監督:ウェス・アンダーソン
出演:ベニチオ・デル・トロ、エイドリアン・ブロディ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ・スウィントン、ティモシー・シャラメ、レア・セドゥ、オーウェン・ウィルソン、マチュー・アマルリック、ジェフリー・ライト、リーヴ・シュレイバー、エドワード・ノートン、ウィレム・デフォー、トニー・レヴォロリ、クリストフ・ヴァルツ、シアーシャ・ローナン、ボブ・バラバン、ビル・マーレイ
原題:The French Dispatch of the Liberty, Kansas Evening Sun
制作:アメリカ/2021
URL:https://searchlightpictures.jp/movie/french_dispatch.html
場所:MOVIXさいたま

ウェス・アンダーソン監督の映画がどうしても苦手で、それはなぜなんだろうと、これまでにずっと考えてきた。たどり着いた結論としては、情報量の多い彼のスタイリッシュすぎる映像にいつも惑わされて、ストーリーがまったく頭に入ってこないところあるじゃないかとおもいはじめている。結果、彼のまるで寓話のようなストーリーにまったく面白みを感じることができなくて、最終的には映画に飽きてしまうことが多かった。

ところが今回の『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』は、ほんのちょっとだけ事情が違っていた。スタイリッシュすぎて、情報量が多すぎるところはまったくこれまでと違いがないのだけれど、映画の構成がまるで雑誌(アメリカの「ザ・ニューヨーカー」を手本としているらしい)のようなチャプター立てになっていて、ルポルタージュや風刺、エッセイと云ったものになぞらえたエピソードが、まるでページをめくるように出てくる部分にワクワクさせられてしまった。我々の世代にとって「雑誌」というものは、毎月ウキウキさせられるシロモノであったので、それをおもい出させてくれるところが今回の映画が面白く感じられる一番のポイントだった。

と云っても、それぞれのチャプターで語られているエピソードはやっぱり訳のわからないものが多くて、まあ、その訳のわからなさを楽しめるかどうかが、ウェス・アンダーソンを楽しめるかどうかの分岐点なんだろうなあ。

それにしても役者が豪華だった。シアーシャ・ローナンなんて、ほとんどエキストラだよ!

→ウェス・アンダーソン→ベニチオ・デル・トロ→アメリカ/2021→★★★☆