監督:ジョーダン・ピール
出演:ダニエル・カルーヤ、キキ・パーマー、スティーヴン・ユァン、ブランドン・ペレア、マイケル・ウィンコット、レン・シュミット、キース・デイヴィッド
原題:Nope
制作:アメリカ/2022
URL:https://nope-movie.jp
場所:109シネマズ菖蒲

ジョーダン・ピール監督の2017年の映画『ゲット・アウト』をAmazonのPrime Videoで見たとき、今までにない新しいホラー映画の到来を感じた。ちょうど同時期にやはりAmazonのPrime Videoで見たアリ・アスター監督の『ヘレディタリー/継承』とともに、今はあまり第何世代とか云わないのだけれど、二人の映画監督が作る新しい世代をとても強烈に感じ取ることができた。

ジョーダン・ピール監督は2019年に『アス』を撮り、アリ・アスター監督も2019年に『ミッドサマー』を撮って、ますます強烈な印象を残して、次は何を撮るんだろうと期待感がマックスに膨らんで行った。

そこで今年、ジョーダン・ピール監督の最新作『NOPE/ノープ』がやって来た。公開後すぐにはあまり駆けつけない自分にしては珍しく、公開5日目にして観に行ってしまった。

期待感と云うものは、その期待のハードルを異常に押し上げてしまう作用を同時に引き起こすもので、それなりの出来の映画を観たとしてもがっかりとしてしまう。『NOPE/ノープ』はまさにそのたぐいの映画だった。UMA(未確認動物)とか、UAP(未確認空中現象)の映画って、今までにいろいろとやり尽くしていて、斬新さを求めるとなるとどんなアイデアが必要なんだろう? ジョーダン・ピールでも流石にそれは出来ていなかった。

どちらかと云うと、UAP(未確認空中現象)が起こる前段階のエピソードとして紹介される人を襲うチンパンジーの逸話が異常に怖かった。そっちをメインに展開したほうがジョーダン・ピールらしかったんじゃないのかなあ。

→ジョーダン・ピール→ダニエル・カルーヤ→アメリカ/2022→★★★