監督:ロマン・ポランスキー
出演:エマニュエル・セニエ、エヴァ・グリーン、ヴァンサン・ペレーズ、ドミニク・ピノン、カミール・シャムー
原題:D’après une histoire vraie
制作:フランス、ベルギー、ポーランド/2017
URL:https://kokuhaku-shosetsu.jp
場所:ヒューマントラストシネマ有楽町

(ホン・サンス『夜の浜辺でひとり』からの流れで)その点、ロマン・ポランスキーとエマニュエル・セニエのコンビの映画は落ち着いて観ることができる。それは、ロマン・ポランスキーがたどって来た数奇な人生をエマニュエル・セニエがしっかりと許容しているんじゃないかとの勝手な推測に寄るところが大きのだけれど。

ロマン・ポランスキーの新作『告白小説、その結末』は、エマニュエル・セニエが演じている小説家デルフィーヌにエヴァ・グリーンが演じている「エル(彼女)」と云う彼女の熱烈なファンが次第に取り憑いていくストーリー。

映画を観ると云う行為はストーリーの先読みをして行く行為でもあって、今までに数多くの映画を見てきたのだから『告白小説、その結末』での「仕掛け」に早く気が付いても良かった。ところが、なぜか今回は普通に観てしまったので、その「仕掛け」に気が付くのに遅れてしまった。ああ、あの、最初にデルフィーヌと「エル」がカフェで出会うシーンで気が付くべきだった。どうして「エル」はデルフィーヌの電話番号を知っていたのか、どうして行きつけのカフェまで知っていたのか。そこで「エル」と云うものの実体にいち早く不審をいだくべきだった。その後、なぜパソコンにログインするためのパスワードをすんなりと会ったばかりの人間に教えられるのか、どうしてメールを勝手に整理する行為に寛容なのか、と、おかしな行動があまりにも目に余って、「エル」が第三者と絡むシーンが皆無なことからやっと気が付いたのだった。

でも、「エル」が忙しいデルフィーヌの代わりに、彼女に扮して高校の講演会へ行った(とされる)時の学校の司書にガソリンスタンドでばったりと会くわして、よくもすっぽかしたな! と問い詰められるシーンは、「エル」の意味に気が付くのが遅かったからこそめちゃくちゃ怖かったんだとおもう。だから、純粋に騙されて映画を観ていくのも悪くはないんだけどね。

→ロマン・ポランスキー→エマニュエル・セニエ→フランス、ベルギー、ポーランド/2017→ヒューマントラストシネマ有楽町→★★★★