ゴメス、ジュード・ロウ、ディエゴ・ルナ、リーヴ・シュレイバー、レベッカ・ホール、ウィル・ロジャース、チェリー・ジョーンズ
原題:A Rainy Day in New York
制作:アメリカ/2019
URL:https://longride.jp/rdiny/
場所:109シネマズ菖蒲

ウディ・アレンも84歳になって、いつ遺作が来てもおかしくないなあ、とおもいながら次回の公開作を待っている身になって来た。ところが、ちょっとおかしな方向に転がり始めた。きっかけは2017年にハリウッドの大物プロデューサー、ハービー・ワインスティーンによるセクハラ・性犯罪疑惑が次々と暴露されて、「#MeToo (私も)」という掛け声とともに多くの女優が告発を始めたことからだった。

ウディ・アレンは、別れたミア・ファローとの間で行われた親権裁判で、養女ディラン・ファローに対して性的虐待が行われていたと告発された。しかし、決定的な証拠はないと裁判所に判断されて、警察の捜査でも訴追とはならなかった。ところが今回の「#MeToo 」運動の流れを受けて、当のディラン・ファローがロサンゼルス・タイムズに「なぜ #MeToo はウディ・アレンを見逃すのか」と題する署名記事を発表してまた騒ぎが再燃した。俳優たちがこぞってウディ・アレンとの仕事を後悔し、ギャラをチャリティーに寄付するなど、彼は映画監督としての立場を失うばかりになってしまった。

ウディ・アレンは今年になって自伝『Apropos of Nothing』を出版して、過去の児童性的虐待疑惑についての彼側の言い分を述べているらしいが、それでも、今の流れのままではウディ・アレンが今後映画を撮れるとはとてもおもえない。彼のキャリアはこのままThe Endとなってしまうのかなあ。そうだとすると、とても悲しい。

新作の『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』も、最近の彼の映画はマンネリ化しているような気もするけれど、相変わらず会話のシーンが巧くて、観ていてめちゃくちゃ楽しい。いや、楽しいと云うことを通り越して、空気のような、水のような透明感に支配されて、コロナ禍などすっかり忘れて安心してまったりと映画館の座席に座っていられる。このような映画が存在するのは稀有なことだ。

ウディ・アレンに何かしらの非があったことは確かなんだろうとおもう。それがどれくらいの大きさなの非なのか判断できないけれど、それだけを持ってして彼の才能を潰してしまうのはどうなのかなあ、とはおもう。難しいところだ。

→ウディ・アレン→ティモシー・シャラメ→アメリカ/2019→★★★★

ホドロフスキーのサイコマジック

監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー
原題:Psychomagie, un art pour guerir
制作:フランス/2019
URL:https://www.uplink.co.jp/psychomagic/
場所:新宿シネマカリテ

アレハンドロ・ホドロフスキーが映画監督としての側面だけではなくて、自らが考案した心理療法「サイコマジック」を行うセラピストとしての側面もあって、映像表現からのアプローチで生まれたセラピーを精神的なダメージを受けた人たちに対して行っていたことをまったく知らなかった。その活動をまとめたものがこの映画で、彼の今までの映画のワンシーンと、実際に行っているセラピーを重ね合わせるように見せて行く構成が、まるでアレハンドロ・ホドロフスキーのこれまでの活動の集大成を見せているかのようだった。

どんな新しい心理療法を見ても、いつも胡散臭さを拭うことはできないのだけれど、でも考えてみれば、現在の医学だけでは治せないものを治そうとするところに筋道だった論理性があるわけがなくて、突拍子もないところになにかのきっかけが存在している可能性はあるのだから、そんな馬鹿な、と頭から否定してしまうのもおかしい話しだとはおもう。

だからアレハンドロ・ホドロフスキーの「サイコマジック」だって、この療法で心が晴れた人が存在するのなら、こんな方法だってあり、なんだろうとはおもう。もちろん、すべての人に効くとはおもえないけれど。

1986年の東京国際ファンタスティック映画祭でアレハンドロ・ホドロフスキーの『エル・トポ』をはじめて観た時に、事前に雑誌「スターログ」などから得た情報も手伝って、そして渋谷パンテオンの場内の得も言われぬ躁状態に惑わされて、エンドクレジットにおもわず拍手していたのは、今から考えれば「サイコマジック」に罹っていたのかな。

→アレハンドロ・ホドロフスキー→アレハンドロ・ホドロフスキー→ フランス/2019→★★★

監督:豊島圭介
出演:三島由紀夫、芥正彦、木村修、橋爪大三郎、篠原裕、宮澤章友、原昭弘、椎根和、清水寛、小川邦雄、平野啓一郎、内田樹、小熊英二、瀬戸内寂聴、東出昌大(ナレーション)
制作:映画「三島由紀夫VS東大全共闘」製作委員会/2020
URL:https://gaga.ne.jp/mishimatodai/
場所:109シネマズ木場

1960年(昭和35年)の安保闘争から始まって、60年代末の全国学園闘争に至る時代の流れをいまから振り返ってみると、アメリカとソ連の冷戦があって、そのイデオロギーの対立からベトナム戦争が派生して戦争推進派と反対派の対立が起きて、さらにそう云った問題提起の機運が増したことから公民権運動が起きたりして、と云う世界情勢の中での、ノンポリではいられない状況に追い詰められた日本の学生たちのうわべだけを飾りたてるブームでしかなかったんじゃないかと今から見ればそうおもってしまう。

この映画を観ても、やっぱり東大全共闘なんて、哲学思想の難解な言葉を使って自己武装することがかっこいいとおもっている集団にしか見えなくて、本当に日本で革命を起こせると信じていた集団であったかどうかは疑問しか感じられない。

けれども、三島由紀夫がこの討論の最後に、

私は諸君の熱情は信じます。これだけは信じます。他のものは一切信じないとしても、これだけは信じるということを分かっていただきたい

と云っているように、東大全共闘たちの、いや芥正彦だけか、「熱情」はすごく伝わってきた。小説家である三島由紀夫はもちろんのこと、東大全共闘の芥正彦が「言葉」を大切にしていたことはひしひしと伝わって来る映画だった。

今の時代の耐え難い「言葉」の軽さを考えれば、良い時代だったなあ、とおもえてしまう映画だった。

→豊島圭介→三島由紀夫→映画「三島由紀夫VS東大全共闘」製作委員会/2020→109シネマズ木場→★★★★

監督:グレタ・ガーウィグ
出演:シアーシャ・ローナン、ティモシー・シャラメ、フローレンス・ピュー、エリザ・スカンレン、エマ・ワトソン、ローラ・ダーン、メリル・ストリープ、クリス・クーパー、ジェームズ・ノートン、ルイ・ガレル、ボブ・オデンカーク
原題:Little Women
制作:アメリカ/2019
URL:https://www.storyofmylife.jp
場所:109シネマズ木場

ルイーザ・メイ・オルコットが1868年に発表した自伝的小説「若草物語」は何度も映画化されていて、特に1949年に作られたマーヴィン・ルロイ監督による『若草物語』が代表的な映画化作品なんだろうとおもう。その中で次女を演じたジューン・アリソンが素晴らしくて、ほとんど同時期に見た『グレン・ミラー物語 』と合わせて、50年代ハリウッドの中でも一番好きな女優になった。

ジューン・アリソンが演じた次女ジョーはオルコット自身を反映している役柄なので、『若草物語』が映画化されれば注目されるのはやはり次女役で、今回のグレタ・ガーウィグ版ではシアーシャ・ローナンがジョーを演じて第92回アカデミー賞の主演女優賞にノミネートされるほどの注目度だった。

シアーシャ・ローナンって、ピーター・ジャクソンの『ラブリーボーン』で女優として認識して以降、別に追っかけているわけでもないのに、ちょこちょこと自分が観る映画に入り込んできて、『ブルックリン』とか、『レディ・バード』とか、とても強烈な印象を残して去って行く女優だった。なんだろう? 好きな女優とは云えないけれど、とても気になる女優と云う立ち位置。

その『レディ・バード』に続いて『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』もグレタ・ガーウィグ監督とのコンビで、やはりここでもシアーシャ・ローナンが強烈な印象を残している。それにマーヴィン・ルロイ版とは違った、女性監督ならではの視点がちりばめられていて、四姉妹が繰り広げる結束とか、確執とか、慈愛とか、そしてちょっと頼りない男たちとのエピソードなどは、女性の芯の強さを前面に押し出しながらも表面は柔らかさに包まれているような描き方で、とても新しい「若草物語」に見えてしまった。

時間軸を無視して、エピソードをシャッフルさせて見せたこの新しい「若草物語」は、時間の流れに固執する映画観客が観たら混乱しちゃうんだろうか? でも、その時々のエピソードに重きを置いていて、ひとつのエピソード内で完結させているような見せ方なので、そこまで時間軸に固執する必要は無いようにも見えたんだけど…。

→グレタ・ガーウィグ→シアーシャ・ローナン→ アメリカ/2019→★★★★

監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
出演:イディル・ベン・アディ、オリヴィエ・ボノー、ミリエム・アケディウ、ヴィクトリア・ブルック、クレール・ボドソン、オスマン・ムーメン
原題:Le jeune Ahmed
制作:ベルギー、フランス/2019
URL:http://bitters.co.jp/sonoteni/
場所:新宿武蔵野館

イスラム圏の若い人たちが、より厳格さを求めるイスラムの教えへと傾倒して行って、その教えから外れる人間を攻撃してしまう流れは、チャランポランな自分にとってはまったく異質の世界のはなしではあるのだけれど、理解できなくもないなあ、とはおもったりもする。

ダルデンヌ兄弟の新作『その手に触れるまで』に出てくる13歳のアメッドも、テレビゲームばかりしていた日常から一転、日々の礼拝を事欠かないイスラム教信者に変貌してしまう。そこの、意識の切り替わった境界にいったいなにがあるのかと考えると、日本で云うところの「中二病」のような自意識過剰やコンプレックスがあって、もし日本に宗教がもっと生活に根付いていたとしたら、アメッドのような狂信的な少年を排出する可能性が、イスラム圏以上にあるんじゃないかと恐怖してしまう。日本では、そのはけ口として宗教ではなくて二次元で良かった。

いつもながらダルデンヌ兄弟が見せる「視点」には時事的なことが密接に連動していて、それをコンパクトに1時間半くらいの尺で見せるところがとても良い。ベルギーでも「COVID-19」が猛威を奮っているらしいので、次回作はそのあたりが来るのかな。

→ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ→イディル・ベン・アディ→ベルギー、フランス/2019→★★★★

監督:守屋文雄
出演:柳英里紗
制作:cogitoworks/2019
URL:https://www.suzushii-kokage.com
場所:新宿K’sシネマ

映画を面白く感じるのは、一般的に考えてドラマティックな部分にあって、主人公が窮地に立たされて、絶体絶命に追い込まれて、そこを間一髪で切り抜けて悪漢を退治するような、サイレント映画のころからあるパターンが代表的だとおもう。もしくは、もうちょっと人間描写に重きを置いた映画で、思考の過程や感情の機微を細かく描いて、そこから見い出される行動の意味を深く洞察するような映画を面白く感じる場合もある。

ドキュメンタリー映画の場合でも、「事実」と云う前書きがありながらも、ドラマティックな部分を面白く感じる場合が多い。ただ単純に対象者へカメラを向けているだけではドラマティックさにかけるので、そこに多少の演出を加えてしまっているドキュメンタリー映画も多い。

数年前の山形国際ドキュメンタリー映画祭で、リスボンの街角にカメラを据え置きして、街行く人たちを撮っているだけのドキュメンタリー映画があった。ああ、これがある意味、本当のドキュメンタリー映画なのかなあ、とはおもったのだけれど、面白い映画かと問われれば、面白いとはおもえなかった。強く印象には残った映画ではあったのだけれど。

そして今回の守屋文雄監督の『すずしい木陰』なんだけど、この映画はドラマティックなことが何ひとつ起こらない。起こらないどころか、木陰のハンモックに寝ているひとりの女性だけに、ちょっと引き目の定点カメラで、1時間半ずっと寝返りをする姿だけを撮り続ける映画だった。これじゃ、普通の人だったら、なんだこりゃ? になるとおもう。最悪、人をバカにしている、金返せ! になるだろう。

この映画は何なんだろう? 寝ている状態を演技している劇映画とも云えるが、寝ている事実をただ単純にカメラで撮っているドキュメンタリー映画とも云えるのかもしれない。

そして、この映画を面白く感じるのかと問われれば、じっと耳を澄まして、聞こえてくる鳥の声や虫の声や車の音、生活音、子どもの遊ぶ声などから、その女性の暮らしている生活を想像することに多少は面白味を感じるけど、ただそれだけではやはり飽きてしまうし、あまりにもメリハリがないので、まるでこの映画の主人公のようにまどろみに陥ってしまう。

監督が考えるこの映画の主眼がどこにあるのかはよくわからない。が、この映画を観ながらウトウトできる状態がどれほど幸福なことなんだろう、とは今の世界情勢からすればまずは考えてしまう。

面白い映画とはまったく云えないけれど、山形国際ドキュメンタリー映画祭で観たポルトガルのドキュメンタリー映画と同じように、印象としては強く残る映画だった。ある意味、すごい映画だとはおもう。

→守屋文雄→柳英里紗→cogitoworks/2019→新宿K’sシネマ→★★★

監督:ケイシー・レモンズ
出演:シンシア・エリヴォ、レスリー・オドム・Jr、ジョー・アルウィン、ジャネール・モネイ、ジェニファー・ネトルズ 、ヴァネッサ・ベル・キャロウェイ、クラーク・ピータース、ヘンリー・ハンター・ホール、ザカリー・モモー
原題:Harriet
制作:アメリカ/2019
URL:https://harriet-movie.jp
場所:Movixさいたま

新型コロナウィルスの「COVID-19」が日本でも蔓延してしまったために、4月中旬の政府の緊急事態宣言以降、映画館も軒並み休館となってしまった。それから2ヶ月半、こんなに映画館から足が遠のいたのは中学生以来なんだけど、まあ、だからと云って、WOWOWやNetflixなどもあるので、このまま映画館が無くなったとしても、簡単にこの環境に順応してしまうのかなあ、なんて悲しくなりながらも、緊急事態宣言が解除されて、映画館も徐々に再開されはじめたら、やはり居ても立っても居られずに映画館へ。

何を観ようかとMovixさいたまのラインナップを眺めていたら、ケイシー・レモンズ監督の『ハリエット』が目に止まった。表題の“ハリエット”とは、ハリエット・タブマンのことで、1850年代から1860年代にかけて、メリーランド州からペンシルベニア州のフィラデルフィアへと、黒人奴隷を密かに逃亡させた女性の奴隷解放運動活動家に焦点を当てた映画だった。今の時節、この映画を観ることが、ぴったりじゃないかと、すぐさま選択した。

全世界的に「COVID-19」がパンデミックになっている状況にもかかわらず、アメリカではまた警察官による黒人への暴行致死事件が起きて、それをきっかけとして人種差別撤廃のデモが各地で発生。さらには日ごろの鬱憤やウィルス蔓延の影響による困窮からかデモの人びとが暴徒化してしまって、店舗での略奪行為が横行する目も当てられない事態になってしまった。この状況を見て、映画『ハリエット』の時代から、な〜んにも変わってねえじゃないかと、つまり人間は、アメリカだろうと日本だろうとどこだろうと、100年くらいの単位では簡単に人の意識を変えられるものではなくて、地域に根付いてしまった負の意識を変えるには多大な時間を要するんだなあ、と。

『ハリエット』のような映画がハリウッドで制作されて、高給を取る黒人俳優がたくさん出てきたとしても、その根が何も変わらないとするのならば、このような黒人ヒーローの映画を観るのはなんとなく虚しい。

→ケイシー・レモンズ→シンシア・エリヴォ→アメリカ/2019→★★★☆