監督:バズ・ラーマン
出演:オースティン・バトラー、トム・ハンクス、オリヴィア・デヨング、ルーク・ブレイシー、ケルヴィン・ハリソン・Jr、コディ・スミット=マクフィー、ヘレン・トンプソン、リチャード・ロクスバーグ、デイカー・モンゴメリー、デビッド・ウェナム
原題:Elvis
制作:アメリカ/2022
URL:https://wwws.warnerbros.co.jp/elvis-movie/
場所:109シネマズ菖蒲

1977年8月16日にエルヴィス・プレスリーが亡くなったとき、日本でも大きな話題となったことを子供ながらにもよく覚えている。そして、本当はエルヴィスは生きている、なんてワイドショー的なネタがあったこともなぜか強く記憶している。でも、エルヴィス・プレスリーの曲は有名なもの以外は知らないし、彼の主演映画もなぜかすっかり無視していたので、なんとなく宙ぶらりんなイメージとして自分の中に存在している。

バズ・ラーマン監督が、いつもながらの強烈な色彩と熱量とスピード感で、そのエルヴィス・プレスリーの生涯を彼のマネージャーであったトム・パーカー大佐(トム・ハンクス)との関係を中心に映画化した。

この映画を観ることによって、自分のなかで宙ぶらりんな存在だったエルヴィス・プレスリーの人物像がくっきりとしてきた。いやあ、たとえ時代が作り上げたとしても、一時代を築きあげた人物には、そうなるような資質が備わっていて、運にも支えられて、とても魅力的な人物であることがよくわかった。とくに、白人でありながら黒人のように体をくねらせながらR&Bを歌うことへの反発を、まったく聞く耳を持たないと云わんばかりに真っ向から歯向かう姿勢を描いたところは、彼の人物像が明確になる特徴的なシーンだった。

ただ、もう一方のマネージャーのトム・パーカー大佐については、この映画ではじめて知った人物だったからか、いまいち明確な人物像が結べなかった。彼は何者だったんだろう? 単純にエルヴィスを搾取するだけの人物だったとはおもえなかった。彼だけの伝記映画も見たくなった。

→バズ・ラーマン→オースティン・バトラー→アメリカ/2022→★★★☆

監督:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:アラナ・ハイム、クーパー・ホフマン、エスティ・ハイム、ダニエル・ハイム、モルデハイ・ハイム、ドナ・ハイム、メアリー・エリザベス・エリス、マーヤ・ルドルフ、ベニー・サフディ、ショーン・ペン、トム・ウェイツ、ブラッドリー・クーパー
原題:Licorice Pizza
制作:アメリカ/2021
URL:https://www.licorice-pizza.jp/
場所:ユナイテッド・シネマ ウニクス南古谷

つい先日、WOWOWから録画したポール・トーマス・アンダーソンの『ファントム・スレッド 』を再見して、この不思議な、偏執的な男と女の愛のかたちを繊細に映像化できる彼のテクニックはすごいなあ、と再び感心していたばかりだった。その流れで『リコリス・ピザ』を観たら、これまた同じようなヘンテコな男と女の愛のかたちをテンポよく、丁寧に映像化していて、ああ、やっぱりポール・トーマス・アンダーソンは大好きな映像作家だなあ、と再確認してしまった。

でも『リコリス・ピザ』は、『ファントム・スレッド』や『ザ・マスター』のような尖ったタイプの映画ではなくて、彼の作品の中でも『ブギーナイ』や『パンチドランク・ラブ』のようなゆるいタイプの作品だった。どちらのタイプの作品も大好きなんだけれど、ゆる系の作品のほうが遊び感覚が満載で、とくに今回の『リコリス・ピザ』では彼の70年代への懐古が顕著に現れていて、当時の映画をちょこちょことオマージュしているところがめちゃくちゃ楽しかった。

そもそも主人公の少年ゲイリー(クーパー・ホフマン)のキャラクターがハリウッドのプロデューサー、ゲイリー・ゴーツマンがベースになっている、とか、三姉妹のポップロックバンド「HAIM」のアラナ・ハイムを見たらすぐさまバーブラ・ストライサンドをイメージできて、彼女主演の『スター誕生』のプロデューサー、ジョン・ピーターズをこの映画ではブラッドリー・クーパーが演じているとか、ショーン・ペン演じるベテラン俳優ジャック・ホールデンはウィリアム・ホールデンがモデルだとか、トム・ウェイツ演じる映画監督のベースはサム・ペキンパーだとか、そのようなメインどころの詳しい説明は以下のサイトを見れば良いので、

『リコリス・ピザ』徹底解説! 実在の人物・元ネタ・時代背景 あなたを1973年の夏に導く青春映画

そのほかの細かいところで、自分の映画遍歴とも結びつく70年代映画について考えてみた。

まずは1971年のハル・アシュビー『ハロルドとモード 少年は虹を渡る』。19歳のハロルド(バッド・コート)が79歳のモード(ルース・ゴードン)に恋愛感情を持つ部分が、その年齢差には足元にも及ばないものの、15歳のゲイリー(クーパー・ホフマン)が25歳(おもわず実際の年齢である28歳と云ってしまうシーンがある!)のアラナ(アラナ・ハイム)に恋愛感情を持つ部分が似ていて、モードがユダヤ人であることや、やたらと運転が上手いところもアラナとの共通点だった。

それから1979年のジョン・ハンコック『カリフォルニア・ドリーミング』。ゲイリーがアラナに対して「おっぱい見せて」って云うあたりは、やはりこの映画のグリニス・オコナーと結びついてしまう。おそらくはエイミー・ヘッカーリング『初体験/リッジモント・ハイ』(1982)が直接的に影響する映画(ショーン・ペンも出ている!)なんだろうけれど、自分としてはやっぱり『カリフォルニア・ドリーミング』。

そしてラストの、ゲイリーとアラナが走り寄って行って、やっぱりお前がいなきゃダメなんだ! って感じで抱きつくところ。このシーンには70年代の何かの映画が閃くけれど、その映画が何なのかさっぱりおもい出せない。うーん、ハーバート・ロス『グッバイガール』(1977)あたりかなあ。いや、もうちょっと若い男女の恋愛映画だったような気もする。続行考え中。

と云うように、もちろんベースは『アメリカン・グラフィティ』(1973)だし、『タクシードライバー』(1976)のようなシーンも出てくるし、アラナ・ハイムの風貌からバーブラ・ストライサンドの映画も見えて来るし、そのような70年代映画大好きの人間としてはとても楽しい映画だった。でも反対に、そんなベースの無い人にとって、この映画は面白かったんだろうかと考えて見るとそれはちょっと疑問だった。前後のシーンのつなぎなどをすっ飛ばしているこの映画は、ほとんどの人にとっては、なにがなにやら、だったかもしれない。どうなんだろう?

→ポール・トーマス・アンダーソン→アラナ・ハイム→アメリカ/2021→★★★★

監督:ジョセフ・コシンスキー
出演:トム・クルーズ、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー、ジョン・ハム、グレン・パウエル、ルイス・プルマン、エド・ハリス、ヴァル・キルマー
原題:Top Gun: Maverick
制作:アメリカ/2022
URL:https://topgunmovie.jp
場所:109シネマズ木場

1986年に公開されたトニー・スコット監督の『トップガン』をどこで観たんだろうかと調べてみると、1986年8月28日に行われた日本劇場での試写会でだった。日本劇場のような大きな映画館での試写会なので、おそらくはマスコミ試写で、当時勤めていた会社の中に回ってきた試写状だったと記憶している。

その1986年の『トップガン』を観た印象としては面白かったと云う記憶はまったくなく、ただ、テンポの早い映像カットとケニー・ロギンズやマイアミ・サウンド・マシーンやヨーロッパの曲とのコラボレーションがまるで当時のMTVのように相性バツグンだなと感じたくらいだった。だからサントラのCDをすぐさま買ってしまった。

あれから36年。その続編が、コロナの影響もあって伸びに伸び、やっと公開された。これほど長い時間、予告編を見せられた映画もほかに無いんじゃないかなあ。

その『トップガン マーヴェリック』を観た印象としては、これがとても面白かった。やっていることと云えばハリウッドのお手本のようなストーリー構成なんだけれど、その36年もの月日によって醸成されたノスタルジックを刺激する要素があちらこちらに上手く散りばめられていて、とくに実際にガンを患って声が出にくくなっているヴァル・キルマーを登場させるズルさによって涙腺崩壊は必至だった。これで、実際のメグ・ライアンも登場してきていたらおそらく卒倒していただろうとおもう。

トム・クルーズの、あの宗教から来るまやかしなのか、それとも天然なのか、まっすぐな誠実さを年に1回ぐらいの行事にしても良いのかも知れない。と云うことで、来年は『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』が来るらしい。

→ジョセフ・コシンスキー→トム・クルーズ→アメリカ/2022→★★★★

監督:ホン・サンス
出演:シン・ソクホ、パク・ミソ、キ・ジュボン、ソ・ヨンファ、キム・ミニ画、キム・ヨンホ、イェ・ジウォン、チョ・ユニ、ハ・ソングク
原題:Introduction
制作:韓国/2020
URL:https://mimosafilms.com/hongsangsoo/
場所:新宿シネマカリテ

ホン・サンスの映画がやってきた。と云う流れは、以前の「ウディ・アレンの映画がやってきた」と同じ流れ。残念ながらウディ・アレンの場合は途絶えてしまったけれど。

なので、しっかりとホン・サンスの映画を観に行く。『イントロダクション』と『あなたの顔の前に』と同時に2本も来たので、まずは『イントロダクション』から。

会話劇の醍醐味は、そこで語られる会話の内容だけで、登場人物たちの状況、関係性が次第に分かってくるところにあって、なんでもかんでもテロップやナレーションで説明してしまうようなドラマとは一線を画している。ホン・サンスの会話劇では、一つのシチュエーションと次のシチュエーションの時系列も曖昧になってくるので、そこを自分の中で組み立て直さなければならないパズルのような楽しさもあるからさらに楽しくなってくる。

いまのドラマでもアニメでもペラペラとしゃべりすぎるきらいがあるからなあ。それに慣れてしまってる人がホン・サンスの映画をいきなり観たらどうなるんだろう? わけが分からなくて、なんだこの映画は! と怒る人もいるかもしれない。そんな人たちに、この『イントロダクション』の楽しみ方を伝えたい!

→ホン・サンス→シン・ソクホ→韓国/2020→★★★☆

監督:湯浅政明
声:アヴちゃん(女王蜂)、森山未來、柄本佑、津田健次郎、松重豊
制作:“INU-OH” Film Partners/2022
URL:https://inuoh-anime.com
場所:MOVIXさいたま

湯浅政明監督のアニメーションはいつも刺激的で、型にはまらないところが見ていてワクワクする。そのすべてが好みと云うわけではないんだけれど、でも、似たようなアニメーションが多い中で、そのチャレンジ精神には感服するばかりだ。

新作の『犬王』は、南北朝から室町期に活躍した能楽師・犬王(道阿弥)に題材をとった古川日出男の2017年の小説『平家物語 犬王の巻』を原作としたアニメーション。当時、大衆に人気だった能楽師のイメージをいまの(と云うか70年代とか80年代?)のロックスター風に置き換えて、その舞い(ダンス)を古さと新しさを融合させたようなイメージで自由に表現しているところがこの映画のポイントだった。

とにかく犬王や友有(ともあり、友魚(ともな)→友一(ともいち)→友有と変化していく)の舞いや演奏のシーンに時間の多くが割かれていて、そこでノレるか、ノレないかで、この映画の好みが別れてしまうとおもう。残念ながら自分はノレなかった。いつも湯浅政明が大切にするリズム系の部分と、得体の知れないキャラクターを魅力的に見せる部分のバランスが、ちょっとリズム系に寄ってしまった残念さはあった。まあ、でもそれは個人的な感覚の問題で、湯浅政明はやっぱりすごかった。次回作も楽しみ。

→湯浅政明→(声)アヴちゃん(女王蜂)→“INU-OH” Film Partners/2022→MOVIXさいたま→★★★

監督:ロマン・ポランスキー
出演:ジャン・デュジャルダン、ルイ・ガレル、エマニュエル・セニエ、グレゴリー・ガドゥボワ、マチュー・アマルリック、メルヴィル・プポー、ヴィンセント・グラス
原題:J’accuse
制作:フランス、イタリア/2019
URL:https://longride.jp/officer-spy/
場所:TOHOシネマズシャンテ

1894年にフランスで起きたユダヤ人のアルフレド・ドレフュスによるスパイ事件のことを世界史で習ったわけでもないのになんとなく知っていた。おそらくは1937年に作られたウィリアム・ディターレ監督の『ゾラの生涯』でこの事件を認識したのだとおもう。そう考えると世界史の知識って、学校で習ったことよりも外国映画で習ったことのほうがめちゃくちゃ多い。

『ゾラの生涯』では小説家のエミール・ゾラからの視点でドレフュス事件を見ることができたのだけれど、ロマン・ポランスキーの『オフィサー・アンド・スパイ』ではアルフレド・ドレフュスの冤罪を内部告発しようとしたジョルジュ・ピカール大佐からの視点で見ることができる。もちろん『オフィサー・アンド・スパイ』にもエミール・ゾラが登場して、この2つの映画をリンクさせることによってアルフレド・ドレフュスがスパイ行為を行っていなかったことをしっかりと確認することができる。

この冤罪事件が起きた背景には欧米に根付いてしまったユダヤ人への差別があって、それがフランス軍と云う組織全体によって行わてしまった残酷さにあった。そして、冤罪を新聞にて告発したエミール・ゾラはイギリスに亡命せざるを得なくなり、ジョルジュ・ピカール大佐はチュニジアへ配置転換されたあとに陸軍と参謀本部を誹謗した罪で逮捕されてしまう。『オフィサー・アンド・スパイ』では、ジョルジュ・ピカール大佐の正義を貫く真摯な態度に終始カメラが向けられていて、その頑なな態度を応援する感情が起きるとともに、そこまでしなくても、の感情が芽生えてしまう自分の弱さをも突きつけられる映画だった。

この映画のラスト近くに、名誉が回復したジョルジュ・ピカールのもとに、やはり軍への再入隊を許可されたアルフレド・ドレフュスが訪ねてくるシーンがあった。あなた(ピカール)に比べて私(ドレフュス)の再入隊後の昇進は十分ではない、と云う告発のためだった。このシーンがとても気になった。一件落着へと収束したあとの、この揺り戻しは何だったんだろう? ここにロマン・ポランスキーが歩んできた人生へのわだかまりが凝縮しているような気がしてしまった。ポランスキーも88歳。彼の過去のことは、それが事実なのかそうでないのかにかかわらず、もう充分に名誉を回復させても良い時期なんじゃないのかなあ。

→ロマン・ポランスキー→ジャン・デュジャルダン→フランス、イタリア/2019→★★★★

監督:アスガル・ファルハーディー
出演:アミール・ジャディディ、サハル・ゴルデュースト、モーセン・タナバンデ、フェレシュテー・サドル・オーファン、サリナ・ファルハーディー、マルヤム・シャーダイ、アリレザ・ジャハンディデ
原題:قهرمان
制作:イラン、フランス/2021
URL:https://synca.jp/ahero/
場所:キネマ旬報シアター

アスガル・ファルハーディーの映画が面白いのは、イラン映画であると云う先入観から、日本人の我々とは違う価値観のイスラム社会の出来事を描いているのかとおもって見始めても、なんのことはない、その内容は日本でも簡単に起きうるちょっとした人間同士の諍いを描いるところだった。まずはそのギャップから映画の内容に引き込まれてしまう。それも、簡単な善悪の図式だけを描いているのだけではなくて、主人公側にも非があるのではないかと徐々に明らかになって行く過程がとても面白い、と云うか、怖い。

今回の『英雄の証明』でも、主人公の元看板職人ラヒム(アミール・ジャディディ)が別れた妻の兄とのあいだで借金トラブルを起こしてしまうことがストーリーの発端。そこにラヒムの婚約者ファルコンデ(サハル・ゴルデュースト)が金貨が入ったバッグを拾ったことで、それで借金問題を解決すべきか、それとも正直に落とし主に返すべきかの選択に迫られるのが次への展開。彼は正直にも落とし主に金貨を返すことを選択するが、そのことが想像もつかない事態へと転がって行く。

主人公のラヒムが悪い人間でないことはあきらかだった。ただ、見るからに地に足がついていない雰囲気を発散していた。だから、正しい選択をしたとしても、その浮ついた部分にズレが生じてしまって、それが積み重なるとおかしな方向に事態が転んでしまう。そんな人間だった。これって日本の、我々の周りにもいるようなあ、とおもい当たってしまう。自分にはどうして悪いことばかり起こるのだろう? と嘆いている人。それって、相手の非ばかりを責めて、自分の行動を冷静に分析できない人に多い。まあ、頭に血が上ったときの自分の行動でもあるのだけれど。

ラヒムに自分を重ね合わせることができるかどうか? それがこの映画の最大のポイントのような気がする。

→アスガル・ファルハーディー→アミール・ジャディディ→イラン、フランス/2021→★★★★

監督:樋口真嗣
出演:斎藤工、長澤まさみ、有岡大貴、早見あかり、田中哲司、山本耕史、岩松了、長塚圭史、嶋田久作、益岡徹、山崎一、和田聰宏、西島秀俊
制作:円谷プロダクション、東宝、カラー/2022
URL:https://shin-ultraman.jp
場所:109シネマズ木場

『シン・ウルトラマン』の脚本を書いた庵野秀明や監督の樋口真嗣とはほとんど同じ世代なので、彼らがウルトラマン・シリーズに見せるリスペクトにはまったくもって共感できてしまう。だから、この映画も大変楽しく見させてもらった。特に、実相寺昭雄が撮るようなアングルの繰り返しは、あまりにもリスペクトの度を越し過ぎているので、もはやコメディにしか見えなかった。まあ、そんなところも共感してしまう大きな要素の一つだったんだけれども。庵野(の指示があったかどうか知らないけれど)はつくづく実相寺昭雄のアングルが好きなんだなあ。

実相寺昭雄は「ウルトラマン」で6つの回を、「ウルトラセブン」で3つの回を演出している。その合計9つの回の中でも特に好きなのがやっぱり「ウルトラセブン」の第43話「第四惑星の悪夢」。宇宙人に支配されている団地の人々がとても不気味で、感情を押し殺して生活をせざるを得ない人々の恐怖を子供ながらにも感じることができたのは実相寺昭雄の演出力の凄まじさだった。

この「第四惑星の悪夢」が代表されるように、「ウルトラセブン」は「ウルトラマン」よりも暗い色調のものが多く、地球へ侵略に来る宇宙人への恐怖を煽るストーリーが多かった。他にも、第6話「ダーク・ゾーン」のペガッサ星人、第8話「狙われた街」のメトロン星人、第42話「ノンマルトの使者」のノンマルト、第45話「円盤が来た」のペロリンガ星人などが特に大好きで、子供の頃に脳裏に焼き付いた宇宙人への恐怖のイメージは今でもありありとおもい出せてしまう。考えてみるとそれらの回は、侵略に来る宇宙人側の悲哀も同時に描かれていて、ストーリーに厚みを持たせているところも子供ながらにも感じ取っていたんだろうともう。

怪獣出現が主なテーマだった「ウルトラマン」に対して、侵略の意図を持った宇宙人との対立がテーマだったのが「ウルトラセブン」だとすると、今回の『シン・ウルトラマン』はすべて「ウルトラマン」の怪獣、宇宙人だったとしても、後半のザラブ星人、メフィラス星人の印象がとても強く、「ウルトラセブン」もイメージさせる内容になっていたような気もする。全体的な暗めのトーンと、神永新二( 斎藤工)とメフィラス星人(山本耕史)が酒を酌み交わすシーンにはおもわずメトロン星人のちゃぶ台シーンをも重ねてしまったことを考えれば、「ウルトラマンセブン」好きにとってはこれは『シン・ウルトラセブン』だった。

この庵野秀明による新しいウルトラ・シリーズ(「ウルトラセブン」をベースにしたものであるとうれしい)は、映画で公開すると云うよりも、配信系でドラマとして数話に渡ってやってほしいなあ。

自分の後ろの席で、父親と息子の親子がこの映画を見に来ていた。映画が終わってからその息子が「なんだかわけがわからなかった」と云っていた。そりゃそうだ、この映画は子供向きの映画ではまったくなくて、むかしウルトラシリーズを楽しんだものだけに向けた映画だったからだ。子供にとってはちょっと酷な映画だった。

→樋口真嗣→斎藤工→円谷プロダクション、東宝、カラー/2022→109シネマズ木場→★★★★

監督:サム・ライミ
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン、キウェテル・イジョフォー、ベネディクト・ウォン、ソーチー・ゴメス、マイケル・スタールバーグ、レイチェル・マクアダムス
原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness
制作:アメリカ/2022
URL:https://marvel.disney.co.jp/movie/dr-strange2.html
場所:ユナイテッド・シネマ浦和

サム・ライミがマーベルの映画に帰ってきた。スパイダーマンではなくて、ドクター・ストレンジの第2作目で。

サム・ライミの『死霊のはらわた』と『死霊のはらわたII』を観たとき、たしか名画座の二本立てで観たような気もする、ホラー映画のジャンルでありながらも少しコメディにも寄っていて、グロテスクさが度を越せば笑いにも転じることを知らしめてくれた映画でもあった。「死霊のはらわた」シリーズの3作目『キャプテン・スーパーマーケット』はもう完全にコメディに転じていて、それだけにとどまらず、SFやファンタジーにも展開して、サム・ライミがやりたいことをすべてぶち込んでいるような楽しい映画になっていた。

サム・ライミ監督の『スパイダーマン』第1作目を映画館で観たとき、「スパイダーマン」と云うアメリカン・コミックを知ってはいても読んだことがなかったので、ただの「スーパーヒーローもの」だろうとしか認識がなかった。なので、サム・ライミが監督する意義がどこにあるのかよくわからなかった。ところがその内容は、ヒーローが悪を退治するだけのあっけらかんとしたものだけではなかった。いじめを受けている少年が特殊能力を授かる設定だったり、親友の父がビランになってしまったりと、人間のネガティブな部分を描く場面が多分にあったので、そのダークな部分とスーパーヒーローのライトな部分、この明暗を融合させて笑いやアクションも含ませた総合エンターテインメントを撮れる監督としてサム・ライミがぴったりだった。

今度の『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』も『スパイダーマン』と同様に、と云うかMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画はどれも、サム・ライミが監督としてぴったりだった。特に今回はダークな要素が多く描かれるので、そこは「死霊のはらわた」シリーズを彷彿とさせるところだった。でも、なんだろう? MCUの映画はどれも似たようなテイストになってしまっていて、それはVFX部分が同じようなテンションで描かれるからだろうか? サム・ライミが監督をしている意義をあまり感じられなくなってしまった。それはクロエ・ジャオの『エターナルズ』にも感じたことだった。

たぶん、もう、MCU映画に飽きてきているんだろうなあ。ここらで小休止、なにか違うテンションのMCU映画が欲しい。

→サム・ライミ→ベネディクト・カンバーバッチ→アメリカ/2022→★★★☆

監督:マイク・ミルズ
出演:ホアキン・フェニックス、ギャビー・ホフマン、ウディ・ノーマン、モリー・ウェブスター、ジャブーキー・ヤング=ホワイト、スクート・マクネイリー
原題:C’mon C’mon
制作:アメリカ/2021
URL:https://happinet-phantom.com/cmoncmon/
場所:TOHOシネマズ日比谷

最近、文京区の小学6年生のプログラミング授業にサポートとして入っていたりする。なので、いろんな子供たちと接する機会が増えていて、いまどきの子供をつぶさに観察することができるところがとても面白い。で、自分の小学生のころと何が同じで、何が違っているのか、そこを考えたりもするのだけれど、子供のころの記憶があまりにも曖昧なので、しっかりと比較することができない。でも、なんとなく、自分のころよりも複雑な子供が増えているような気もする。とても感受性が強くて繊細で、自分の世界を作り上げていて、その中で生きているような子供。そんな子供は昭和にも居たのかもしれないけれど、この情報過多の込み入ったややこしい時代には増えているんじゃないのかな、と云う感覚がしている。

マイク・ミルズ監督の『カモン カモン』に出てくる少年ジェシー(ウディ・ノーマン)はそんな感じの少年だった。二重人格のように別人格を演じてみたり、大人顔負けの本質をつく質問をしてきたり、ハッとするような美しい詩のようなものを云ったりする。父親が精神を病んでいる設定もあってか、遺伝がそうさせているのか? とおもわせるところが常軌を逸する混乱を予想させて、ハラハラ・ドキドキしながら少年ジェシーの行動を見守ることになった。

その少年ジェシーに対するホアキン・フェニックスが演じる伯父のジョニーが素晴らしかった。ひょんなことから妹の子供を預かることになったジョニーは、奇想天外な行動をするジェシーに手を焼きながらも、彼を理解しようと努力し、ときには怒りをぶつけながら、ときには自分の失態に許しを請いながら、次第に彼の心に寄り添うようになって行く。その過程の描き方がこの映画の一番の醍醐味だった。

いまどきの子供たちに接する方法は、昔のように頭ごなしに怒鳴りつけるようなシンプルなものではまったくダメで、その子供の傾向を見極めた上での細やかな対応を見せなければならない。この映画のホアキン・フェニックスは、全米各地で子供たちにインタビューを行っているドキュメンタリー作家であるからこそ、いろいろな子供の思考パターンを経験として得ていた有利性はあったとおもう。でも、普通の親がこれほどの対応を見せられるかと云えば、それは絶対に無理だ。スクールソーシャルワーカーなみの子供の心理についての勉強をする必要性を感じてしまう。いやあ、難しい時代になってきている。子供にとっても、親にとっても。

→マイク・ミルズ→ホアキン・フェニックス→アメリカ/2021→★★★★