監督:ケイト・ショートランド
出演:スカーレット・ヨハンソン、フローレンス・ピュー、デヴィッド・ハーバー、O・T・ファグベンル、オルガ・キュリレンコ、ウィリアム・ハート、レイ・ウィンストン、レイチェル・ワイズ
原題:Black Widow
制作:アメリカ/2021
URL:https://marvel.disney.co.jp/movie/blackwidow.html
場所:109シネマズ木場

アベンジャーズの中でもとりわけスカーレット・ヨハンソンが演じているナターシャ・ロマノヴァの立ち位置がよくわからなくて、どんな特質を持ってアベンジャーズに加わっているのか、「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの映画を見ているだけではまったくピンとこなかった。それを解決してくれる映画が『ブラック・ウィドウ』だった。

ケイト・ショートランド監督の『ブラック・ウィドウ』は、今まで「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズの中でさらりと語られてきたロシアのスパイ養成機関「レッドルーム」のことをメインで取り上げている。世界各国から孤児を集めてきて、まるでリュック・ベッソン『ニキータ』のようなスーパー暗殺者に育て上げる組織が「レッドルーム」で、その孤児の中のひとりがナターシャ・ロマノヴァ(コードネーム「ブラック・ウィドウ」)だった。

つまりナターシャは、アベンジャーズの中では普通の人間であって、超人的なパワーを持ち合わせていない生身の人間でしかなかった。ただ彼女は「レッドルーム」でスパイとして厳しく鍛え上げられ、格闘技、射撃、アクロバットなどの様々なトレーニングも受けていて、他のメンバーとはまた違った角度の生身のスーパーヒーローの位置づけだったことがこの映画でよくわかった。

「マーベル・シネマティック・ユニバース」は、ドラマではすでに「ワンダヴィジョン」「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」「ロキ」が「フェーズ4」に突入しているけれど、映画ではこの『ブラック・ウィドウ』が初めて。うーん、ちゃんと「フェーズ4」を追っかけるために「Disney+」もサブスク契約しないといけないのか! もうサブスク契約したくない。

→ケイト・ショートランド→スカーレット・ヨハンソン→アメリカ/2021→★★★☆