監督:ジョシュ・トランク
出演:トム・ハーディ、リンダ・カーデリーニ、ジャック・ロウデン、マット・ディロン、ノエル・フィッシャー、カイル・マクラクラン
原題:Capone
制作:アメリカ/2020
URL:https://capone-movie.com
場所:新宿シネマカリテ

アル・カポネと云えば、学校の授業の世界史で習わなくとも、日本人でさえもなんとなく知ることになるアメリカ近代史の中の有名人のひとりで、さらにアメリカ映画をたくさん観ている人ならば、ブライアン・デ・パルマ監督の『アンタッチャブル』でのロバート・デ・ニーロのアル・カポネをおもい浮かべる人もいるかもしれない。

でも、そのアル・カポネの晩年となると、さすがにそこまでの情報は持ってなくて、たしか脱税で捕まった、くらいの知識しかなかった。

ジョシュ・トランク監督の『カポネ』は、そのアル・カポネの晩年を描いていて、フロリダ州パーム・アイランドの豪華な屋敷で余生を送るカポネをトム・ハーディが演じていた。

梅毒を患っていたアル・カポネは、もう完全に心身ともにおかしくなっていて、うんちを漏らすは、幻覚を見るは、人として体をなしていない状態で、そんなぶざまな人間を延々と映画として見せられて、トム・ハーディはすごいな、よくこんな役を引き受けたな、の感想くらいしか持てなかった。アル・カポネの相棒ジョニー・トーリオをマット・ディロンが演じていて、そこがこの映画のポイントのようにもおもえるけれど、二人のシーンがこの映画に与えている影響がよくわからなかった。この相棒ジョニーや、隠し子トニーとの関係も含めて、もっとアル・カポネの内面をえぐり出すような映画であれば良かったのに。

→ジョシュ・トランク→トム・ハーディ→アメリカ/2020→★★★