ハンナ・アーレント

監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
出演:バルバラ・スコバ、アクセル・ミルベルク、ジャネット・マクティア、ユリア・イェンチ、ウルリッヒ・ノエテン、ミヒャエル・デーゲン
原題:Hannah Arendt
制作:ドイツ・ルクセンブルク・フランス/2012
URL:http://www.cetera.co.jp/h_arendt/
場所:吉祥寺バウスシアター

伝記映画の一つの手法として、その人の生涯の中でもとりわけて重要な事件に焦点を当てて、そこから人物像を浮かび上がらせる方法があるんだけど、この『ハンナ・アーレント』は、彼女が1961年にイスラエルで行われたナチス戦犯アドルフ・アイヒマンの裁判を傍聴し、ザ・ニューヨーカー誌に「彼は思考を停止した凡人にすぎない」とレポートを書いたことから世論から糾弾された事件にフォーカスを当てた映画だった。沈思黙考することもなしに感情をむき出しにしてハンナ・アーレントを攻撃する人々を、思考を停止して仕事をこなしたアドルフ・アイヒマンと重ね合わせて、いかに「思考すること」が大切なことなのかを明らかにして行く手法はとても巧かった。生涯をジェットコースターのように突っ走る伝記映画よりも、この映画のようにしっかりとしたテーマを中心に置いて描く伝記映画のほうが断然に面白い。

一般大衆がいっときの感情によって反射的に批判的な言動をする行為は、情報過多のいまの時代にこそ顕著になって来ていて、最近でもテレビ番組やコマーシャルや、コンビニの弁当にまで! 及んでいる。その点においてもまったくタイムリーな映画だった。

→マルガレーテ・フォン・トロッタ→バルバラ・スコバ→ドイツ・ルクセンブルク・フランス/2012→吉祥寺バウスシアター→★★★★

もらとりあむタマ子

監督:山下敦弘
出演:前田敦子、康すおん、伊東清矢、中村久美、富田靖子、鈴木慶一
制作:『もらとりあむタマ子』製作委員会/2013
URL:http://www.bitters.co.jp/tamako/
場所:新宿武蔵野館

AKB48には興味がないけど、渡辺麻友や柏木由紀や篠田麻里子が上位に来るのは理解できる。大島優子も最初は理解できなかったけど、『闇金ウシジマくん』を見てからは、ひらひら衣装のアイドルよりは素のほうが断然良いじゃん、と理解するようになって来た。でも、前田敦子だけはどうしても理解できない。どこが良いのかさっぱりわからない。どうして彼女がダントツのNo.1だったんだろう。自分とアイドルヲタの人たちとそこまでアイドルを見る視点が違うものなんだろうか。(ポット出版から出ている岡田康宏「アイドルのいる暮らし」を読んでもそんなに違いは感じられないんだけど)

山下敦弘監督の『苦役列車』に続いてスクリーンでの前田敦子を観たわけだけれども、『苦役列車』よりは良かったとおもう。でも、AKB48総選挙1位と云う肩書きが無くてもスクリーンテストに合格するようなビジュアルなのかは、やっぱり、疑問だ。ごめん。映画は良かったです。

→山下敦弘→前田敦子→『もらとりあむタマ子』製作委員会/2013→新宿武蔵野館→★★★☆

かぐや姫の物語

監督:高畑勲
声:朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、古城環、中村七之助、橋爪功、朝丘雪路、仲代達矢
制作:スタジオジブリ/2013
URL:http://kaguyahime-monogatari.jp
場所:109シネマズ木場

高畑勲と云えば世界名作劇場のアニメーション「赤毛のアン」で、「赤毛のアン」と云えば高畑勲が演出をして、近藤喜文がキャラクターデザイン・作画監督をして、宮崎駿が場面設定・画面構成をした世界名作劇場のアニメーションなわけで、それ以外は考えようもないほどに自分の中では固定してしまっている。もちろん高畑勲には『火垂るの墓』があるわけだけれども、それでもやっぱり「赤毛のアン」以外には考えられない。

この『かぐや姫の物語』は、高畑勲の演出作品としては『ホーホケキョとなりの山田くん』以来の14年ぶりの長編アニメーションになるわけだけど、考えてみたら『平成狸合戦ぽんぽこ』も『ホーホケキョとなりの山田くん』も観ていない。やはり「赤毛のアン」を基本とした場合に、この二つの映画にまったく魅力を感じなかったからだろうとおもう。

でも今回は宣伝効果も手伝って、内容的にも観ようと云う気にさせられたので映画館に足を運んでみた。

『火垂るの墓』と同様に素晴らしい映画だった。1コマごとのクオリティの高さはまるでユーリ・ノルシュテインやフレデリック・バックの短編アニメーションを見ているようだった。ただ、公開からだいぶ時間が経ってしまったので、そのあいだにいろんな情報が、知らなくても良いような情報が入って来てしまったので、そのような芸術的な短編アニメーションと同等のクオリティを求める劇場長編アニメーションと云うものの意味を考えられずには観られなかった。

知らなくても良いような情報とは以下のようなblogの記事。

高畑勲監督作品『かぐや姫の物語』が出来るまで – 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記

途中から出典が不明確になってしまうblogではあるのだけれど、以下のインタビューなども合わせて読めば、まあ、現場はめちゃくちゃ大変だったのではないだろうかと想像できる。

【私の時間 シネマ】日常を懸命に生きる大切さを 「かぐや姫の物語」プロデューサー語る

高畑勲は素晴らしい演出家ではあるとおもうんだけど、その気難しさが作品そのものにそのまま出てしまっているような気がして、なぜか「赤毛のアン」以外は愛着を感じることができない。そうだとすると「赤毛のアン」は何だったんだろう? 当時の世界名作劇場と云うアニメーションの制作状況が何か不思議な化学作用を起こさせていたんだろうか。

→高畑勲→(声)朝倉あき→スタジオジブリ/2013→109シネマズ木場→★★★☆

ゼロ・グラビティ

監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、エド・ハリス(声のみ)、ファルダット・シャーマ、エイミー・ウォレン
原題:Gravity
制作:アメリカ/2013
URL:http://wwws.warnerbros.co.jp/gravity/#/home
場所:ユナイテッドシネマとしまえん

ネットの予告編を見た時から、宇宙空間を浮遊する無重力感と視点移動のダイナミックさにいやがうえにも期待が高まっていた『ゼロ・グラビティ』だけど、そんな中途半端な期待感を軽く越えるほどの出来栄えの良さだった。しかも3Dの効果が素晴らしく、破壊された人工衛星の破片が映画を観ているこちらに向かってバチバチとぶつかってくる感覚は、おもわず身体をよけてしまうくらいだった。いや、そんな見せ物としての3D効果だけではなくて、地球に帰ってきたサンドラ・ブロックが、ようやく岸にたどり着いて浜辺に倒れ込むシーンの奥行き感がまた効果抜群だった。宇宙船の中の胎児が、成層圏と云う産道を通って、広々とした空間に生まれ落ちる生命体を感じさせる感動的なシーンだった。

このように全体的には『2001年宇宙の旅』を意識させるシーンの連続だったけど、地球側のオペレーターとしてエド・ハリスが声だけで出演していたのも嬉しかった。エド・ハリスと言えば『ライトスタッフ』で、アメリカ初の地球周回軌道を飛行したジョン・グレンを演じていた。サンドラ・ブロックが地球に再突入するシーンは、このジョン・グレンの再突入シーンとまったくオーヴァーラップしてしまった。

それから、絶体絶命のサンドラ・ブロックが懸命にヒューストンと連絡を取ろうとした時に、おもわず地球の電波を受信してしまうシーンがあった。相手が何語をしゃべっているのかまったくわからないが、名前が「アニンガ」であることを理解し、一緒に聞こえてくる犬の鳴き声や赤ん坊の泣き声に癒されるシーンがあった。この地球側のシークエンスをアルフォンソ・キュアロン監督の息子、ホナス・キュアロンがスピンオフとして撮っていた。これは面白い。

→アルフォンソ・キュアロン→サンドラ・ブロック→アメリカ/2013→ユナイテッドシネマとしまえん→★★★★

清洲会議

監督:三谷幸喜
出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、阿南健治、染谷将太、篠井英介、戸田恵子、梶原善、瀬戸カトリーヌ、近藤芳正、浅野和之、中村勘九郎、天海祐希、西田敏行
制作:フジテレビジョン、東宝/2013
URL:http://www.kiyosukaigi.com/index.html
場所:109シネマズ木場

WOWOWで昨年末に放送された三谷幸喜のドラマ「大空港2013」は面白かった。地方の小さな空港で繰り広げられる家族5人+伯父+父親の愛人+娘の婚約者+空港職員+詐欺師のドタバタ喜劇は、まさに三谷幸喜ワールドが全開だった。やっぱり三谷幸喜は根っからの演劇人で、コンパクトなシチュエーションの中でストーリーを展開させて行くのにものすごく長けている。それは「やっぱり猫が好き」や「古畑任三郎」から続くテレビドラマには充分に生かされていて、特に「王様のレンストラン」は日本のテレビドラマ史上のベストの作品じゃないかとおもうくらいだ。

ところが映画となると、処女作の『ラジオの時間』はまだしも、その後の作品がまったく面白くない。笑えないのだ。笑ったとしても、クスリ、ぐらいだ。この『清洲会議』もすべてがダダ滑りしている。笑わせようとしているところが空回りしている。それなのに、まったく必要のないシークエンスも追加し放題。途中に何度も差し挟む阿南健治の滝川一益が必至で清洲会議へ駆けつけるくだりはいったい何の意味があるんだろう。天海祐希の忍びが大泉洋の羽柴秀吉を襲うくだりもまったくいらない。冗長になるだけだ。

三谷幸喜はもっとコンパクトな映画を作るべきだとおもう。出来たら1時間30分くらいのプログラムピクチャーを撮るべきだ。でも周りがそうさせないんだろうなあ。フジテレビと組むことによって三谷幸喜が死んでしまっている。

→三谷幸喜→役所広司→フジテレビジョン、東宝/2013→109シネマズ木場→★★

今年、映画館またはホールで観た映画は83本だった。良かった映画は次の通り。

ホビット 思いがけない冒険(ピーター・ジャクソン)
ゼロ・ダーク・サーティ(キャスリン・ビグロー)
奪命金(ジョニー・トー)
ザ・マスター(ポール・トーマス・アンダーソン)
ウィ・アンド・アイ(ミシェル・ゴンドリー)
天使の分け前(ケン・ローチ)
スプリング・ブレイカーズ(ハーモニー・コリン)
女っ気なし(ギョーム・ブラック)
地獄でなぜ悪い Why don’t you play in hell?(園子温)
悪の法則(リドリー・スコット)

この中では『ザ・マスター』が一番良かったかなあ。『女っ気なし』も好い。
公開映画ではないので除外したけど山形国際ドキュメンタリー映画祭で観た『殺人という行為』(ジョシュア・オッペンハイマー)も素晴らしかった。

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

監督:ジム・ジャームッシュ
出演:トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、ジョン・ハート、アントン・イェルチン
原題:Only Lovers Left Alive
制作:アメリカ/2013
URL:http://onlylovers.jp
場所:新宿武蔵野館

ヴァンパイアの出てくる映画がどれもこれも退廃的でアンニュイで耽美なイメージになってしまうのは、ヴァンパイアの特徴である、不老不死、吸血、弱日光、があるからどうしてもそうならざるを得ないのかもしれないけれど、いくらなんでも同じイメージばかりで厭きが来てしまっているのは否めない。でも、ヴァンパイア好きを公言してはばからない私は、他のヴァンパイア映画との小さな差異を目ざとく見つけて、そこに面白さを見出す、たゆまない努力を常に心がけている。

まずは、ティルダ・スウィントンの“イヴ”のビジュアルが良かった。最近のヴァンパイア映画には子どもやティーンエイジを主人公としているものが多かったので、トニー・スコット監督『ハンガー』のカトリーヌ・ドヌーヴ以来の久しぶりの美しい女性ヴァンパイアが出てきたんじゃないかとおもっている。(ヴァンパイア・ハンターものを除く)

次に、ヴァンパイアには欠かせない血液を輸血用血液製剤で賄っているところが面白かった。問題は、どうやって入手ルートを確保するかだろうけど、トム・ヒドルストンの“アダム”はミュージシャンとして成功していて、お金がふんだんに有り余っているのでそれはどうにでもなることだった。“アダム”がシューベルトの時代からミュージシャンとしての才能を発揮している設定は、ジョン・ハートの“マーロー”がシェークスピアの時代から文学的才能を発揮させている設定と共に、例えヴァンパイアになって不老不死を獲得したとしても、生き長らえるにはやはりそれなりの才覚や世渡り、時代への適応力が必要であることを匂わせているところも良かった。

“アダム”がアントン・イェルチンに木製の銃弾を作らせるシーンも斬新だった。 ヴァンパイアと云えば銀の銃弾をまずは発想するんだろうけど、そこは「狼男」と微妙に混ざってしまっている。ヴァンパイアならば木の杭で、それを心臓に突き刺すことによって不死に終わりを迎えることが出来るので、そこから来ている木製の銃弾なのだろう。

最近のヴァンパイア映画では『モールス』に次ぐ面白さだったが、はたしてヴァンパイア好きではない人の目にこの世界がどう映るのか。たぶん、退屈なんじゃないかとおもう。

→ジム・ジャームッシュ→トム・ヒドルストン→アメリカ/2013→新宿武蔵野館→★★★☆

キャプテン・フィリップス

監督:ポール・グリーングラス
出演:トム・ハンクス、バーカッド・アブディ、バーカッド・アブディラマン、ファイサル・アメッド、マハト・M・アリ、マイケル・チャーナス、キャサリン・キーナー、デヴィッド・ウォーショフスキー、コーリイ・ジョンソン、クリス・マルケイ、ユル・ヴァスケス、マックス・マーティーニ
原題:Captain Phillips
制作:アメリカ/2013
URL:http://www.captainphillips.jp
場所:109シネマズ木場

高野秀行著「謎の独立国家ソマリランド」(本の雑誌社)を読んで、いわゆるソマリアの海賊と云うもののほとんどがプントランド(ソマリアの北東部の地域)に住む人間の仕業であることを知った。そしてその海賊行為はとてもビジネスライクなもので、本を読む限りではそこに殺伐としたものを何も感じることはできなかった。だから、この『キャプテン・フィリップス』もプントランドの海賊の仕業で、どこかのどかな、間抜けな海賊行為かと勝手におもっていたらそうではなくて、南ソマリアの人間による行為だった。

新聞などで報道されるソマリア内戦とは南ソマリアでのことを指していて、ソマリランド(ソマリアの北西部の地域)やプントランドと違って今でもとても危険な地域で、アルカイダ系過激組織アルシャバーブの活動も、一時期よりは減ってはいるもののまだまだ活発らしい。そこの出身の男たちがこの映画の中に出てくる海賊だった。彼らはハウィエ氏族のハバル・ギディル支族(と、アメリカのネイビーシールズが分析していたような気がする)らしく、アイディード将軍(ソマリア内戦のきっかけを作った人物の一人)と同じ氏族、支族の男たちだった。「謎の独立国家ソマリランド」にも繰り返し書かれてあるように、ソマリアでは民族や宗教、思想よりも、この氏族・支族、そしてさらに分家がとても大事な血縁集団として核となって機能しており、そこの長老が絶対的な意思決定者として君臨している。映画の中ではこの「長老」も大事な小道具となって機能しているのが面白かった。

ソマリアの海賊たちを演じているのがバーカッド・アブディ、バーカッド・アブディラマン、ファイサル・アメッド、マハト・M・アリの4人。長年の内戦で倦み疲れた男たちを素人とはおもえない演技で映画を引き締めている。トム・ハンクスから、海賊なんてことをしてないでまともな職業に付け、と云われて、ここはアメリカとは違うんだ、と云うシーンが、『ジャイアンツ』の中のエリザベス・テイラーが云う、お金がすべてじゃないわ、に対してのジェームス・ディーンの、持ってる人はそう云うんです、を思い出させて印象的だった。

映画後半のほとんどのシーンが救命ボートの中なのにとても緊迫感があって、そこにポール・グリーングラス監督の力量を見た気がする。今まで軽視していたポール・グリーングラス監督の映画を今後は見ようとおもう。

→ポール・グリーングラス→トム・ハンクス→アメリカ/2013→109シネマズ木場→★★★★

ペコロスの母に会いに行く

監督:森崎東
出演:岩松了、赤木春恵、原田貴和子、加瀬亮、竹中直人、大和田健介、松本若菜、原田知世、宇崎竜童、温水洋一、穂積隆信
制作:「ペコロスの母に会いに行く」製作委員会/2013
URL:http://pecoross.jp
場所:新宿武蔵野館

森崎東監督の映画は『男はつらいよ フーテンの寅』と『ニワトリはハダシだ』くらいしか見たことがなくて、今まではなんとなくスルーしてしまっていたのだけれど、またまたTwitterの影響から映画館で観てみると、そのしっかりとした人物描写にものすごく落ち着いた気分にさせられてしまう。最近、ネットのGyaoで小津安二郎監督の映画を立て続けに見ているのだけれど、やっぱり日本映画の原点は真正面から捉えた人間の生きざまだよなあ、と改めておもう。もちろんテレビドラマの映画化のような慌ただしい映画があっても良いのだけど、たまには日本映画の伝統を引き継いでいるような映画を撮るような人が若い人の中から現れて良いんじゃないかとおもう。

それから、この映画で一番嬉しかったのは、原田姉妹の共演が見られたことだ。80年代に角川映画を多く見ていた人々が、今では親の介護をするような年齢に突入していることから来るキャスティングだったんじゃないかと、森崎東監督のきめ細やかなサービスに恐れ入ってしまう。

→森崎東→岩松了→「ペコロスの母に会いに行く」製作委員会/2013→新宿武蔵野館→★★★☆

サラゴサの写本

監督:ヴォイチェフ・イエジー・ハス
出演:ズビグニエフ・チブルスキー、イガ・ツェンブジンスカ、エルジュビェタ・チジェフスカ、グスタフ・ホロベック
原題:Rekopis znaleziony w Saragossie
制作:ポーランド/1965
URL:
場所:シアターイメージフォーラム

日本では未公開だったカルト映画『サラゴサの写本』が昨年のポーランド映画祭ではじめて上映されて、Twitterでその情報が流れて来て、うわっ、と飛び上がったほどだったけど、あまりにも直前の情報だったので観に行くことが出来なかった。ああ、失敗したな、と悔やんでいたら、今年のポーランド映画祭でも上映してくれることになったので喜び勇んで観に行った。

不思議な挿し絵が画かれた一つの手稿から始まるストーリーは、回想の中に回想があって、さらにその回想、またさらにその回想と幾重にも回想が展開して行く。そのいくつにも階層化されたそれぞれのエピソードは、まるで一つ一つがモジュールと化していて、それぞれに物語の構成要素としての役割があって、その相互作用によって一つの映画が形作られているようにも見える。でも、それはあまりにも複雑すぎて、映画を1回観ただけではわからなかった。

このブログに書かれてあるように、原作は66日間のエピソードで構成されているらしい。やはり、とても構造化されたストーリーであることがわかる。もしかすると再帰的な構文構造にもなっているいるのかもしれない。来年の1月にはDVD、Blu-rayも発売されるようなのでもう一度見てみたい。そして原作も発売されるようなので読んでみたい。そうやって一つ一つひも解いて行きたいとおもわせるような映画だった。

→ヴォイチェフ・イエジー・ハス→ズビグニエフ・チブルスキー→ポーランド/1965→シアターイメージフォーラム→★★★★