監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ
出演:イディル・ベン・アディ、オリヴィエ・ボノー、ミリエム・アケディウ、ヴィクトリア・ブルック、クレール・ボドソン、オスマン・ムーメン
原題:Le jeune Ahmed
制作:ベルギー、フランス/2019
URL:http://bitters.co.jp/sonoteni/
場所:新宿武蔵野館

イスラム圏の若い人たちが、より厳格さを求めるイスラムの教えへと傾倒して行って、その教えから外れる人間を攻撃してしまう流れは、チャランポランな自分にとってはまったく異質の世界のはなしではあるのだけれど、理解できなくもないなあ、とはおもったりもする。

ダルデンヌ兄弟の新作『その手に触れるまで』に出てくる13歳のアメッドも、テレビゲームばかりしていた日常から一転、日々の礼拝を事欠かないイスラム教信者に変貌してしまう。そこの、意識の切り替わった境界にいったいなにがあるのかと考えると、日本で云うところの「中二病」のような自意識過剰やコンプレックスがあって、もし日本に宗教がもっと生活に根付いていたとしたら、アメッドのような狂信的な少年を排出する可能性が、イスラム圏以上にあるんじゃないかと恐怖してしまう。日本では、そのはけ口として宗教ではなくて二次元で良かった。

いつもながらダルデンヌ兄弟が見せる「視点」には時事的なことが密接に連動していて、それをコンパクトに1時間半くらいの尺で見せるところがとても良い。ベルギーでも「COVID-19」が猛威を奮っているらしいので、次回作はそのあたりが来るのかな。

→ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ→イディル・ベン・アディ→ベルギー、フランス/2019→★★★★