監督:ジョエル・コーエン
出演:デンゼル・ワシントン、フランシス・マクドーマンド、コーリー・ホーキンズ、ブレンダン・グリーソン、ハリー・メリング、バーティ・カーヴェル、キャスリン・ハンター
原題:The Tragedy of Macbeth
制作:アメリカ/2021
URL:
場所:シネ・リーブル池袋

シェークスピアの「マクベス」を映画化した作品と云えばロマン・ポランスキーの『マクベス』(1971)が大好きで、それはロマン・ポランスキーの妻シャロン・テートが惨殺されたあとすぐの映画として、序盤に登場する3人の魔女の予言に必要以上に悪魔的なものを感じてしまった結果の面白さだったのかもしれない。まあでも、とにかく、この魔女の登場シーンからダンカン王と家臣が登場するまでの冒頭のシーンは、不気味で、幻想的で、その後のマクベスの運命を予兆させるシーンとして素晴らしかった。

AppleとA24が制作したジョエル・コーエンの『マクベス』は、その3人の魔女のイメージがさらに悪魔的だった。野田秀樹の舞台にも出演している舞台俳優のキャスリン・ハンターが3人の魔女をひとりで演じていて、彼女の体の柔らかさから来るのだろう腕と足が不自然に絡まっているように見える魔女のイメージは、ポランスキー版『マクベス』と同じように不気味で、幻想的で、この映画の全体的なトーンを決定づける素晴らしい演技だった。

魔女の登場するシーンが方向づけたこの映画の視覚的な基調は最後まで貫かれていて、狭い空間で繰り広げられながらも人の顔のアップを多用した撮影は、演劇的な空間を重んじながらも映画的な空間も損なわない作りになっていた。どこにあって、どのような場所なのかわからない空間は閉塞感を漂わせ、恐怖さえも感じさせるのだけれど、俳優の表情に現れる人間の業の深さは普遍的なものも感じさせて、どちらかと云えば安心感も持ってしまった。

ポランスキー版『マクベス』が公開されたときに話題になった残酷的な描写や、原作では脇役であるロスを重用しているシナリオは、このコーエン版『マクベス』にも引き継がれていた。それだけポランスキー版『マクベス』が与えた影響は大きかったんだとおもう。でも、そのイメージの斬新さからコーエン版『マクベス』も素晴らしい映画だった。

→ジョエル・コーエン→デンゼル・ワシントン→アメリカ/2021→★★★★