●藤元明緒『僕の帰る場所』(2017/日本)
日本で難民申請をしているミャンマー人夫婦の二人の子供は日本語しか話せない。なのに、日本での生活に疲れた母親とともに強制的にミャンマーに帰国することになってしまう。日本人でもない、ミャンマー人でもない、アイデンティティを失った特に長男の彷徨を描く。
この映画を観始めて、はたしてこれはドキュメンタリーなのか、ドラマなのか、まったくわからないところが面白かった。津田寛治が出てきて一気にドラマ色になったけど。とにかく、二人の子供が凄かった。とても演技とはおもえない。是枝裕和がやりたいことはこれなんじゃないのかなあ。

●道本咲希『昔の恋人』(28分、2017/日本)
●横田浩樹『同じ歩幅でなんて歩かない』(65分、2017/日本)
NARA-wave(学生映画部門)の短編2作品。昨日の海外の作品に比べるとしっかりと学生が作った映画だった。海外の作品はさすがにスタッフはプロなんじゃないのかなあ。
2作品ともおもしろかたけど、『昔の恋人』は、主人公の「麻美」が父の昔の恋人に会いに行って、その昔の恋人にビンタされるシーンまでの過程をもうちょっと丁寧に撮ってたらなあ、と。

●ダスティン・フェネリー『STRAY』(2018/ニュージーランド)
やっとインターナショナルコンペティションの作品を奈良国立博物館講堂で。
仮釈放中の男と精神病院を退院した女のはなし。孤独な二人の行き場のないストーリーが落ち込ませるけど、うっすらと希望が見えて行くままに終わるラストシーンは良かった。