毛皮のヴィーナス

監督:ロマン・ポランスキー
出演:エマニュエル・セニエ、マチュー・アマルリック
原題:La Vénus à la fourrure
制作:フランス/2013
URL:http://kegawa-venus.com
場所:ユナイテッド・シネマ浦和

ポランスキーの新作は二人芝居だった。『死と処女』が三人芝居、『おとなのけんか』では四人芝居だったのがついに二人に。次は一人だ!

二人芝居と云えば原作も戯曲なわけで、その映画化も限りなく演劇的なんだけれども、自分にとってはそんな閉鎖空間がとても気持ち良くて、そこで繰り広げられる“虚”と“実”の目まぐるしい展開にフラフラとなるほどに酔いしれてしまう。演出家と女優、男と女、サドとマゾなどの位置関係が、主と従、そのままの関係性であったり、時には逆転したり、そのもの自体が逆転してしまったりと、いったい自分はいま何を見ているのかがわからなくなるほどに、何をより所にこの映画を見ればいいのかがわからなくなるほどに混乱してしまう。でも、その混乱はとても心地良いのだ。心地の良い混乱なんて映画でしか味わえない。

映画をしばらく見て行くうちに、マチュー・アマルリックが若かりしころのポランスキーに見えてくる。『吸血鬼』のころの。とすれば、この映画はポランスキーの波乱万丈の人生についても語っているんじゃないかともおもえてくる。脳内ポランスキーだ。だとすれば、現在の妻でもあるエマニュエル・セニエが昔の妻のシャロン・テートに見えてくる。もちろんシャロン・テートのほうがめちゃくちゃ美人だけれど。『吸血鬼』の撮影の時、ポランスキーはシャロン・テートをこの映画のようにオーデションをしたんだろうか。

映画を見終わってから、いろいろとシャロン・テートのことを調べてみると、『ライアンの娘』などで有名なクリストファー・ジョーンズの2007年のインタビューに行き当たった。

Mail Online「The final affair of Roman Polanski’s murdered wife Sharon Tate」 by LINA DAS

このインタビューによると、クリストファー・ジョーンズはポランスキーの子供を身ごもっているシャロン・テートと不倫していたらしい。そしてシャロン・テートは、ちょうどポランスキーが『ローズマリーの赤ちゃん』の撮影に入っている所為か、自分の死を予感するとともに「The Devil is beautiful. Most people think he’s ugly, but he’s not.」なんてことを云っている。

ポランスキーとテート

シャロン・テートがどのような女優だったかあまりイメージがなかったけど、その奇麗なイメージとは裏腹に、心の内には倒錯した世界が広がっていたんじゃないかともおもえてしまう。この映画がポランスキーとシャロン・テートとの関係性をもあわせて語っているのではないかとうがった見方を勝手にするとさらに面白い。

→ロマン・ポランスキー→エマニュエル・セニエ→フランス/2013→ユナイテッド・シネマ浦和→★★★★

ホビット 決戦のゆくえ

監督:ピーター・ジャクソン
出演:マーティン・フリーマン、イアン・ホルム、イアン・マッケラン、リチャード・アーミティッジ、オーランド・ブルーム、エヴァンジェリン・リリー、ルーク・エヴァンズ、リー・ペイス、グレアム・マクタヴィッシュ、ケン・ストット、エイダン・ターナー、ディーン・オゴーマン、ケイト・ブランシェット、ヒューゴ・ウィーヴィング、クリストファー・リー、シルヴェスター・マッコイ、ベネディクト・カンバーバッチ
原題:The Hobbit:The Battle of the Five Armies
制作:ニュージーランド、イギリス、アメリカ/2014
URL:http://wwws.warnerbros.co.jp/thehobbitbattleofthefivearmies/
場所:T・ジョイ大泉

ピーター・ジャクソンの「ホビット」も最終章を迎えて、「ロード・オブ・ザ・リング」から続いたトールキンの世界がこれで終わってしまうのかとおもうと一抹の寂しさが…。もう、延々と続いて欲しいシリーズだ。

この「決戦のゆくえ」も、145分の尺では短かすぎて、スマウグもあっけなくやられてしまう感じがあるし、ラストのエルフ+人間+ドワーフ軍V.S.オーク軍の戦いも、もうちょっと時間をかけて深く掘り下げてもらえれば、エルフの中途半端な扱いが解消されるとはおもうんだけど。スランドゥイルの非情な性格設定があまりにも可哀想すぎる。だいたい、ラスガレンの首飾りはどこへ行ってしまったんだ。

まあ、でも、ガラドリエル様が、アングマールの魔王を含むナズグル9人とサウロンを蹴散らすシーンが見られただけでも満足です。ピーター・ジャクソンさん、次は「シルマリルの物語」の映画化をよろしくお願いいたします。

→ピーター・ジャクソン→マーティン・フリーマン→ニュージーランド、イギリス、アメリカ/2014→T・ジョイ大泉→★★★☆

ストックホルムでワルツを

監督:ペール・フライ
出演:エッダ・マグナソン、スベリル・グドナソン、シェル・ベリィクビスト
原題:Monica Z
制作:スウェーデン/2014
URL:http://stockholm-waltz.com
場所:新宿武蔵野館

2015年の映画始めは、スウェーデンのジャズ歌手モニカ・ゼタールンドの伝記映画。

伝記映画と云うと、得てしてエピソードを盛り込みすぎて、まとまりがなくなって、とっちらかっちゃう場合が多いのだけれど、この映画は「スウェーデン語で歌うジャズ」にポイントを置いて全体を構成していたところがとても良かった。

モニカ・ゼタールンドが「スウェーデン語で歌うジャズ」を追求することになるきっかけのエピソードとして、はじめてニューヨークのクラブで歌った時に、公演後にバーでエラ・フィッツジェラルドと居合わせて、度胸良くも彼女の前でビリー・ホリデイの「Do you know what it means to miss New Orleans」を歌うシーンをまずは持ってきた。

スウェーデン人が歌うニューオリンズへの郷愁の歌がエラ・フィッツジェラルドに響くわけもなく、あなたからは何も伝わって来ないわ、ビリー・ホリデイは魂で歌ったのよ、と云われてしまう。このシーンが映画の“つかみ”としては良く効いていた。いきなりエラ・フィッツジェラルドが出て来ることにも驚くし、厳しい言葉を投げつけられることにも衝撃を覚える。

エラ・フィッツジェラルドの言葉を噛みしめながら、自分なりの魂が込められるように母国語で歌うことを追い求めて行き、ビル・エヴァンスの「ワルツ・フォー・デビィ」にスウェーデン語の歌詞を付けて、それがビル・エヴァンス自身に認められて大ヒットするエピソードを最後に持ってくることも、この映画の“締め”としてはふさわしかった。

全体の構成として、エラ・フィッツジェラルドではじまってビル・エヴァンスで終わる、とても気持ちの良い映画だった。

ところどころに挟まれるスタンダードの曲も、それを聞くだけで気分が高揚してしまう。特に、レイ・チャールズの「Hit The Road Jack」はいつも身体が勝手に動き出す!

→ペール・フライ→エッダ・マグナソン→スウェーデン/2014→新宿武蔵野館→★★★☆

今年、映画館またはホールで観た映画は67本だった。良かった映画は次の通り。

ゼロ・グラビティ(アルフォンソ・キュアロン)
ラッシュ/プライドと友情(ロン・ハワード)
アナと雪の女王(クリス・バック、ジェニファー・リー)
ブルージャスミン(ウディ・アレン)
プリズナーズ(ドゥニ・ヴィルヌーヴ)
アデル、ブルーは熱い色( アブデラティフ・ケシシュ)
ヘウォンの恋愛日記(ホン・サンス)
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(ジェームズ・ガン)
ジャージー・ボーイズ(クリント・イーストウッド)
天才スピヴェット(ジャン=ピエール・ジュネ)

この中では『プリズナーズ』が一番良かった。
『アナと雪の女王』を入れるとミーハーな感じになるけど、いいんだよ、これで!

マップ・トゥ・ザ・スターズ

監督:デヴィッド・クローネンバーグ
出演:ジュリアン・ムーア、ミア・ワシコウスカ、ロバート・パティンソン、ジョン・キューザック、オリヴィア・ウィリアムズ 、サラ・ガドン、エヴァン・バード、キャリー・フィッシャー
原題:Maps to the Stars
制作:アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ/2014
URL:http://mapstothestars.jp/
場所:新宿武蔵野館

『インランド・エンパイア』がデヴィッド・リンチ版『サンセット大通り』ならば、この『マップ・トゥ・ザ・スターズ』はデヴィッド・クローネンバーグ版『サンセット大通り』だった。さらに、ジュリアン・ムーアが主演であるし、セリフに「ポール・トーマス・アンダーソン」の名前も出て来るので、クローネンバーグ版『ブギーナイツ』でもあった。

クローネンバーグのハリウッド内幕ものは、クローネンバーグならではのトチ狂った人間が大勢出て来て楽しかった。特にジュリアン・ムーアはスロット全開だ。便器に座りながら、ミア・ワシコウスカに「便秘なのよ」と云いながらおならを二連発するのにはぶっ飛んだ。このシーンが今年見た映画の中のNo.1のシーンだ。ミア・ワシコウスカの華奢な身体に似合わない近親相姦に捕らわれたパラノイアぶりも好い。ヤケドの跡のある可愛い顔に血しぶきが飛び散るシーンが美しい。

でも、そんなことより一番の問題は、本人で登場するキャリー・フィッシャーだ! 歳も歳だし、顔が老化するのは、まあ、しょうがない。でも、西洋人特有の、腰回りに肉が付いたドッシリ感は酷すぎる。もうプリンセス・レイアは出来ないじゃないか! 出来て、せいぜいがジャバ・ザ・ハットくらいだ!

→デヴィッド・クローネンバーグ→ジュリアン・ムーア→アメリカ、カナダ、フランス、ドイツ/2014→新宿武蔵野館→★★★☆

昭和残侠伝 唐獅子牡丹

監督:佐伯清
出演:高倉健、池部良、三田佳子、津川雅彦、芦田伸介、菅原謙二、保積ペペ、城野ゆき、赤木春恵、花沢徳衛、岡崎二朗、田中春男、水島道太郎、山本麟一、関山耕司、今井健二、沢彰謙、織本順吉、北山達也
制作:東映/1966
URL:
場所:丸の内TOEI

丸の内TOEIでの高倉健追悼上映の2本目を観る。

映画館内はざっと見た感じ、平均年齢は60歳以上。すぐ後ろに座ったおじさんたちは、映画館に来たのは何年ぶりだろうな? なんて会話を交わしていた。雰囲気はまるで昭和の映画館だった。

高倉健の映画で好きなのはやはり仁侠映画。と云っても、そんなに見ているわけじゃなくて、「昭和残侠伝」シリーズも今回初めて観た。仁侠映画のストーリーは義理と人情をベースとした、どれも似たようなものだけれど、そこには様式美があって、高倉健が池部良の差す唐傘に合い傘をしながら、二人して着流しだけで小雪の舞う道を行くシーンの美しさと云ったら! そしてラストの「死んで貰います」の決めゼリフのカタルシス! 映画を見ている自分の感情がラストに向かって見事にシンクする感覚が気持ちいい。自然と、映画館を出る時には「背中(せな)で風切る、唐獅子ぼ〜た〜ん〜♫」と口ずさんでしまう。

昭和残侠伝 唐獅子牡丹

映画が終わると拍手が起こり、映画館のロビーではおじさんたちが「素晴らしい映画だったねえ」と口々に云っていた。私もそうおもう。素晴らしい映画だった。

→佐伯清→高倉健→東映/1966→丸の内TOEI→★★★★

ゴーン・ガール

監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、キャリー・クーン、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キム・ディケンズ、パトリック・フュジット、ケイシー・ウィルソン、ミッシー・パイル、セーラ・ウォード、エミリー・ラタイコウスキー、キャスリーン・ローズ・パーキンス、リサ・バネス、デヴィッド・クレンノン、スクート・マクネイリー、シド・ストリットマター、レオナルド・ケリー=ヤング
原題:Gone Girl
制作:アメリカ/2014
URL:http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl/
場所:109シネマズ木場

むかし勤めていた会社の同僚たちとデヴィッド・フィンチャーの『セブン』を観に行った時に、他のみんなが不快感をあらわにしているのに自分だけが大絶賛していたことがあって、なんでみんなこの映画の不快さにばっかりに目が行くのだろうかと不思議におもったことがあった。キッチリとした構成のストーリーに酔いしれることがまず先決であって、その結果の不快さなんて二の次なのに。

その再来と云わんばかりに『ゴーン・ガール』も不快な映画だった。それも夫婦間に引き起こる不快さだから『セブン』よりももっとたちが悪い。だから、より以上に、この映画を不快に感じる人も多いとおもう。でも、もし、この不快さにより敏感になるのだとしたら、すでに自分たちがベン・アフレックとロザムンド・パイクの夫婦のような精神的局面に足を突っ込んでいて、まるで鏡を見るように自分たちを見るからじゃないかとおもったり。

それに、ちょうど「STAP細胞は検証できませんでした」の発表の日に観に行ったので、まるでベン・アフレックの「妻は生きてます!」が小保方さんの「STAP細胞はありまーす!」に見えて、それも不快さに輪をかけてしまった。

でも、不快な映画だけじゃなくて、少し笑えるのが『セブン』とは異なっている点だった。夫のベン・アフレックも妻のロザムンド・パイクもどこか間抜けで、とても可笑しい。ベン・アフレックなんて、ずっとボヤッとしたアホ面を通しているし、ロザムンド・パイクの計画的な犯行なんて、まるでプレストン・スタージェスの『殺人幻想曲』のようだ。最初の計画が破綻して、それを取り繕うためにあたふたする部分はドタバタ喜劇だ。これって、デヴィッド・フィンチャーのせいいっぱいのコメディなんじゃないのかなあ、もしかして。笑っていたのは自分だけだったような気もするけど。

→デヴィッド・フィンチャー→ベン・アフレック→アメリカ/2014→109シネマズ木場→★★★☆

インターステラー

監督:クリストファー・ノーラン
出演:マシュー・マコノヒー、アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、マッケンジー・フォイ、ケイシー・アフレック、ティモシー・シャラメ、ビル・アーウィン、エレン・バースティン、マット・デイモン、マイケル・ケイン、 デヴィッド・ジャーシー、ウェス・ベントリー、ジョン・リスゴー
原題:Interstellar
制作:アメリカ/2014
URL:http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/
場所:新宿ミラノ1

映画のストーリーを楽しむ時に、それって辻褄があってないんじゃない? と引っかかってしまうと、その後のストーリーをまったく楽しめなくなってしまう場合があって、その「辻褄」が重箱の隅をつつくような些細なことの場合もある。反対に、大きな論理的破綻を見せているのにまったく気にしないで映画を楽しんでしまう場合もある。クリストファー・ノーランの映画は、その両方がせめぎ合う微妙なライン上にいつも立っていて、どっちに転んでもおかしくないような映画ばかりだ。

『インセプション』はまったく気にせずに楽しんでしまった。でも、『ダークナイト ライジング』はまったくダメだった。

この『インターステラー』は、ところどころ気にはなったんだけど、勢いで楽しんでしまった。

以下、ネタバレ。

気になったのは、やはり、人類が何か得体の知れないものに突き動かされて進化した結果、時空を超越した「神」のような存在になって、その「神」のような存在が過去の人類に進化のきっかけを与えていると云うパラドックスだ。自分たちが進化できたのは、未来の自分たちのおかげと云う、なんともまあ、都合の良いこと。

SF映画にはパラドックスが付き物で、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のパラドックスなんてご都合主義満載だ。それでも、楽しめるパラドックス映画は多い。だから、『インターステラー』のパラドックスもそれだけでは別に気にすることもない。全然OKだ。でも、ブラックホールの中に入って行ったり、5次元が可視化されている状態のイメージとか、そんなの無いんじゃない? が積み重なってしまうとだんだんと白けてくる。さらに、主人公マシュー・マコノヒーの都合の良いことが立て続けに起きたりする(どうやって五次元の世界からスペースコロニーに戻ったんだ!)と、それはあんまりだ! になってしまう。

テサラクト

ところが、クリストファー・ノーランはそんなことを考える余裕を与えないほどにストーリー展開を畳みかけるのが巧い。そして、男のロマンだの、家族愛だの、自己犠牲だの、約束を守る義務だの、を使って涙腺を突いて来るのだ。汚い野郎だ。

特に、フィリップ・カウフマン(そして原作のトム・ウルフ!)の『ライトスタッフ』が大好きな人間にとっては、危険を顧みず宇宙に飛び出して行く男のロマンがたまらない。最初にワームホールへ飛び込んで、移住可能な惑星の探査に向かった3人の博士の勇気を考えただけでも鳥肌が立ってしまう。クリストファー・ノーランは、マシュー・マコノヒーの役名をクーパーにしたことからもわかるように、絶対に『ライトスタッフ』(7人目の宇宙飛行士がゴードン・クーパー)を意識しているはずだ。

いろいろとご都合主義の映画だけれども、まあ、楽しめる映画であることは間違いなかった。

→クリストファー・ノーラン→マシュー・マコノヒー→アメリカ/2014→新宿ミラノ1→★★★☆

天才スピヴェット(3D)

監督:ジャン=ピエール・ジュネ
出演:カイル・キャトレット、ヘレナ・ボナム・カーター、カラム・キース・レニー、ニーアム・ウィルソン、ジェイコブ・デイビーズ、ジュディ・デイビス、ドミニク・ピノン
原題:L’extravagant voyage du jeune et prodigieux T.S. Spivet
制作:フランス、カナダ/2013
URL:http://spivet.gaga.ne.jp
場所:ユナイテッドシネマとしまえん

何度も云うようだけれど、3D映画が嫌いだ。メガネをかけてまでして、そしてそれによって画面が暗くなるまでして、そこから得られる3D効果が乏しいとおもうからだ。現状の3Dなんて、いくつかの2Dのレイヤーが重なっているの過ぎない。焦点の合ったメインの映像(例えば人の顔のクローズアップとか)の立体的効果はそれなりにあるとおもうけど、それが背景と相まった時に全体として3Dになっているとはまったく見えない。

でも、現状の3D技術を駆使して、映画を観ている人たちを楽しませようと腐心している映画作家の映画は大好きだ。最初にそれを感じたのはマーティン・スコセッシの『ヒューゴの不思議な発明』で、今回の『天才スピヴェット』もそれをとても感じた。あの手、この手を駆使して、いかにして現状の3Dが映画のストーリーに効果をあげるのか追求している。ローアングルからのショットもそうだし、手前に物を配置して奥行きを持たせるショットもそうだし、俯瞰などを多用するのもそうだ。この映画は、今までの3D映画の中でベストだった。

映画なんて、昔の見世物小屋と同じだから、暗〜い、怪しげなところで、何やら得体の知れないものを見て驚かせてもらうものなんだ。ジャン=ピエール・ジュネはそれをちゃんと踏襲している。えらい。

→ジャン=ピエール・ジュネ→カイル・キャトレット→フランス、カナダ/2013→ユナイテッドシネマとしまえん→★★★★

網走番外地

監督:石井輝男
出演:高倉健、丹波哲郎、南原宏治、安部徹、嵐寛寿郎、待田京介、田中邦衛、潮健児、関山耕司、沢彰謙、風見章子
制作:東映/1965
URL:
場所:丸の内TOEI

高倉健が亡くなった。

映画の黄金時代から50年以上が経って、銀幕のスタアたちが鬼籍に入るサイクルになっているとは云え、やはり高倉健クラスの大スタアが亡くなるニュースを目にすると、えっ! とショックを受けてしまう。

高倉健の映画を初めて映画館で観たのは『幸福の黄色いハンカチ』(なんと『ロッキー』と2本立て!1978年5月4日丸の内松竹にて )だった。映画を映画館で数多く見はじめた当時、なぜか山田洋次の『男はつらいよ』シリーズをバカにしていて、あんな同じようなことを何度も繰り返しているようなマンネリ映画はジジババのもんだ、と、いま考えれば映画のことを何もわかってない幼稚な思考に捕らわれていた。そんな山田洋次に対する過小評価を一変させたのが『幸福の黄色いハンカチ』だったのだろうとおもう。めちゃくちゃ面白くて、ご多分に漏れずラストの黄色いハンカチが掲げられるシーンで感動してしまった。それは、当時はまだ良くわかっていなかったのだろうけど、監督のテクニックによるところのなせる技だったのだ。俳優の使い方も巧かった。高倉健はもちろんのこと、桃井かおりや武田鉄矢など、今まで気にも留めてなかった俳優に対する評価もがらりと変わるほどの素晴らしい映画だった。

高倉健に対するイメージは、その後ずっと亡くなるまで、『幸福の黄色いハンカチ』の時に植え付けられたままだった。「スジを通す男」だ。過去の映画を名画座やビデオ、DVDでたくさん観ても、それはまったく変わらなかった。仁侠映画ではもちろんのこと、大作の映画でも、晩年の映画でもそうだった。

ただ、なぜか『網走番外地』シリーズはまったく見てなくて、先日のテレビでの追悼放送で『網走番外地 北海篇』と『網走番外地 南国の対決』をはじめて見たばかりだった。そして今回の丸の内TOEIでの追悼上映で『網走番外地』と、3本を立て続けに見た。そこにはやはり「スジを通す男」がいた。『網走番外地』での網走刑務所に入所する時の、教育課長の関山耕司に自己紹介をするシーンでも、そのものズバリ、「俺は、スジが通らねえことが大嫌いなんです」と云っていた。

自分でも高倉健のようにスジを通したいとおもいつつ、でも、それにこだわると世渡りが難しくなって、妥協を余儀なくされてしまう。そんな、スジの通らないことをする自分に嫌気がさしたりもする。いま一度、高倉健の映画を見て、やはりスジを通そうと決意をするけど、ああ、どうかなあ。それを許さない難しい世の中だ。

→石井輝男→高倉健→東映/1965→丸の内TOEI→★★★☆