監督:クロエ・ジャオ
出演:フランシス・マクドーマンド、デヴィッド・ストラザーン、リンダ・メイ、シャーリーン・スワンキー、ボブ・ウェルズ
原題:Nomadland
制作:アメリカ/2021
URL:https://searchlightpictures.jp/movie/nomadland.html
場所:Movixさいたま

いまの経済至上主義の世の中で、そこからあぶれた人たちが絶対的な敗者なのかと云えば、どこに価値観を見出すかで様相がまっく変わってしまうので、世間のお金にまつわる煽りに便乗する気もない人たちにとっては、そんなことでマウンティングしてくる人たちこそ、何かに魂を奪われてしまった敗者に見えるに違いないとおもう。

クロエ・ジャオ監督の『ノマドランド』に出てくるフランシス・マクドーマンドが演じるファーンは、2008年に起きたリーマンショックによる経済危機によって、キャンピングカーによるノマド(放浪暮らし)を余儀なくされてしまう。夫に先立たれた彼女は、まるで季節労働者のようにAmazonの倉庫などでパートとして働きながら生計を立てて、同じようなノマド生活をする先人たちの考えや哲学に耳を傾けながら、自分なりのノマド生活を実践して行く。

そんなファーンを心配した姉が自分の家に招いて、一緒に暮らさないか、と話しを持ち出すシーンがあった。ちょうど姉の夫の友人たちが遊びに来ていて、食事のときの株式や投資ファンドの話題が気に食わないファーンは、その座をしらけさせてしまう。そこで彼女は、多くの人たちが「常識」とするものを「常識」として受け入れることのできない自分がいることに気づいたのだとおもう。

自分が以前に住んでいたネバダ州の企業町エンパイアの雄大な砂漠を見るファーンの姿で映画は締めくくられる。ノマドの人たちがめぐり逢う雄大な自然に価値観を見出すのか、株価やファンドで儲けたお金でモノを買うことに価値観を見出すのか、自分はどっちだろうと考えたときに、前者である、と云いたいところだけれど、後者にも足を踏み込んでしまっているのは間違いないし、宙ぶらりんの状態にいる自分がいつももどかしい。

→クロエ・ジャオ→フランシス・マクドーマンド→アメリカ/2021→★★★★

監督:庵野秀明(総監督)、鶴巻和哉、中山勝一、前田真宏
声:緒方恵美、神木隆之介、林原めぐみ、宮村優子、坂本真綾、三石琴乃、 山口由里子、石田彰、立木文彦、清川元夢、山寺宏一
制作:スタジオカラー/2021
URL:https://www.evangelion.co.jp/final.html
場所:109シネマズ木場

庵野のエヴァンゲリオンがついに完結した。

最初の「新世紀エヴァンゲリオン」の第弐拾伍話、最終話を見て、えっ? 人類補完計画ってなんだったの? になってから何年になるんだろう? おそらくは、庵野自身の中にあったエヴァンゲリオンの構想を一つのTVシリーズとしてうまくまとめ切れずに、落とし所を失った結果があの最終回だったんだろうとおもう。

3月21日にNHKで放送された「プロフェッショナル 仕事の流儀 庵野秀明スペシャル」の中で、面白さを追い求めるあまり、他人を追い込み、自身をも追い込む庵野の姿勢を見て、ああ、こんな制作姿勢じゃ、週イチのアニメーション放送でうまくストーリーをまとめ切れるはずがなかったなあ、とあらためておもってしまった。

そして、エヴァンゲリオンを完結させるべくして走り出した新劇場版が、序、破、Qと来て、ついにラストの「シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇」にたどり着いた。さあ、うまくまとめきれたのか、と姿勢を正して観に行ったら、ああ、うん、まとまってた。そして終わってた。でも、「プロフェッショナル 仕事の流儀 庵野秀明スペシャル」の中で庵野が追求していた「今までにないもの」「面白いもの」だったのか、と云われれば、うーん、面白いような気がする、レベルの映画だった。どちらかと云えば「終わらせなければいけない」「ここで一区切りつけなければならない」のほうがまさっていたような気がしてならない。

「プロフェッショナル 仕事の流儀 庵野秀明スペシャル」のラストで、庵野がスタッフに「終わりました」と報告したときに、みんなから拍手で迎えられたシーンを見て、TVシリーズ「新世紀エヴァンゲリオン」の最終話とダブってしまった。「シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇」が面白かったかどうかなんてもう関係なかった。ありがとう、庵野秀明、と拍手を送るのが正しい終わり方だった。

→庵野秀明(総監督)、鶴巻和哉、中山勝一、前田真宏→(声)緒方恵美→「スタジオカラー/2021→109シネマズ木場→★★★☆