ブラック・クランズマン

監督:スパイク・リー
出演:ジョン・デヴィッド・ワシントン、アダム・ドライバー、ローラ・ハリアー、トファー・グレイス、コーリー・ホーキンズ、ヤスペル・ペーコネン、ポール・ウォルター・ハウザー、ライアン・エッゴールド、アシュリー・アトキンソン、ロバート・ジョン・バーク、アレック・ボールドウィン
原題:BlacKkKlansman
制作:アメリカ/2018
URL:https://bkm-movie.jp
場所:Movixさいたま

やっとスパイク・リーがアカデミー賞を獲った。脚色賞ではあったのだけれど。それでもその授賞式の喜びようから、やっぱりアカデミー賞が欲しかったんだなあ。

その脚色賞を受賞したスパイク・リーの『ブラック・クランズマン』は、タランティーノの『ジャッキー・ブラウン』と同様に70年代のブラックスプロイテーションの映画に対してオマージュを捧げているところや、最近流行の多様性尊重を訴える映画でありながらその主張をうまくエンターテインメントにくるんで笑える映画にしているところなどが、さすがスパイク・リー! と唸るほどの、とても好感の持てる映画に仕上がっていた。ただ、この映画の最後に、2017年8月にバージニア州シャーロッツビルで起きた、白人至上主義に反対する人々の群れに車が突っ込む実際の映像を入れてきた。うーん、この部分はいらなかったんじゃないのかなあ。映画の中に巧く織り込んだ主張が、映画を観た人々の気持へとじわ〜と徐々に浸透して行くところが気持ち良いのに、そこにダメ押しのように、強烈な映像をぶち込む必要はなかったと個人的にはおもう。

それからやっぱり悪役は大切だ。やたらと鋭い洞察力を示す白人至上主義のフェリックス・ケンドリックソン役を演じたヤスペル・ペーコネンが素晴らしかった。その奥さん役のアシュリー・アトキンソンも!

→スパイク・リー→ジョン・デヴィッド・ワシントン→アメリカ/2018→Movixさいたま→★★★☆