監督:ジェイ・ローチ
出演:シャーリーズ・セロン、ニコール・キッドマン、マーゴット・ロビー、ジョン・リスゴー、コニー・ブリットン、ケイト・マッキノン、マーク・デュプラス、ロブ・デラニー、マルコム・マクダウェル
原題:Bombshell
制作:アメリカ/2019
URL:https://gaga.ne.jp/scandal/
場所:Movixさいたま

FOXニュースの創立者で当時CEOだったロジャー・エイルズが、女性キャスターのグレッチェン・カールソンやメーガン・ケリーらからセクシャル・ハラスメントで訴えられたニュースが大きく報道されたのが2016年だった。そのセクハラ告発の顛末を全員実名で、しかも実物にそっくりのメイクをして映画化してしまうのはさすがハリウッドだとおもった。それも本人たちの承諾も取ってないらしい。

中心となる登場人物たちは、グレッチェン・カールソンをニコール・キッドマン、メーガン・ケリーをシャーリーズ・セロンが演じていて、セクハラシーンが赤裸々な架空の人物カイラ・ポシュピシルを演じているのがマーゴット・ロビーだった。映画の題材としては深刻な問題を扱ってはいるのだけれど、窓際になってしまったキャスター役をニコール・キッドマン、飛ぶ鳥を落とす勢いのキャスター役をシャーリーズ・セロン、駆け出しのプロデューサー(?)役のマーゴット・ロビーの3人による演技合戦ばかりに目が行ってしまった。

自分にとって、映画作品に対して魅力を感じる大きな要素が俳優たちによる演技くらべなので、この3人による丁々発止の演技合戦がたまらなく楽しかった。特に、図らずも3人が一つのエレベーターに乗り合わせて、話すことなく目配せし合うだけで緊張感がみなぎるシーンは凄かった。そのシーンがあっただけでこの映画を観て良かったとおもうくらいだった。

ただ、FOXニュースのスターとして君臨しているシャーリーズ・セロンが、セクハラ告発をしたニコール・キッドマンに対して、告発者として連名しようと決意した過程をもうちょっと丁寧に描いてくれていたら良かったのに。

→ジェイ・ローチ→シャーリーズ・セロン→アメリカ/2019→★★★☆

監督:サム・メンデス
出演:ジョージ・マッケイ、ディーン=チャールズ・チャップマン、マーク・ストロング、アンドリュー・スコット、リチャード・マッデン、クレア・デバーク、コリン・ファース、ベネディクト・カンバーバッチ
原題:1917
制作:イギリス、アメリカ/2019
URL:https://1917-movie.jp
場所:109シネマズ木場

全編ワンカットの映画と云えば、真っ先におもい浮かぶのがヒッチコックの『ロープ』(1948)で、まだフィルム時代のワンカットとは、巻の切り替えにうまく黒味などを入れて、ワンカットに見えるようにする涙ぐましい努力が必要だった。ところがデジタルの時代となって、そんな苦労はいらなくなって、やろうとおもえば誰でもワンカットの映画(本番1回の長回し)が撮れる時代になった。とはいえ、上田慎一郎の『カメラを止めるな!』がドタバタで見せたように、演技や撮影からメイクにいたるまでミスの許されないワンカット撮影は誰得なんだ? とトライする人は極端に少ない。やったとしても、『ロープ』の時代と同じようなテクニックを使って、ところどころでカット(休憩)する映画がほとんどだ。アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2014年)もネメシュ・ラースローの『サウルの息子』(2015)も厳密云えばワンカット映画ではないとおもう。

サム・メンデス監督の『1917 命をかけた伝令』の惹句は「全編ワンカット!」だった。ああ、またテクニックを使ってワンカットに見せているんだろうなあ、と映画を観たら、いやいや、しっかりとフェードアウトして時間経過してるじゃん、になった。でも、ほとんどワンカットに見える映画は、厳密に云う本番1回の長回し映画をやる人がいない以上、「全編ワンカット」と謳っても良いほどにスムーズに流れる映画だった。

ほぼワンカットに見えるこの映画は、主人公たちに寄り添うカメラから見える第一次世界大戦の戦場に緊張感がみなぎっていた。撤退して敵はいないとの情報が真実なのか疑心暗鬼に前へと進む戦場が、死体だらけの戦場が、まるでホラー映画のように怖かった。そして、進む途中に見える桜の林や、闇夜に燃える建物が美しかった。この恐怖と美のコントラストを表現させたロジャー・ディーキンスの撮影が素晴らしかった。サム・メンデスは、『アメリカン・ビューティー』(1999)でも、『ジャーヘッド』(2005)でも、『007 スカイフォール』(2012)でも、いつも恐怖と美を映画の中に盛り込むことが巧い!

→サム・メンデス→ジョージ・マッケイ→イギリス、アメリカ/2019→109シネマズ木場→★★★★

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

監督:ライアン・ジョンソン
出演:ダニエル・クレイグ、クリス・エヴァンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス、マイケル・シャノン、ドン・ジョンソン、トニ・コレット、ラキース・スタンフィールド、キャサリン・ラングフォード、ジェイデン・マーテル、クリストファー・プラマー
原題:Knives Out
制作:アメリカ/2019
URL:https://longride.jp/knivesout-movie/
場所:109シネマズ菖蒲

殺人事件の容疑者たちを一つの部屋に集めて、名探偵が犯行の手順を解明して行って、最後に「犯人はお前だ!」と云うアガサ・クリスティのミステリー小説のようなパターンは、あまりにも古臭くて、もう誰もやらないのかと悲しんでいたら、久しぶりにそんな映画、『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』がやって来た。でももう、単純なプロットでは誰もが納得をしないので、ちょっと複雑になってしまっているのが残念。あまりにも複雑すぎると、犯人がわかっても「あいつだったのか!」の爽快感が乏しく、「お、おう・・・」になってしまう。

それでもところどころの設定が面白くて、その中でも「嘘をつくと吐いてしまう看護師」ってのは笑えた。この嘘をつけない人間を中心に、ストーリーが進んでいく脚本は素晴らしかった。

ライアン・ジョンソン監督はこの映画を作るに当たって、アガサ・クリスティが原作の映画ばかりでなく、『名探偵登場』や『デストラップ・死の罠』(https://twitter.com/rianjohnson/status/1090747370772393984?s=20)も参考にしたそうだ。そうそう、この二つの映画は、『名探偵登場』はパロディではあるのだけれど、自分にとってベスト・オブ・ミステリー映画だ。

→ライアン・ジョンソン→ダニエル・クレイグ→アメリカ/2019→109シネマズ菖蒲→★★★☆

ラストレーター

監督:岩井俊二
出演:松たか子、広瀬すず、庵野秀明、森七菜、小室等、水越けいこ、木内みどり、鈴木慶一、豊川悦司、中山美穂、神木隆之介、福山雅治
制作:「ラストレター」製作委員会/2019
URL:https://last-letter-movie.jp
場所:109シネマズ木場

岩井俊二が作る映画のプロットが好きなので、たとえノスタルジックでセンチメンタルなストーリーが甘ったるく感じられても、まあ、いつも映画としては満足してしまう。それに、岩井俊二が作る画作りも大好きなので、その美しさにいつも惚れ惚れしてしまう。だから今回の『ラストレーター』も、『Love Letter』(1995)のプロットをそのまま持ち込んだような映画ではあるのだけれど、やはり映画としては楽しかった。ただ、今回は「自殺」や「DV(ドメスティック・バイオレンス)」のようなダークな要素が出てくるので、そこがセンチメンタルだけの『Love Letter』とはちょっと傾向が違った映画になっていた。美しいだけでは済ますことのできなくなった岩井俊二の意識の変化が、この25年のあいだにあったのかなあ。でも、岩井俊二自身を反映しているようなる福山雅治が、メフィスト的な役割を演じる豊川悦司を殴らないのは、やはりそこは優しい(見かたによっては柔い?)岩井俊二の映画だった。

→岩井俊二→松たか子→「ラストレター」製作委員会/2019→109シネマズ木場→★★★☆

テリー・ギリアムのドン・キホーテ

監督:テリー・ギリアム
出演:アダム・ドライバー、ジョナサン・プライス、オルガ・キュリレンコ、ステラン・スカルスガルド、ジョアナ・リベイロ、オスカル・ハエナーダ
原題:The Man Who Killed Don Quixote
制作:イギリス、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー/2018
URL:http://donquixote-movie.jp
場所:新宿シネマカリテ

テリー・ギリアムが『ドン・キホーテを殺した男』と云う新しい映画を作っているとのニュースをネットで読んだ記憶があるのだけれど、いつになっても日本では公開されないので、ああ、これはビデオスルーになってしまったのだと勝手に解釈していた。ところが、一昨年あたりに、ポルトガルのプロデューサーであるパウロ・ブランコが「映画の権利は自分にある」と主張して裁判を起こしたニュースが伝わってきて、おお、まだ完成していなかったんだと驚いた。

その『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』(原題を直訳すると「ドン・キホーテを殺した男」)が、構想30年、企画頓挫9回(公式ホームページより)を乗り越えて、ようやく日本でも公開となったので観に行った。

ミゲル・デ・セルバンテスの小説「ドン・キホーテ」を読んだことはないのだけれど、見聞きした情報やミュージカル作品『ラ・マンチャの男』から想像するに、ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャと云う男が現実と空想世界との区別がつかなくなり、自分をとりまくすべての状況を騎士道精神の物語設定におきかえてしまって、さまざまなトラブルを起こしてしまうと云うストーリーだと認識している。

『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』も、アダム・ドライバーが演じているCM監督が「ドン・キホーテ」を題材にしたCMを撮るうちに、撮影をしている監督としての現実と作り上げている「ドン・キホーテ」のCM(さらには学生時代に撮ったドン・キホーテの映画)との区別がつかなくなって、さまざまなトラブルに巻き込まれると云うストーリーだった。これって、もちろんアダム・ドライバーの役柄がそのままテリー・ギリアム自身であるとすぐに見て取れるのだけれども、そこに『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』自体を制作して行く過程でのさまざまなトラブルを起こすテリー・ギリアム自身とが重なって、二重構造どころか三重構造に見えてしまう部分がとても面白かった。

オーソン・ウェルズも「ドン・キホーテ」の映画を作ろうとして、その「ドン・キホーテ」の物語に取り込まれてしまった。テリー・ギリアムもまたしかり。天才監督は天才の書いたストーリーにあこがれて、そこに取り込まれてしまうものなのか。

→テリー・ギリアム→アダム・ドライバー→イギリス、フランス、スペイン、ポルトガル、ベルギー/2018→新宿シネマカリテ→★★★★

リチャード・ジュエル

監督:クリント・イーストウッド
出演:ポール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ジョン・ハム、オリヴィア・ワイルド、イアン・ゴメス、ニナ・アリアンダ
原題:Richard Jewell
制作:アメリカ/2019
URL:http://wwws.warnerbros.co.jp/richard-jewelljp/index.html
場所:109シネマズ木場

罪を犯してない人間が、国家権力やマスコミによって、あらぬ疑いをかけられて、まるで犯罪者のような扱いを受ける可能性はどれくらいあるんだろう? と考えた時に、いやいや、その確率は天文学的数字だろう、と今までは考えてはいた。でも、最近のSNS上での根拠のない憶測による犯人探しを目の当たりにすると、名もない人たちが集団となって関係のない人間を犯人扱いしてくる確率がますます増えてきていて、相手が見えないからこそ公的機関による冤罪よりもさらに怖ろしくなってきている。

そんな今の世の中だから、クリント・イーストウッド監督の『リチャード・ジュエル』で描かれる冤罪事件は身に迫るほど怖かった。1996年のアトランタで、爆発物を発見して多くの人命を救ったにもかかわらず、そのあまりにも真っ直ぐな誠実さがかえってアダとなって、FBIによって犯人に仕立てられてしまうリチャード・ジュエルと云う人物は、おそらくは誰にとっても自分と置き換えることのできる人物だろうとおもう。どんな人間だって、叩けば何かしらほこりが出てくるもので、そこを追求されたときの恐怖は、考えてみるだけでも怖ろしい。

クリント・イーストウッドの映画は、虐げられた者からの視点で描く場合が多くて、『リチャード・ジュエル』もそのパターンの映画ではあるのだけれど、いつもながら登場人物を描くのが巧くて、特に今回はリチャード・ジュエルを弁護するワトソン・ブライアントを演じたサム・ロックウェルが良かった。べらんめえ口調(なんてものはアメリカには存在しないのかもしれないけど)で権力に動じなくて、刑事事件の弁護経験の少なさにも臆することなく立ち向かって行く人物像の描き方が素晴らしかった。

→クリント・イーストウッド→ポール・ウォルター・ハウザー→アメリカ/2019→109シネマズ木場→★★★★

フォードvsフェラーリ

監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:マット・デイモン、クリスチャン・ベール、ジョン・バーンサル、カトリーナ・バルフ、トレイシー・レッツ、ジョシュ・ルーカス、ノア・ジュープ、レモ・ジローネ、レイ・マッキノン、JJ・フィールド
原題:Ford v Ferrari
制作:アメリカ/2019
URL:http://www.foxmovies-jp.com/fordvsferrari/
場所:109シネマズ木場

モータースポーツの世界を描く映画は、まだ特殊効果が稚拙な時代の映画ですらも、例えばジョン・フランケンハイマーの『グランプリ』(1966)とか、レースシーンのスピード感を表現しているだけで血が沸騰する感覚が起きるのに、VFXの進化したこの時代の映画ともなると、ストーリーそっちのけで圧倒的にレースシーンだけで興奮させられてしまう。人間には、自分のように車の乗らない人間でさえも、おそらくはスピードに興奮させられる特性があって、それがそのまま映画の面白さと直結しているような感覚に陥ってしまう。

それに巨大な組織や権力に対抗する人間のストーリーは、まさに映画の面白さの鉄板でもあるわけで、スピード感覚と反逆児のあわせ技で来るジェームズ・マンゴールドの『フォードvsフェラーリ』が面白くないわけがなかった。こんなモータースポーツの歴史があったのか、の知的好奇心をくすぐる部分も考えると、まさに王道の映画だった。

→ジェームズ・マンゴールド→マット・デイモン→アメリカ/2019→109シネマズ木場→★★★☆

監督:ポン・ジュノ
出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チョン・ジソ、 チョン・ヒョンジュン 、イ・ジョンウン、パク・ミョンフン、パク・ソジュン
原題:기생충
制作:韓国/2019
URL:http://www.parasite-mv.jp
場所:109シネマズ菖蒲

ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』は、昨年の第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルム・ドールを受賞した映画で、公開からTwitter界隈でも絶賛の声しか聞こえてこないほど評価が高い。となると、根っからの天の邪鬼な性分としては身構えて映画を観てしまう。

その『パラサイト 半地下の家族』は、ストーリーの展開に意外性があって、なるほど、これならみんなが面白いって云うはずだ、とはおもったのだけれど、身構えた角度から些細なところを指摘するならば、半地下の貧乏家族が金持ちの家族に取り入って行く過程があまりにもテキパキとしていて、聡明すぎやしねえか、との感想を持てしまった。それだけ状況に応じて的確に判断できる能力を兼ね備えているのならば、その貧乏生活からどっくに抜け出せただろうが、とはちょっとおもってしまった。

それに金持ち家族も、人を自宅に招き入れるセキュリティチェックが甘すぎて、今の時代ならばもうちょっと身辺調査とかするんじゃないのか? と細かなところが気にはなってしまう映画ではあった。

でも、そんなところは些細なところで、いまの韓国映画の勢いを代表する映画だった。まあ、韓国映画の場合、個人的にはナ・ホンジンのほうが好みではあるんだけど。

→ポン・ジュノ→ソン・ガンホ→韓国/2019→109シネマズ菖蒲→★★★☆

監督:リチャード・フェラン、ウィル・ベチャー
出演:
原題:A Shaun the Sheep Movie: Farmageddon
制作:イギリス、フランス/2019
URL:https://www.aardman-jp.com/shaun-movie//
場所:109シネマズ木場

「ひつじのショーン」シリーズは、ニック・パークの『ウォレスとグルミット、危機一髪』(1995)に登場した羊のショーンを主人公としたスピンオフ作品。「ウォレスとグルミット」シリーズのようなイギリス的なシニカルさはまったくないけれど、そのかわりに人間の登場人物でさえもセリフを排除して、しゃべったとしても意味不明の言葉にして、キャラクターの動きだけでストーリーを理解させようとしているのは、より子供向けの作品にしたことと、グローバルな戦略もあってのことだとおもう。でもそこが、まだサイレント映画だったころの、体の動きだけで表現しようとする映画の原初的な魅力をも兼ね備えているようで、観ていてとても楽しい。

個人的には「ウォレスとグルミット」シリーズのようなテンポの良さやスピード感が好みなのだけれど、観ていてよりほのぼのとした気持ちになるのは「ひつじのショーン」シリーズのほうではないかとおもう。

→リチャード・フェラン、ウィル・ベチャー→→イギリス、フランス/2019→109シネマズ木場→★★★

監督:オリヴィエ・アサイヤス
出演:ギョーム・カネ、ジュリエット・ビノシュ、ヴァンサン・マケーニュ、クリスタ・テレ、パスカル・グレゴリー
原題:Doubles Vies
制作:フランス/2018
URL:http://www.transformer.co.jp/m/Fuyujikan_Paris/
場所:ル・シネマ1

オリヴィエ・アサイヤスの新作は、老舗出版社の編集者と舞台女優の妻、そしてその出版社から私小説(のような小説)を出版している小説家と政治家の秘書をしている妻、この二組の夫婦を中心に、電子書籍やブログ、Twitter、Youtubeなどの流行のデジタルテクノロジーに翻弄されるフランスの出版業界と「互いの関係に新たな意義を見出し、受け入れ合う夫婦を語りたいと思った」(アサイヤス談)とを重なり合わせて描いているところが、まったくの想定外だったのでめちゃくちゃ面白かった。

とくに、従来からあるような私小説的な作品の扱いに苦慮する編集者が自社のデジタル化コンサルタントの若い女性と不倫して、さらにはアメリカ的な新しいテレビシリーズに進出している舞台女優がその私小説的なものを書いている小説家と不倫していると云う、「古いもの」と「新しいもの」が混沌としつつ、結局は既存の枠組みである「出版」や「舞台女優」や「夫婦」から抜け出せないでいる人間たちのドタバタ喜劇を見ているようで、可笑しくも身につまされるストーリーだった。

フランス人の(ちょっと上流の人たちの)生活には、友人知人や仕事関係の人たちと、外でのランチでも家でのディナーでも仕事の打ち合わせでも、集まってあーだこーだと議論を戦わせるのが一般的なのかなあ。そこでの会話劇にもなっているところが楽しかった。

→オリヴィエ・アサイヤス→ギョーム・カネ→フランス/2018→ル・シネマ1→★★★★